FC2ブログ

明日は千秋楽

瑞羽奏都
05 /31 2015
明日「瑞羽奏都」くんの卒業です。
何故か、月曜日?

ムラの天候は良いようです。
私は緑の袴姿は見られません。
どうか、無事に最後の舞台が勤められますように。

家で忍び泣きます。
かなとくん、ありがとう、ありがとう。
スポンサーサイト

ヅカファン

瑞羽奏都
05 /17 2015
ムラに遠征してから一週間たった。

時計を見ては・・・・・・・今頃は入りだな、どんな服装なのかな?体調はどうだろう・・・・・公演が始まるな・・・・
こんな事ばかり考えてる。
少しは落ち着こうと、これまで頂いた、年賀状、誕生日カード、暑中見舞い、
公演のお礼ハガキ、お茶会グッズ、舞台写真・・・・・・
そして、

  「ツ―ショットの写真」  を見てみる。

昨日の夕飯は覚えていないのに、お茶会の様子ならハッキリ思い出せる。
永遠に宝塚にいるとは思わないけれど、本気でご贔屓だった方の退団をどう受け止めたらいいのか、わからないのだ。

なんだか毎日がほわほわして、
写真を見ては、くぅーとなり、
恋する乙女もどきだ。

舞台に立つかなと君を見られるのも、あと数回。
宝塚の男役をしてる彼女が大好きです。

1789

月組
05 /12 2015
ムラに遠征してきました。
ご贔屓のかなと君のラスト公演。

こうゆうのを「大作」というのだな。
101期生の初舞台j公演にして、新たな宝塚のあり方を見るような作品。
いつものように2時間半、かなと君登場のシーンだけオペラを上げていたけど、
登場シーンが多すぎた(嬉しい悲鳴)
ということは、
群衆シーン満載なのだ。

「フレンチロック」なんじゃそりゃ?と思ったけれど、
凄まじい名曲の連続。
不協和音のエリザが大好きだけれど、
同じ要素が潜む恐ろしい作品だ。
1回の観劇で完全に虜になってしまった。

宝塚のピラミッド体制をくずし、トップコンビのイチャイチャをバッサリ切り捨て、
新鮮で斬新な作品。
どなたかの言葉を借りれば、

「小池作品にはずれなし」

はずれどころか、エリザ以来最高の作品だと思う。

月組で上演してくれて良かった。
他の組なら見逃しかねなかった。
素晴らしい作品で退団を決意されて本当に良かった。

これから観劇される方、お楽しみに♡


みー

宝塚歌劇団、元月組男役。
卒業生の瑞羽奏都さんの大ファンです。