FC2ブログ

思い出す

前の職場の同僚に会った。
あまり言葉も交わした事が無かった人だ。
私を見るなり、駆け寄ってきた。

「あ~久しぶりですね~。みーさんは宝塚行ってるんですよね」

「はい、まあ・・・」

「この間、娘と初めて行ったんですよ、カッコイイですよね~本当に、

 トムさんて言うカッコイイ人、大好きになっちゃって・・・・

 凄い大きな階段で踊るし、お芝居もすごくわかりやすかったし、

 洋服も豪華で・・・△×○。。。。」


雨の中、宝塚の素晴らしさに感激した彼女の話は止まらない。

「ところで、みーさんはどのくらい前からみているんですか?」

「え~と、初めは鳳蘭さんのベルバラだから30~40年くらい前で、

 頻繁に通うようになったのは、7年くらい前かな」

「凄~いですね、そんなに、またチケットが買えたら見に行こうと思います」


彼女と別れてから考えてた。

花組公演を見たらしい事はわかった。

でも、彼女はどの組かなんて事は関係なかった。

宝塚が素晴らしいと言った。


少しばかり観劇回数が多い自分より、よっぽど楽しい観劇だったようだ。

どこそこの組が良いとか、劇団がどうのとか、

そんな事に囚われながら見ていた近頃の自分を恥じた。


初めてさえちゃんのエリザベートを見た時の
衝撃、感動。

遥か昔の自分を思い出すことが出来た。


あとわずかで、月組公演が見られる。
彼女のおかげで、
今までとは違う気持ちで待つ事が出来るかもしれません。
スポンサーサイト



名古屋ちょこっとめぐり

ブログの中に、まだ未公開だったものを発見。
先月、名古屋に行った時のものです。

今さらですが・・・・・

2月18,19日の事

名古屋は寒かったー。
終演後、栄の街は風がビュービュー吹きわたり、
体感温度は、氷点下。

なれない街を歩き回り、ご飯屋さん探し。
どこのお店も混んでいる。

観劇の興奮と尋常じゃない寒さと、腹ペコでグダグダ。

いつの間にか、風俗店街に入ってしまい、
おかまさんに優しく見守られながら、
どうにか夕食を食べる事が出来ました。

翌日は風も少々おさまり、
お城を見学しました。
巨大な天守閣に入って、違う意味でびっくり。
エレベーター付き。
あっという間にてっぺんまで登り、
名古屋市内を眺めました。

楽しい2日間でした。

夜、ホテルの部屋から見た名古屋城




翌日お城めぐり


プロフィール

みー

Author:みー
宝塚歌劇団、元月組男役。
卒業生の瑞羽奏都さんの大ファンです。





 

  

最近の記事+コメント
FC2カウンター

無料カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
リンク
ブログ内検索
RSSフィード