FC2ブログ

スカーレットピンパーネル

宝塚
08 /29 2008
久しぶりに東京宝塚劇場に行って来ました。

星組公演「スカーレットピンパーネル」を観劇です。

本拠地の宝塚大劇場の評判がすこぶるいいので、
豪雨の中、帰りの電車を心配しながら行ってきました。

初めてSS席での観劇。(2階ですが・・・)

流石!小池マジック!小池ワールド炸裂!

大リーグヤンキースタジアムにいるファンのようないでたちの作曲家、
ワイルドホーン氏の曲がすばらしく、(プログラムの写真からの印象です)
宝塚の男役臭さナンバーワンの、星組の組子一丸となった素晴らしい作品でした。

途中あまりにも声がいいので、
安蘭けいちゃん、柚希礼音くん、あすかちゃんの歌を目を閉じて聴いていました。

これまでの宝塚作品とはだいぶ違う印象で、
外部の作品を見ているようでした。

宝塚版オペラとでも言うのかな?

そして印象的だった舞台美術。
大道具の技術の高さに翻弄されました。


ひろみちゃん、くららちゃんと同期のチエちゃんの実力はさすがで、
2番手以上の活躍です。

DVDも迷わず予約しそうです。


今度の星組の作品どうなの?と思っているあなた!
朝早くから当日券に並ぶ価値は充分あると思います。

もちろん好みはありますが、一見の価値有りです。


2階のロビーに、スカイステージの写真達がひしめきあって並んでいました。
さえちゃんと月影さんのTスタイル出演時の写真がありました。
可愛い~顔して写ってました。

公演スイーツは・・・・・黒蜜あんみつでした・・・お味は。。。微妙・・。

期待どうり、帰りの電車は何度もとまり、
行き先も数回変わり、
帰宅中にシャワーを浴びながらドブネズミのようなステキな格好となりました。

豪雨から携帯とプログラムだけは濡らさぬように、
おばさんの必需品、ビニール袋が役に立ちました。

今、昨夜の豪雨が嘘のように晴れ渡っています。

豪雨の中の作品として、良い思い出になりました。
楽しい舞台だったな~!
スポンサーサイト

信州の旅

日々の事
08 /26 2008
週末から信州旅行に行ってきました。

善光寺 小布施 志賀高原 草津など巡ってきました。

天候がハッキリしませんでしたが、一番の目的地では雨に降られずに見学できました。

遠くても1度は参れ善光寺。

牛に引かれて善光寺参り。

私は、善光寺に7~8回くらい行ってますが、家族は初めてで、

本堂の「お戒壇巡り」(おかいだんめぐり)の話をしたら是非行きたいとのリクエストにより、

今回のコースになりました。

善光寺のお戒壇巡りは、秘仏のご本尊に繋がる鍵に触れる事の出来る場所ですが、

それに触れるためには、真っ暗な地下道を手探りで進みます。

もちろん何も見えないので、どこに鍵があるかまったくわかりませんが、

その鍵に触れれば、往生の時に阿弥陀如来様がお迎えに来てくださるとの事です。

初めての家族もなんとか触れることが出来て、

なんだか神聖な気分だったようです。


さえちゃんの次に栗好きなみーは、小布施ははずせません。

その中でもイチオシなのは、「栗の木テラス」の特製モンブランケーキ。

もし小布施に行く機会があれば、お薦めの逸品です。


信州に行ったなら、やはり本場のソバを食しましょう!
ということで、石挽きそば屋に入りワクワクしながらそばを待つ。

でも、何か引っかかる???

そうでした、みーはそばアレルギーなのでした。

でも昔ほど反応が出なくなっていたので、
大丈夫だろう!と・・・。

出てきたそばは大変香りが強く、コシがあり、思わず『まいう~』の様子。
(ほとんどたべないので、家族の感想です)

みーもこれまた大好物のやまかけ汁にて完食。


でもやはりやめておけば良かった。
それから約2時間、全身がかゆくなり、赤くなり・・・。


いやしいみーは、よくこういうことをしでかします。

志賀高原にホテルを取りました。
晴れていれば雲を下に見ながら、雲上露天風呂で仁王立ちの予定でしたが、
土砂降りなうえ、強風のおまけつき。

お猿まで寄ってくる野性味溢れる露天風呂に風や雨に負けて入らないのは
女がすたる!
たくさんの宿泊客が誰も入らず、貸し切り状態なのも嬉しい!と言うか単なるバ○?

ホテルの人に『良く入りましたね』と少しひかれ、
楽しい思い出がまたふえました。

翌日も雨、またまた雨。

普段の行いの良さが如実にあらわれた結果です。

旅行は良いものです。

また旅行がしたいので、仕事を頑張れます。


この夏、どこかに旅をしましたか?




決心??

さえちゃん
08 /20 2008
私が宝塚にのめり込むキッカケとなった、「ベルバラ2001オスカル・アンドレ編」

その時のノル様こと稔幸(みのるこう)さんのスカステ番組、

『稔幸・IN博多』を見てました。

のる様、すごいな~!下級生を包む大きな愛を感じました。
稽古場でさえちゃんと抱き合いながら、挨拶をしている姿。

なんやかんやで、ジェンヌはすぐ抱き合いますよね!
欧米か~!

星組はとても仲がよさそうで、男気が感じられます。

まりこさん、のる様、さえちゃん、この並びが一番好きでした。

「さえこ」と呼び捨てにされていた、上級生がたくさんいる時代。


そしてついに今年のメインイベントの発表がありましたね!

あれれ?遠足じゃないの?

水筒もってリュックサックじゃなかった。

露天風呂でお背中流しでもなかった。

でも、あとわずか1月あまり先の大イベント!

こんな嬉しいお知らせが、エリザのチケット取れましたよ!のお知らせと一緒の日に来るなんて・・・。


1年に1度きりの七夕のように、愛しい人に逢えるその日を前に、

また同じ決心をしました。

や・せ・よ・う・!

明日から頑張るから、その前に好きな物の食べ納めです。

でも、スーパーに行けば、そろそろ秋の味覚が出始めている今日この頃。

さえちゃんの次に大好きな栗が並び始めたら・・・・降参です。

バスティーユなど問題にならないほど、早く白旗をあげます。

シンプルな茹で栗から始まり、栗のスィーツ各種。

どう考えても、無理ですね。

巨体のまま、品川に行くことになるでしょう。

さえちゃんの魅力にも、栗の魅力にもとても弱いみーでした。

SEMPO

さえちゃん
08 /18 2008
昨日『SEMPO』のDVDが届きました。

今年の4月に、新国立劇場で観劇した「日本のシンドラー・杉原チ畝」ミュージカルです。
吉川晃司氏ミュージカル初主演、音楽中島みゆきという話題の作品でした。

はずかしながら、杉原氏の事は全く知らず、
その後に本を何冊か読みました。

またこの作品は、劇場でサイン入り台本が買えるという、珍しい公演でもありました。

(その台本がセリフがとんでいるというおまけつき)

愛華みれさんの降板もあり、様々なことがありました。

私は初日、中日、千秋楽と模範的?な観劇をしました。

そしてさえちゃんが出演しているのを忘れる程、集中できた珍しい作品でした。


日本を代表するミュージカルスターの共演に、初めから多いに引き込まれ、

2幕では完全に杉原氏とグッシェに引っ張られ、

最後にエバとノエルに打ちのめされました。


生の舞台にはかないませんが、カメラワーク、音質、共に良好のDVD。

生では見る人が限られる為、改めて共演者の表情が見れていいものです。



吉川晃司くん、『モニカ』からいったいどんな人生を送っていたのでしょう?
声質、声量、最高!
杉原氏の役として彼ほどふさわしい人はいないでしょう。


あとグッシェ役の田村雄一さん。

良かったな~!

エバママさんの歌声も、いつまでも響きます。

彩輝さんのおかげで、こんなにも良い舞台に出会えました。


少し遅れたけど、ちゃんとDVDを発売してくれてありがとうございます。
遅れることなんてなんでもありません。
さえメイトさんは特にそう思いますよね。

(まぼろしのDVD事件がトラウマになってます。)


何度も見て、ステキな夏の終わりにしたいと思います。

SEMPODVD最高です!


お盆です

日々の事
08 /15 2008
今朝5時前に起きて、お墓参りに行って来ました。

関越自動車道は少しだけ渋滞しましたが、
予想よりかなり早く着きました。

水芭蕉で有名な、尾瀬付近にある田舎のお墓参り。

清流が流れ、美しい夏の花々が咲いていました。

20数年前は全くの他人のお墓。
今では、私の子供がその血を受け継ぎ、ご先祖様になった不思議。

のどかな景色の中、涼しげな風が吹き、
ひととき夏の暑さを忘れました。

親戚の家により、新鮮な野菜をごちそうになったり、
久しぶりに聞いた若干の方言も嬉しく、
たとえ義理でも兄弟がいる喜びを感じました。

とても広い庭をかけ回る子猫が少し羨ましくもありました。

幼い頃は親の実家で夏を過ごし、
今は夫の実家で子供と共に夏を楽しむ。

伝統的な日本の夏。

いいものですね。

崖の上のポニョ

日々の事
08 /13 2008
宮崎駿様、いや~驚いた!感服した。

少ない登場人物。

いきもののような海。

魔法が平然と姿を現す世界。

少年と少女 愛と責任 海と命。

神経症と不安の時代に立ち向かう作品。





エンドロールが短過ぎて、涙を拭く時間が無かった。

レディース割引で、1000円で見たのが申し訳ないくらい。

でも、舞台を見ているのと違い、映画はストレスがたまります。

こんなに素晴らしい作品なのに、終わってから拍手が出来ない。

「あ~素晴らしい!ブラボー!」の拍手が出来ないで、おもむろに席を立たねばならない。


途中で、もしも叶うなら、5歳児に戻って観賞したいと思いました。

5歳でもかなり色々考える力はあるけれど、

今のようにアカまみれの人生経験をしていない心で見てみたい。

でも、ひとときでも純粋になれたような気がしました。

不真面目で、不謹慎で、変態のようなみーでもこの感動です。

もっともっと純粋な心の持ち主なら、どんな感動なのかとても知りたいです。

(ご覧になったら感想をお待ちしています)

映画が終わったてから驚いた事がありました。
幼い子供がとてもたくさんいた事。
上映中はほとんど子供の声がしなかったので、
大人ばかりかと思ってました。

乳児からとっくに年金暮らしの人まで、

まさに老若男女、全ての人にお勧めの作品です。

いや~映画ってほんとうに素晴らしいものですね!

それではまたお会いしましょう。

帝国劇場 エリザベート

日々の事
08 /12 2008
久しぶりに真剣に悩む。
パソコンに向かい、どの組み合わせにしようか?

先ほどセブンイレブンに行ったら、
『エリザベート』のポスターがあり、
なんとすでに申し込み開始しているらしいお知らせが・・・・。

何てこった~~!

みーとしたことが、スタートダッシュが遅過ぎる。

日本で1番チケットが取りにくいミュージカルのエリザベート。(と言われているらしい)

先月?いや2ヶ月前から、どこが1番初めに売り出すか、
完璧に網羅したつもりが、
イープラスを漏らしていたなんて・・・。

でも、いざ申し込みになるとどの日が良いか多いに悩む。

どうしよう?

シシ―はどちらでも素晴らしいはず。

トートはさえちゃんが1番だけど、ここはやはり(神)ですな。

  注  神とは山口氏のことです。

武田氏のトートは、
かつてトートダンサー、革命家の中で見つけられなかった経験を踏まえて、
今回はパスでございます。よかったけどね・・。

私が購入した東宝版エリザの実況CDを、
いつのまにか、かなり聞きこなしている息子も参戦したいらしく、

「HASS!(憎しみ)」「悪夢」などを特に期待しているらしい。

1度で良いから見たいよ~!などと言われた。

みーも見たい!

抽選に当ると良いな・・・。


明日は、『崖の上のポニョ』を見に行きます!
遊んでばっかりだな~!

家事も育児も手抜きをしない!と言っていた柔ちゃん。
やはりあなたは、素晴らしい。
メダリストにふさわしい人です。

家事も育児も適当で、
遊びだけは本気のみーは・・・・。

仕方ないな、「人間だもの・・・」みつを。

花火

日々の事
08 /10 2008
今庭先で、花火を見てました。

ご近所の西武園遊園地の花火が見えるのです。
真夏の毎週末、土日に2000発の打ち上げ花火が上がります。

高校生の息子と並び、夫は少し後ろで・・・。

こうして息子と並んで見る花火は、あと何回かな?
いつかは、誰かの夫となり、父となったり・・。
あるいは独身で・・・。

夫ともあと何度みれるのでしょうか?
いつかは、どちらか1人きりで見ることになる夏の花火。

約30分、轟音と共に上がる花火を見ながら、
遠くから聞こえる子供のはしゃぎ声も耳に入り、
一瞬で消える花火が、無性にせつなく感じるのは歳をとったからかな?


彩輝さんも頑張っている様子。
早く公式に発表されないかな?

そういえば、よく劇場ロビーでみかけたK・M氏のからの花。
白の胡蝶蘭が多かったけど。
以前からの知り合いなのか、
それとも、今度の仕事の企画がすでにあったのでしょうか?

ともあれ、今週末には、SEMPOのDVDが来る?予定だったかな。
ご先祖様とご一緒に観賞しましょう。楽しみです。

女子柔道

日々の事
08 /09 2008
    

柔ちゃん、ママで立派に銅メダル!



引退もほのめかして・・・主婦がしたいのだそうです。

そりゃそうでしょう。

栄光への架け橋を何度もみせてくれてありがとう!

君の正面、僕イケメン

宝塚
08 /08 2008
まとぶん、みわっち、まっつによる『羞恥心』 最高です!

どんだけGOGO5の最後に歌った誰もが知ってるこのナンバー。
歌う人がジェンヌだと、こんなにもカッコ良くなるものか。

抜群のスタイルで、キレのある振りで、男らしい歌唱力で・・・。

しかも、フルコーラス。

本番前に、宝塚いちの渋さを誇る、星原先輩にチェックしてもらっただけの事はあります。

花組の伝統は衰えてません。

楽しませる技をたくさん持って、仲良さそうな組子達。


私は行けませんでしたが、娘が「愛と死のアラビア」を観劇してきました。
高揚した表情で、本当に良かったよ!と感激してました。
すっかりまとぶんのファンになり、
写真集など購入したもよう。

ゆうひくんの事は全く触れず???

私も次回の『太王四神記』は必ず行こうぞ。
イケメンぶりは、○・ヨンジュン様には多分負けないことでしょうから。

求人誌のさえちゃん

さえちゃん
08 /06 2008
アヤキメールで紹介されていた雑誌「クリエイト」を取り寄せました。
無料で送ってくれた(株)クリエイト様、どうもありがとうございます。

表紙を開けていきなり彩輝さん登場!

『ポジティブワーキングスタイル』のゲストらしい。

ロングヘアーの上の方をクルクル巻いて、ふんわり後でまとめ、
後は肩にたらしている髪型。(なんというのかわかりません)

黒の地にブルーの小花が散ったチュニック??
白のパンツ姿です。
3枚の写真が載っていました。

記載されている記事のインタビュー中らしい表情。

宝塚を目指したキッカケからインタビューが始まり、
在団当時の苦労や、思い出話など。

そして年末の舞台の紹介「愛と青春の宝塚」について。
4人のポスター(湖、紫、貴、彩)公式に出ているもの。


舞台関連の雑誌以外は久しぶりですが、
でも最後は年末のPRでしたから、
その関係での取材だったのかもしれません。

でも、タダですから!
無料ですから!

今時、こんな嬉しいことはありません。
財布を開ける事無く、さえちゃんが見れる。
素晴らしい!


それと、宝塚友の会からの会報に、
『愛と青春の宝塚』先行販売のお知らせが・・・・。

くららちゃん、るいちゃん、白のドレス姿。
みどりちゃん、ゆりちゃん、赤のドレス姿。

その間に4人の美男が写っておりました。

これは、初めて見たパンフレットです。
公式もこれでしょうか?

あと、オサダさんのコンサートのお知らせ。

肩から上の肌を出しているオサダさんは、マリア様か、
幼子をお風呂に入れているママのような表情。

メリットのCMで使えそうでした。

急に、OG達が我が家に押し寄せ、
どれから見たらいいか、嬉しい悲鳴です。

退団したスター達。

『本当に女の子だったんだ』

感慨深さと、男役はそうとう無理してたのかな?
なんて考える熱帯夜です。

母は偉大?

日々の事
08 /05 2008
真っ黒な雲に追われてダッシュで帰宅しました。
全力で走ったのは久しぶり!

汗だくになりながらも、気分は爽やか。

でもやはり蒸し暑い日々。

学生時代は、毎日部活で汗を流す日々。

今は帰宅したらすぐ冷房をスイッチ・オン。

汗をかくのは、家事のときだけ・・・洗濯とか料理、掃除ね。

職場は大変涼しく、というより非常に寒い。
7℃~マイナス25℃という環境。

え~何の仕事なの?と思われるでしょうね。

食肉、冷凍食品など管理したり・・・です。
マイナス25℃から外に出ると35℃の世界。

60℃くらいの温度差があります。

毎日クラクラします。

でも、今の時期は高校球児やオリンピック出場選手などの頑張りを見る機会が多いので、
とても背中を押してもらえますね。

そしてかけがえのない子供のそれぞれの頑張りも・・・。

親の私がかなりふざけた様子なので、
真面目な我が子をみるにつけ、
自分の修行の為に、お預かりした子に思える。

すぐ側にお手本をおいて、『少しは真面目にやれよ!』と言われているよう。

なんせ、勉強しなさい!なんて全く言わない。
勉強やめて、一緒に桃食べようよ!
この漫画(ケロロ軍曹)続きを貸して~!
この漫画(浦安鉄筋家族)最高~!

全くもって堕落した見本のような私。

でもね、家は癒しの場所でありたいのです。

夫も子供も、
外では弱さを見せず、持っている力以上の結果を出し、
様々な困難を乗り越える為に必死。

これは母や妻である私ももちろん同じ。

お家ではせめてゆるゆるしましょうよ!
みんなでゴロゴロしましょうよ!
めちゃイケをみて、ドリフをみて大口あけましょう!

今夜もエコを気にしながら冷房を止めれないみーです。

熱い感動

日々の事
08 /03 2008
夏の甲子園が始まりました。

今年は90回記念大会、連日の熱戦にギャーギャー言いながらテレビ観戦しています。
高校野球大好きです!

65回の記念大会には、地元所沢商業高校の応援を仕事を兼ねて参加しました。
初戦は、名門校PL学園との対決でした。
桑田、清原など生み出した甲子園の常連です。

その優勝候補を相手に、2点取ったのが自慢でした。
でも結果は6-2で負け、PL学園は優勝しました。

勝っても負けても、涙、涙。

PL学園の完璧な人文字を、目の前で見ることが出来た貴重な体験です。

今日の試合も熱戦でした。
ボールが当ってもなお、マウンドから離れなかった、智弁和歌山のピッチャー、
勝利を最後の最後まで諦めなかった、近江高校。
良い試合をありがとう!

涼しい部屋で見ているのが恥ずかしいくらいでした。


そして・・・・。

『ガマ王子vsザリガニ魔人』だったかな?

月船さららちゃんが出演しているというので、
とりあえず録画しておきました。

あーこんなの撮ってあった!
1度見てから消そう。

見初めて・・・・・これは何?ただのコメディーかな?
タイトルがあれだし・・・。

すみません!馬鹿にしてました。
とにかく、直球勝負のお芝居に完全に参りました。

ストーリーが最高潮に盛り上がった所で娘に呼ばれた様ですが、
私の顔を見たとたん「ごめん」と言われました。
滝のように涙と鼻水を出し、
湧き出るせつない気持ちと格闘していた顔でした。

テレビでこの感動、もし劇場にいたら・・・・想像したら怖くなりました。


劇場中継と甲子園大会、どちらも外に負けないくらい熱いものでした。

NHKBS2で放送していたので、また再放送があるかもしれません。

8月

日々の事
08 /01 2008


  

暑中お見舞い申し上げます

           



盛夏が続いております、夏野菜をふんだんに食し、お元気に・・・・!

みー

宝塚歌劇団、元月組男役。
卒業生の瑞羽奏都さんの大ファンです。