FC2ブログ

オーストリア旅行⑩

日々の事
10 /27 2018
最後の夜は、クラシックコンサート。
正装不要言う事だったが、会場はゴージャスで、オシャレな方多し。
我がツアー客ちょっと浮く。
なぜ正装不要としたのか?
休憩時間には、シャンパンサービス。
恥かしさピーク。

だが、終わるころには我が服装のことも忘れて、ブラボー!と叫んだ。
2時間半のコンサートが終わり、落ち着いた雰囲気のウィーンの夜景を見ながらホテルに帰った。

翌日は最終日。
完全フリータイム。

ホテルそばから路面電車に乗り、オペラ座前で降りる。
今日の目的はお土産購入と美術史美術館見学。
そして、ランチも含めて5時間。

まずは、ホテルザッハーでトルテを買う。
そして、スワロフスキー。
その後、美術史美術館。
美術館のチケット売り場は2か所あり、どちらに並ぶのがいいのかわからない。
キョロキョロしてたら夫が「あっちはグループと書いてあったから、こっちでいいみたい」
でかした!私がすでに並んでいた場所が正解でした。30分は得したよ。

どでかい宮殿美術館は入った瞬間足がすくむ。
絵画どころじゃない豪華さで、平民が入ってすみませんと謝りたいくらい。
360度首を回しながら階段を上る。
絵を見る前からかなり疲れた。

ザッハー前、2階のトイレをぜひ覗いてください。
私は世界一だと・・・・
フランツとシシィの肖像画が・・・・・





PIC_0252.jpg



美術史美術館正面玄関。
無事にチケットを買い開館を待つ。




PIC_0253.jpg


PIC_0254.jpg


PIC_0256.jpg



PIC_0258.jpg


PIC_0259.jpg


PIC_0260.jpg






PIC_0261.jpg


PIC_0263.jpg




実は美術館でも色々なことがありました。
チケット売り場でも係りの方が、
ドイツ語と英語で長々と話されましたが、
ブリューゲル・・・・しかわからず、後ろにも長蛇の列が控えておりなんとなくチケットは買いました。

入り口で日本語のパンフレットがあり、限られた時間の中でお目当ての作品を見る為に、
長すぎる廊下を早歩きし、ラファエロ、ティツィアーノ、ベラスケス、フェルメール、テニエルス、アルチンボルド・・・・・・
名画の前に人がいない。貸し切り状態。
なんで人がいないんだろう?
中央にある豪華な美術館のカフェの中を何度か通過し、
あれ?ブリューゲルがないと気づいた。

特別展が開かれていた。
大混雑!
皆さんのお目当てはここでした。
追加チケットは時間指定。
ギリギリ大丈夫。

ブリューゲルは、人の隙間から鑑賞。
建物の外に出てからどっと疲れる。
ゆっくり時間をかけるべき美術館です。
そして、帰国。



PIC_0264.jpg


オリジナルザッハートルテです。
お土産屋さんでは、とても良く似たものがあるようです。
砂糖無しの生クリームと共に食べると最高でした。




CIMG1775.jpg



CIMG1776.jpg




CIMG1777.jpg




たいした写真もなくすみませんでした。
あまりにも興奮して写真をとりわすれました。


長々とお付き合いいただきありがとうございました。
次回は日本と違うちょっと面白かったことをご紹介
します。
関連記事

コメント

非公開コメント

みー

宝塚歌劇団、元月組男役。
卒業生の瑞羽奏都さんの大ファンです。