FC2ブログ

千秋楽から一週間がたって

瑞羽奏都
08 /02 2015
昨日からそわそわしてる。

先週の事を思い出していた。
前楽の観劇と、出待ち。
千秋楽の1日。

初めて1人の現役タカラジェンヌにはまり、退団を経験する自分がどうなるのか、
恐怖と興味があった。

結果、11時公演中にピークがきた。終演後も感情が処理しきれなくて、何も感じなくなってた。
15時30分の公演中は、頭じゃなくて身体に異変が起きて、初めて上演中に席を立ってしまった。
誰もいないロビーで、中の音を聞きながら座ってた。

悲しいのか、つらいのか、さみしいのか、なんだかわからぬ複雑な心境だ。
人のいない劇場のロビーで、ほたるさんに「お客様、大丈夫ですか?」と心配されながら、
半笑いで、うん、うんと頷いてたけど、
多分、泣いていた。
真っ白の服だったから、ほたるさんも察してくれたみたいだった。
5分後に1幕が終わった。
パレードで胸に付けた白い花が、幻に見えた。
退団のご挨拶が信じられなかった。

ワ―と声を上げるほど泣かなかったからなのか、
今頃、響いてる。


(申し訳ありませんが、公演の感想は続きません、辛いのでやめます)
関連記事

コメント

非公開コメント

みーさん、こんにちは。
日記を読ませていただきました。
そう、まさに“葬儀”ですね。
退団後しばらくは、“月命日”、毎年退団日は“命日”と思い出しておりました。
今でも当時のことを思い出すと、ヒリヒリとした痛みが蘇ってくるので、時が経っても傷が癒えることはないと思います。
そしてまた、傷を負うとわかりながらも、ハマってしまうんですね。
今度は、もっと気持ちをセーブして、覚悟を決めて、あまり傷が深くならないように気をつけようと思いますが、どうなることやら。
みーさんが、早くお元気に戻られますよう、祈っております。

初めてコメントいたします。
ご存知かも知れませんが、OGの美夢ひまりさんの
8月9日のブログの中で、瑞羽奏都さんと一緒にランチに行った時の様子が紹介されていました。とてもいい笑顔でしたよ。

Re: タイトルなし

やよいさん

お返事が遅くなりすぎました、いつもありがとうございます。
ようやく癒えてきたかんじです。
時間が必要でしたね。
また再開しましたので、お時間がれば覗いてくださいませ。
お心遣いいただきありがとうございます。

Re: タイトルなし

ぐでたま様

昨年はコメントいただき本当にありがとうございました。
お返事もしないで失礼いたしました。
すぐにコメントは読ませていただいておりましたが、どうにもならない心理状態だったため、
申し訳なく思っています。
懲りずにまたいらしてくだされば幸いです。

みー

宝塚歌劇団、元月組男役。
卒業生の瑞羽奏都さんの大ファンです。