FC2ブログ

テイクファイブ見たよ~。

宝塚
06 /11 2013
やっと録画した番組を見ました。

なんだかね・・・・面白すぎて・・・・・大爆笑でした。

年功序列、スター制度がわかりやすいセリフ量と、立ち位置、カメラワーク。

一言ひとことのセリフに吹き出しつつ、
舞台とは違う緊張感が漂うジェンヌを見てハラハラし、
こんなこと言ってはなんですが、強烈なライトやドーランの威力をひしひしと感じましたね。
「近すぎる」事の悲劇。

年相応の小じわやシミも見えて、
いつもの舞台とは少し違い、身近に感じて嬉しかったり。

会場での声援、掛け声、うちわでの応援など、実際にはありえない会場の演出が新鮮。

本当は5組すべてのトップさんが出演出来たら最高だったけどちょっと残念、
タイトなスケジュールで3人でも奇跡かな。


いたるところで目に付いたモンテクリスト伯のポスター・・・面白すぎました。
スポンサーサイト

テイクファイブ

宝塚
06 /10 2013
弟から、ドラマに宝塚が出るよ~とメールが来たので、

「まあ、OGだろうな~」なんて思ってた。
(弟は現役とOGの区別がつかない)

始まってみたら・・・・・なんということでしょう!

現役トップ3人、2番手2人の出演。

年中スカイステージを見ているのに、
どうして民放に出るとドキドキするんだろう。
恥ずかしくて、まともに見てられない。

録画してるから後で見よう。

なんだかいけないものでも見た気分だった。
恥ずかしくて、まだ録画を見てません。

宝塚歌劇、恐るべし。

ラッシーはいくつですか?

日々の事
06 /10 2013
先日家族で、インド、ネパール料理店に行った。
それぞれの料理を注文し、飲み物も頼んだ。

まず、飲み物が運ばれてきた。

「おまませ・・し・ま・・た」片言の日本語である。

ラッシーを3つ置いていくので呼び止めた。

「ラッシーは2つ、ホットコーヒーを1つですよ」

ムムム・・・?という顔をしたので、繰り返した。

「ラッシーは2つで・・・」

ラッシーを1つトレーに戻したので、持ち帰るんだなと思っていたら、
また、テーブルに置こうとしている。

だから、違うって・・・心の中で言った。


ほんとなら、どうでもよかった。
ただ、コーヒーを頼んだ夫はラッシーは飲まないし、
どこに行っても、まずホットコーヒーを飲む人なのだ。

ラッシーを運んできた店員さんは、多分夫と同年代くらいで、
今にも泣きそうな不幸そうな顔をしている。

でも、諦めずにもう1回だけ言ってみた。

ようやく、ラッシーを下げて戻っていった。

その店員さんを「悲しみの店員さん」と名付けた。


後日またそのお店に行くと、ほかのテーブルから聞こえてきた。

「あの、ラッシーは1つなんですけど・・・・・」

悲しみの店員さんは、また間違えていた。

もはや、その店の看板である。

美味しいし、面白いから、また行きます。


みー

宝塚歌劇団、元月組男役。
卒業生の瑞羽奏都さんの大ファンです。