FC2ブログ

昨日は・・・・

日々の事
06 /30 2010
昨日、大雨洪水警報が出た所に住んでいるみーです。

ゴロゴロと雷様の襲撃と、昨年だったかのゲリラ豪雨がいっぺんにやってきました。

このブログの更新中に停電も起こり、文章は全て消え失せ、

負けずに再びトライして、あとは保存を押すだけという時に、またもや停電し・・・・


パソコンはあきらめて、


次の停電の為に、懐中電灯、携帯電話(暗闇だと結構明かるいので)等を準備して、


「さあ!いつでも来い!停電よ~」と構えていると、そのまま停電は起こらず・・・・


私はあまり興味がないサッカーを、旦那様がとても楽しんで見ているので、

なんだかいたずらしたくなり、

ショーをしてみた。


月組アパショナードのプロローグで、

あさこちゃんが小林幸子ばりの大階段でのシーンのまね。

バスタオルを2枚巻き、「オーレ!」と言いながら左右にガバッと開いた。
もちろん「ア~パショナ~~ド~」と歌いながら・・・・

旦那様・・・・反応なし。

くそっ!



それじゃ、次はこれだ。

紫子から

「ふぶき~、私を抱け~~」ひゅるる~ひゅるる~と歌いながら・・・・


どうだ~、見事な攻撃だろう!

サッカーを見てる場合じゃないはず・・・・

私のくびれのないドラえもん体型が大好きな旦那様は、ぎゅーっとするはず・・・


旦那様・・・・ちょっとテレビが見えないよ・・・どいて・・・


あれっ?


無視?


というより若干怒ってる?


 つ・ま・ら・ぬ・

○○ちゃん、あ・そ・ぼ・・・・


旦那様  ・・・・・・・・


くっそー、グレてやる、不良になってやる。

お酒飲んじゃうぞ、煙草吸っちゃうぞ。

これはいつもやってるし。


こうなったら、実家に帰ってやる!


でも、母は私より旦那様のほうが好きだから、かえって叱られるだろうし・・・・・


つぶされたまんじゅうみたいなふくれっ面をして、しかたないので一緒に見てた。


サッカーもPK戦?とやらで終わったらしく、


やっと旦那様が、しゃべった。


「さっき何かしてたけど用事?あっそれよりみーの好きなあのアイス買ってきたよ」


「えっあれ?」

「そうだよ」


なんだ~良い奴じゃないか・…君!


大好物のアイスを食べてご機嫌な夜でした。







スポンサーサイト

名画が見たい

日々の事
06 /28 2010
先日NHKBSで「怖い絵」の放送があり見てみた。

以前、本も読んでいたが、テレビも中々突っ込んだ内容で面白かった。


ハプスブルグ展で見たシシィの絵の紹介や、

「青い血」にまつわる呪いのような近親婚の詳しい説明は本当に怖かった。

何気なく見る絵と、その絵や画家について知る絵とは全然印象が違う。


幼い頃、上野に「月の石」と「モナリザ」が来た事があった。

私の父は、流行りもの大好きで、当然見に行った。


駅の改札も中々出られないほどの混雑で、

私と父は、とにかく「月の石」がどうしても見たかったので、全然苦にならなかったが、

私よりさらに幼い弟は、当然のようにぐずりだし、

3時間近く並んだが、まだ1~2時間かかるとのことで諦めた。


もうその時の私のガッカリ具合ったらなかった。

あんまりガッカリしたので、今度は私が大いにぐずった。

父はぐずりまくる私を子供だましに、博物館に連れて行ったが、

なんだか分からない、熱帯の植物とか、

ただ大きいだけの恐竜とか、ちっとも見たくなかった。


モナリザの時は、ちゃんと見た!

確か、上野駅に着いてから3時間半くらい並んで見れたと記憶している。

名画の前にたたずむ事、わずか10秒足らず・・・・

子供は前の列にいたので、遮るものはなく、

ほほ笑みは一人占め出来た。


「名画」と言わるものの意味がわかった気がした。

鼻を垂らすほどの子供でも、言葉が出なかった。

圧倒的な迫力、存在感。

何百年か前に確かに、この絵の前に、ダビンチがいたのだ。


本物は、違う!

子供だってわかる。


あの衝撃が忘れられず、今無性に「バチカン美術館」に行きたいと思う。

神のごときミケランジェロや、ダビンチの世界に再び触れたいと思う。


実現できるように作戦開始だ。

ブルー&レッド

さえちゃん
06 /27 2010
締め切りが迫ってます。

ファンクラブに加入していながら、

さえちゃんを心からお慕いしていながら、

まだ観劇日が決まりません・・・・・。


公演日がお彼岸と言う事もあり、

昨年、義兄弟が3人も亡くなっており、公演どころじゃない・・・・。


オギー作品にめぐり会うのは、そう度々ある事じゃないけど、

私を本当の妹のように可愛がってくれた人達を思うと・・・・・


ああーーーー


何故その週なの?

少しだけずれていれば良かったのに。


8月のファンミだけで我慢?かな?

ファンミも日程によっては、駄目かもしれないけど。

ご褒美

日々の事
06 /25 2010
ああ~良く働いた、この一週間。

残業が続いたのに、職場の仲間との飲み会も入り・・・・。

半世紀近く生きてるみーには、ちょっときつい。


でも労働の後の一杯の生ビール!


そして待望の『はな金』にはご褒美のDVD鑑賞で夜を満喫。


「紫子 Heaton beat」ようやく見れた。


名古屋思い出すね。


男役黒燕尾群舞!!最高ですね。曲も好き。


前回はあさこちゃんの退団ショー仕様だったけど、

今回はお披露目で~す!って感じにしてあって、凄く良い。


群舞、どうしてこんなに惹かれるのかな・・・・・。

せつないメロディーなんかで踊られたら、もうたまりません。


実際生で霧矢さんを見たのは、5年前からだけど、

それ以前の作品も映像で見ているから、本当にトップになれた嬉しさを感じる。


頑張ったね!組の頂点だね!お嫁さんも可愛い娘で良かったね。


息子の晴れ姿を見るようで、本当に幸せ。


来週末もスカピン観劇まで、仕事頑張るぞ~!

月組ファンも共に頑張りましょう。









えっ?

月組
06 /20 2010
月組の綾月せりちゃん本日から休演だそうですが・・・・

昨日はそんな様子は全く見られませんでした。(無理してたのかな・・・・)

オペラでずっと見ながら、お月さまみたいな顔で相変わらず可愛いしカッコいいな~と。

千秋楽まで、休演者無しならいいなーと思いながらみてましたが・・・・

どうぞお大事に。

THE SCARLET PIMPERNEL

月組
06 /19 2010
新生月組のお披露目公演、スカーレットピンパーネルを見てきました。

大劇場では、さんざんお披露目公演!と言われていたものの、
東京では、とんと聞かないお披露目という言葉。

でも、霧矢さんが大羽根を背負うのは初めてなのだ。

私は一人お披露目公演としてドキドキしていた。


「月組の霧矢大夢です・・・・・」

開演アナウンスを聞いて、本当にトップになったんだと実感。

このシステム大好き!

主演者がアナウンスするのは宝塚の凄く良い伝統。

そして、舞台中央に立つ新トップスター。

本当におめでとう!




今まではその余りの歌唱力の高さゆえ、

月組では、逆に浮いていた時期もあったけど、

真ん中のポジションに着いたなら、もう大丈夫!


本当に安心して聞いていられる、名曲の数々。

ワイルドホーン氏が霧矢さんの為に作ったようなナンバー。


大好きな「マダムギロチン」の場面、奏都君始め、

組子一丸となった大合唱・・・・しびれる~~!


ここだけで、ご飯3杯はいけます。


本日のグラパンのアドリブは、「ブブセラでワールドカップオランダ戦を観戦しよう」みたいな事を言ってました。

そのアドリブは、となりの席で居眠りをしていたお兄ちゃんも起こしました。

さすが、新トップスター!


そしてフィナーレの新トップコンビのデュエットダンス。

うっとりしました。

やっぱり主演娘役がいなければ・・・・


心から宝塚マジックにかかった私は、そのままキャトルレーブへ直行!

歌劇にプロマイド、DVD、手作りのカスタマイズCDまで購入。

大満足!


素敵な観劇になったのは、ご一緒した方も素敵だったから。

今日は、まさおくんのショーブラン。

次回は、みりおちゃん、楽しみにしてるよ。




そして本日さえちゃんが石井さんのコンサートに行ったとの事、(情報を下さったN様、ありがとうございました)

草月ホール、行きたかったな~、逢いたかったな~。




スカイステージ

さえちゃん
06 /17 2010
 ゆうひちゃん!・・・・って呼んでる。

でも、呼びかける時は、ゆうひ。


ゆうひ君は・・・・・・あやきさん。

でも思い出話の時は、さえちゃん。


ゆうひ君は言う。


たくさんの先輩に影響をうけたけど、

あやきさんに出会ってなければ・・・


今の私は無かったと思う、断言できる!


ちくしょー(暴言)

ラブラブじゃ~ありませんか。


大好きなさえちゃんと、これまた大好きなゆうひ君が仲良しなのは本当に嬉しいものです。

ゆうひ君ありがとうございます。

これからもさえちゃんをよろしくお願いします。


スカイステージの関係者様、感謝です。

北海道旅行記5

日々の事
06 /10 2010
少し間が空きましたが、旅行記最後です。

この日は、十勝岳温泉「白金温泉」から、

富良野、美瑛、旭山動物園をめぐり、

旭川空港から羽田に戻りました。


まずは、新富良野プリンスホテル敷地内にある「森の時計」です。

ここはドラマ「優しい時間」で使われた喫茶店です。

木のぬくもりを感じる山小屋風のお店で、美味しい珈琲が楽しめるんですが・・・・・

早く着きすぎて開店前でした・・・・(泣)

外観だけ見てきました。。。





そして専用の車で案内されたお待ちかねの「風のガーデン」






いきなり名も知らぬ可愛らしい花がお出迎え





白一色の小屋があり、やっと春を感じる小さな花々が少しだけ咲いてました。


ここで叫んだ。

「ガブさ~ん!来たよ~!ついに来たんだよ~」 (ドラマ見てない方はすみません)








窓際で揺れる白いカーテン。


泣きそうでした。(再びドラマ見てない方はすみません)



もう、何時間でもいられる場所。

遠くにはガブさん愛用のキャンピングカーも駐車したままで、

なんて粋な事をするんだよ~と泣き崩れそうでした。


帰り際に「ガブリエルの家」というお土産屋があり、
抱えきれないほどのグッズをレジに持っていったら、

「お客様、本はいかがですか?倉本聰さんが3日前にこちらに来て、何部かサインしたのがありますけど・・・・」


買います!全部買います!


何冊も買いそうになった私に旦那様がささやいた。


本当に全部読める?しかもかなりの荷物になるよ。

首輪をはずされた犬がやっと冷静になった。


ここは北海道だった。

近所のツタヤじゃない。

倉本氏の直筆サイン入りの本を一冊だけ買い、
グッズも厳選したもにした。

それでもかなりの量になった、止めてもらえなければ恐ろしい事になってた。

その日の富良野の気温は、7度。

旦那様は、寒いな~を連発していたが、私は興奮して汗をかいていた。


空港に向かうには早すぎたので、

美瑛、旭山動物園にも寄った。

どちらも最高に良かった。

素晴らしい場所である。


旭山動物園はものすごく空いていた。

平日だからだと思うが、拍子抜けして入園そうそう「旭川ラーメン」を食べた。

混んでいれば別だが、1時間30分もあれば十分まわれる。

変なぬいぐるみを買って、ぶらぶら歩く中年カップル、子供もいないし・・・・。

人から見たらそうとう面白い絵になっていたと思う。

2人きりで動物園なんて始めてで・・・・ちょっと面白かったな~。


また行きたい北海道。

人々は、ゆっくり、のんびり。

お土産屋さんも、好きなだけ見てな~って感じ。

つきまとう店員なんて皆無だった。


運転もしたよ、北海道で運転したかったから・・・。

でもね、スピードメーター壊れてるね、絶対!

どうみても、40~50キロしか出ていないはずなのに、

60~70なんてすぐに出ちゃうし・・・・・。

旦那様に、「スピード出し過ぎだ~」と鬼のように注意しておきながら、

自分が変わったとたん、もっと飛ばしてた、知らぬ間にね。


また、行こうと本気で考えています。

今度はスピードに気をつけながら・・・・

仙台

イカれた主婦
06 /04 2010



仙台公演、行ってしまいました。

けして一人ではいかなかったけれど、数年前にした約束を果たすべく、
心の友となった可愛らしいHさんと観劇する為に向かいました。


仙台公演の劇場は、宝塚も訪れることがあるそうで、
綺麗な落ち着いた所でした。


東京では、急遽チケットを手配したせいか、
「たいくつだ!」なんて書きましたが、
もともとスローペースな私は2度目の観劇は全く違う印象でした。

面白い!超楽しい!


ロビーでは、サイン入りポスターを売ってました。
東京にはありましたか?

しかも限定15枚!

少しためらいましたが、帰り際に買ってしまいました。(まだ余ってた・・悲)

ウェンディ、ウォレス、アドリブの嵐!

そして、酔っ払いさえちゃんがティムにぶちゅーとキスをする所、

目の前で見てしまいました!

本当にやってた!音がするようでした。



カーテンコールでは、大きな瞳から涙が流れたナナさん。


お疲れ様でした!楽しい舞台を本当にありがとうございました。



出待ちもしました。(荷物を持って下さったHママさんありがとうごいました)

さえちゃんにしては早めの30分くらいで出てきましたが、
すぐにタクシーに乗り込んでしまいました。

ちょっと待った~。

これはヤバいとばかりに、「さえこさ~ん」「さえちゃ~ん」コール。


そばに駆け寄ると気がついたさえちゃんが窓を開けてくれました。

タクシーの運転手さんに「すみません」と声をかけて、ファンから手紙を受け取ってくれました。

1人1人に「ありがとう!」って言いながら・・・・・


浦島りんごさんとさえちゃんを乗せたタクシーは走り去りました。





本当に行って良かった。

一緒に観劇出来たHさん、Hさんママ、素敵なひと時でした。
お別れ際に、ぎゅーっとハグしたかったけど、
したら別れるのが淋しすぎるから、しませんでした。

ありがとう、さえちゃん、
ありがとう、Hさん親子。


仙台が大好きな街になりました。






































































北海道旅行記 4

日々の事
06 /01 2010
ここに行ってみたい!

いつかきっと・・・・・


ドラマ「北の国から」を見た時そう思っていた。

でも行かないまま命が終わるのかもな・・・・・なんて。

みーの住む場所からはやはり遠い。

いつか、なんていつだろう・・・・・


でもその時は来たのだ!

みーは北の大地、富良野にいる。


嬉しくて、興奮して、見た、五郎さんの石の家、丸太小屋。

あまりに興奮しすぎて、携帯を車に置き忘れた。

したがって写メはない、すみません。







少し移動して、若干落ち着いてから見た、拾ってきた家















ここは、外からだとバスの後ろ側、
素敵なリビングになってる。







下の羊は、純がお父さんにプレゼントしたもの。
ちゃんと飼育されて、増えていたよ!






本当に嬉しかった。
ここに2~3日泊りたかった。

かなり長い時間いたので、『風のガーデン』は翌日に変更。

その日は、十勝岳のふもと、白金温泉に泊る。




北海道旅行記 3

日々の事
06 /01 2010





カモメ~!

洞爺湖畔のホテルで朝からカモメが来てくれた。

初めは1羽だったが、しばらくすると・…2羽になった。


「ねえ、ねえ!何か食べるものちょうだいよ!

 こんな可愛いカモメ近くで見たことないでしょ。

 しかし、あんたずいぶん肥えてるね!

 お菓子食べ過ぎなんじゃない?

 少しまわしなさいよ・・・・・ククー」


カモメに騙されそうになりながらも、なんとかこらえた。

ここで簡単に餌をあげたら、本当に可哀想になってしまう。

ごめんね、ごめんね~。

あきらめたカモメは置き土産を残して飛び立った。



洞爺湖を出発して道央自動車道、道東自動車道、夕張、

そして今回の旅の1番の目的地、富良野に入った。


みーの青春時代を思い出す「北の国から」のロケ地である。

北の国からの聖地ともいえる「麓郷の森」

一刻も早く五郎さんの家を見たいが、昼食をまだ食べてなかったので、

まずは、腹ごしらえから・・・・・





麓郷の森の、レストラン兼グッズ売り場で食べたスープカレーとハーブティー







ハーブティーは・・・・濃厚すぎて・・・残してしまった。
さすが、本場のラベンダーは強烈だった。


さあ、お腹もいっぱい、心もいっぱい。

五郎さんの家の訪問だ~!


みー

宝塚歌劇団、元月組男役。
卒業生の瑞羽奏都さんの大ファンです。