FC2ブログ

リンリン

日々の事
04 /30 2008
悲しいお知らせです。パンダのリンリンが亡くなりました。
こちら

世界中を飛びまわり、最後も故郷に帰れなかったリンリン。
パンダ愛好家としてはもう、上野に行く理由がありません。

本気でパンダと暮らしたいと考えるほど大好きでした。
(3月24日のブログをよろしければ・・・)

初めてパンダが日本に来た時の事。
気持ち悪くなるほど人が多く、
押されながら何とか一瞬見れた憧れのパンダ。
その時に買ってもらった、指人形のパンダ。

大昔の指人形パンダを思いながら、
昨年のクリスマスに、成人した娘にプレゼントしたパンダのぬいぐるみ。
リンリンを思いながら、今抱きしめています。(結構大きめ)

なんだか、さえちゃんにも似てる?(失礼かな?)

可愛そうだから、もう中国から連れてこなくてもいいのではないかしら?

パンダのことをあれこれ考えた今日でした。
スポンサーサイト

黄金週間

日々の事
04 /29 2008
みどりの日?昭和の日?
どちらでもかまいませんが、今日は仕事が休みなので、
朝からスカステを見てます。

おお~!おさださん久しぶり!

ファントム東京千秋楽の放送です。

今、親子の銀橋のシーンです。

「ファントム」はいいよ~!と友人からのお薦めで、
たか花コンビのファントムを何度も見た。(DVDで)

ファントムはたかこさんのものだな、と思いつつも生で見た事無い私は、
いつか再演して欲しい!と願ってた。

花組ファントムも初回で、DVD、実況CDを購入。
スカステはDVDより音がイマイチ?だけど、
過ぎ去った時間が甦る。

銀橋のシーンはゆみこちゃんの泣きべそ顔についやられて・・・・。
ファントムじゃなくても「お父さん!」と呼びかけたい。
雪組に行くゆみこちゃんとのお別れとも重なり、
なんとも、神妙になる。


先日黄金週間に聞きたいと思って、
アマゾ○で申し込んだ、「オペラ座の怪人」CDが今日届くはず。
今日は、ファントム三昧の日になりそうです。

さあ!音楽学校生のように、「お掃除始めます」
その前に、紅茶でも一杯・・・
まあ、ゆっくりやりましょう。

皆様も、楽しい祝日を・・・・。

名古屋も終わりましたね

日々の事
04 /29 2008
お世話になっている花穂様から名古屋の報告を頂きました。

名古屋も無事に終了したようですね。
良かった!良かった!

残るは神戸公演です。

まだ1度も訪れた事が無い場所だけど、
イメージがとても良くて・・・。

さえちゃんが、劇場の周りと共にブログに景色など載せてくれれば嬉しいけど。


先週になりますが、甥の結婚式に行きました。
群馬県の沼田の式場でした。

遠くに望む三国連山、谷川岳はまだ冬のようで、
そこから時折吹き降ろしてくる風はまだまだ冷たい。

親戚中で1番のイケメンの甥は、
まるで王子様のように凛々しく、カッコ良く、
花嫁さんが羨ましいほど。

信者でもない人々が、式場の教会に集う。
聞いたことも無い賛美歌を歌い、
アーメンとささやき、
バラの花びらを、新郎新婦に投げ、風船を飛ばす。

列席者は、ほとんどは昭和生まれ。
なんだか夢の中のような結婚式に、少し酔いしれる。

数年前までは、新郎新婦の気持ちに共感していた。
今では両親の気持ちの方が、リアルに響いてくる。

新郎の両親は私の義理の兄夫婦。
披露宴会場にいる160人の人々と誰一人血が繋ながってはいない。
でも、その日からは親戚になる。

不思議だな~と思う。
独身時代は両親の親戚だけ。
結婚したら、夫の親戚も加わる。

見知らぬ親戚に紹介される私。
夫の隣で、にやにやしながら、夫婦という摩訶不思議な関係を考える。

約1週間たった今、
少しずつ枯れかかった披露宴の花。

「枯れぬ花など、美しいものか」
白蛇の女王のセリフを一人つぶやいてみる。

桜が満開の群馬でした。

過去の栄光

日々の事
04 /25 2008
最近目に見えて、体力、気力が減り始めています。
かつては、こんな事が出来たのに・・・です。

過去の栄光?

小4 校庭にある遊具(カイセントウ)にどれだけつかまっていられるか大会で優勝!

中1 持久走大会女子の部3位
中2              5位
中3              3位

高1 東京都代表としてインターハイ出場(ソフトボール)
この頃は、毎日20キロは走ってた。
腹筋背筋ともに、50、かる~くこなしてた。

それから皆につられて受験した大学は見事に落ちて、
3月末に何とか就職し、
当時お水の世界に進んだ友人と変わらぬ高収入だった私の職場の就労時間は、
出勤AM6時、退社AM1時と言う労働基準に完全に違反した勤務体制でした。

その代わりこの勤務時間ですから、お金は貯まる一方。
休日もほとんど寝ていたため、使う暇が無く、
眼の下はくま、財布はふくらむという、とんでもない若者ぶり。

20代前半の女子が、神楽坂の料亭に行ったり、
怪しいオカマバーに出没。
飲む、打つ、買う?えっ?
バブルそのものの生活スタイルでした。

その後大変好みな男性と、脅迫まがいで結婚し、
気がつけば子供もすべて私を見下ろすほど成長してました。

毎日20キロも走っていたはずの私が、
今では職場とスーパーの往復でぜーぜーし、
お米など重いものを買う時は、一大決心をして出かける始末。

こんなことではいかん!
どげんかせんといかん!

ということで、少しブームは去りつつある「バランスボール」をゲット。
さして広くないリビングにはびこるボール。

邪魔でした。

大き過ぎます。

掃除機をかける時、イラッとします。

でも、家族も愛用しているので、私も過去の栄光を取り戻そう!
はたして効果はあるのでしょうか?

おばさんだって頑張っているんだぞ~!

ああ~若い女子がキラキラして見える。  羨ましい~!

SEMPOの曲

SEMPO
04 /24 2008
センポの台本を読み返し、雰囲気でみゆきナンバーを歌っております。
この歌を中島みゆきさんが歌って、CDを販売してくれないでしょうかね?

ヤマハ様!どうかご検討をお願いします。

とはいえ、無意識にでる鼻歌はなぜか・・・・

♪ 文句があるならかかってきな
   いつでも相手になってやる

♪ ハーゲンクロイツに栄光あれ
  第3国に光あれ

何故か苦手なシーンの歌ばかり口から出てきて、
音楽の不思議を感じます。

ところで、観劇中に気になったことを思い出しました。
舞台中心の巨大なセットを回転させるスタッフの姿。
お客に見えない様に、有り得ない低姿勢で必死にセットを回してた。

凄い早回しもあれば、ゆっくりもあって、
その彼等の目の前スレスレにキャストがはけたりして、
結構面白かったです。
名古屋、神戸も多分人力で回すのでしょうから、
腰痛にはご注意を!

名古屋でご観劇の方、ご報告を首を長くしてお待ちします。
行きたいナ~!

SEMPO東京千秋楽

SEMPO
04 /22 2008
終わりました、東京公演が・・・。

満開の桜をめでながらの初日が、瞬く間に深緑に変わった今日、
無事に千秋楽を迎えました。

顔なじみのさえメイトさんもたくさん集合し、
ロビーの花も色褪せて・・・・ああ~千秋楽だな~と。

新国立劇場の、いかにも威厳があるだろう!と言わんばかりの建物ともお別れ。

千秋楽と言えば、必ず何かある!
アクシデントも、アドリブも・・・。
舞台の神様が何かイタズラをする日。
でも、豊富な舞台経験者が多い今回のキャストはさすがで、
アクシデントは無かった・・・ようでした。

流石に、今回の観劇の中では今日が1番良かった印象です。
さえちゃんエバは着実に上手くなっており、
彼女を囲む多くのユダヤ人達がいとおしくてたまりませんでした。

湧き上がる感動を、涙を、必死でこらえていましたが、
最後のトランクをイス代わりにしてビザを書いている千畝が(吉川光司さん)
大粒の涙を流していて、素直にもらい泣き。

秘書官役?のグッシェまで泣いていて、
またもやもらい泣き。彼は挨拶の時も泣いてましたね。(田村雄一さん)

そのタイミングでエバが登場したから、さあ!大変です。
両親を無くし、素足で遥か彼方から歩いてきりしたので・・・・号泣!涙が止まりません。

でも、このあとは二人の間に息子が出来たんですね。
子供も一人ではなかったかもしれない。
センポが命がけで発給したビザのおかげと、
エバのあきらめない強い精神によってあの場所を離れられた。

エバは息子が成長するまでは生きられなかったけど、
家族を残せたのですね。


カーテンコールはおお盛り上がりで、
吉川さんのはにかむ表情がなんとも可愛らしく、
ミュージカルの先輩を随分たてているようでした。

吉川さん、初座長お疲れ様でした。

森名みはるさん、急な変更で大変でしたでしょうが、
可愛らしく、聞きやすい歌声と、
知的な奥様ぶりでした。

今拓哉さん、やっぱりさえちゃんと合いますね。
大きなさえちゃんをも包み込む大きく綺麗な手が頼もしかったです。
デュエットナンバー、聞惚れました。

沢木順さん(カイム)、あぜち守さん(ローゼンツ)この方々が登場すると、
必ずドキドキしました。怖いくらいの迫力でした。

そして彩輝さん。
なぜか悲しいくらいに女の子でした。
男役だった過去がまるで嘘のようで、
娘役を引き寄せて、キスをしたり、
デュエットダンスでリフトしたのは幻だったかのよう。

良い女優になりました!

私のSEMPOは終わりました。
名古屋も神戸もあるけれど、
埼玉県民としては、だいぶ遠くて諦めです。

これからご観劇の方、可能ならば複数回の観劇をお薦めします。
じんわりと、でも確実に響く作品でしたから。

良いミュージカルでした!

明日は千秋楽

SEMPO
04 /21 2008
今回の観劇は何故か申し込み時から腰が引けていて、
ファンクラブでの申し込みは、明日の千秋楽のみ。
3回目の観劇で私の中では1番舞台に近い席です。

初日と2回目は1階席のかなり後だった。
負け惜しみで言うのではありませんが、
舞台装置を見れば、後のほうが見やすかもしれません。
音の広がりも、後のほうが良いような気がします。

なんて、経験豊富なミュージカルファンみたいなことを言いましたが、
やっぱり彩輝さんを見たいので、
後では、目の回りが痛くなるほどオペラを見つめなくてはならず、
エバばかり追っていると、周りがどうなっているのかわからなくなり、
知らぬ間に、パパがいたり、ママを抱きしめていたり・・・・なんてことが起こります。

DVD販売がある予定なので、
周りのキャストの存在を声だけで感じ、
オペラを見続けたいと思います。

でも、明日はかなり前のほう。
さすがにオペラはいらないでしょうが、
オペラで見るさえちゃんがたまらなく好きなので、
どうしようかな?


遠くからオペラでさえちゃんを見る!


あれから3年過ぎようとしているのに、
まだあの日が忘れられない。

ラストデイ!

3時間以上もオペラを覗き続け、
その日を入れて2回目の生さえちゃん。
まだその日は、なんでここにいるのか?
どうして徹夜までしてオークションに向かっていたのか?
震えるような感情が何者なのか?
全く理解出来なかったあの日。

今でもオペラでさえちゃんを見てるのは、
その日に戻りたい願望かもしれない。
もしかしたら、今のさえちゃんを見ているようで、
いまだにトートを追いかけているだけかもしれない。

千秋楽前夜の興奮から思いもよらぬ考えにたどりつきましたが、
明日の夜は又違う思いなのかもしれません。

私には最後のエバに会いに(愛に)行きます。

ちょっと宝塚を・・・ねっ!

月組
04 /19 2008
22日にセンポの千秋楽が控えてますが、

本日スカステで、さえちゃんの番組の放送がありました。
ほんとうによく笑いますよね。赤ちゃんみたいですよね。

彩輝さんは何者なのか?

今だ未知数の感情と表情をお持ちの彩輝さん。
愛する娘のようでもあり、母のような暖かさもあり、
胸をキュンキュンさせる愛犬の無垢な眼差しにも似て、
しばし、画面を見つめる。
もう、降参です。


子供の日(5日)にムラの楽ですね。
スカステで覗くだけの羨ましい日々。

初舞台生のランベスウォーク。
さぞかし可愛らしいことでしょうね。

彩輝さんが、宝塚を離れた日からあと1ヶ月で3年。
段々私も宝塚から離れそうになってきている。
もはや、月組以外はほとんど観劇もせず、
日比谷はだいぶ遠くなってきた。

でも、繋がっていたい。
あの人の故郷だから。
愛する家族がいる場所だから。

そんな時に優しく微笑んでいる奏都くんがいる。

彩輝さんがトップだった時の最下級生。
黒天使の最下級生。

ミーマイで、初の新人公演を見る。
上級生が客席にいる新人公演。

どんな気持ちになるのだろう?
どんな事が起こるのだろう?

どうか、緞帳だけは気おつけて・・・。

SEMPOⅢ

SEMPO
04 /16 2008
2回目の観劇です。
本日は何故か寝ている人の隣に座る日のようで・・・。

電車の中では、左隣の女子高校生が私の肩にもたれてぐっすりと。
劇場でもやはり左隣の20代と見られる女性が最初から最後までずーっと寝てました。
何しにきたのでしょうか?
眠れる森の美女?かな。

ともかくそんな環境の中での2回目観劇ですが・・・・

ハッキリ言って、この作品はは2回(初日と千秋楽)だけで良かったかも?
3回は多かったと思ってました。
今日も実は止めようかな?と本気で考えてました。
しかし、元来の貧乏症の為購入したチケット代がもったいなくて、
劇場に行きました。
しか~し、初日は何故あんな感想だったのかと思うくらいじんわり染み込んできました。

なんと表現したら良いのか分かりませんが、
たとえるなら、スコットフィッツジェラルド?の夜はやさし?を読んだ時の感覚です。
たたみかけてくる感動ではなく、
もう一度読みたくなるような、そんな感じなのです。

もしかしたら、数十年後に1番印象に残っているのはこの作品なのかもしれません。
そんな印象でした。
派手さは無い。
話の展開も分かってる。
でも、ジワジワくる感動。
なんとも面白い作品です。
音楽が良いからかもしれません、よくわからないのですが・・・。

実は息子を相手にして、購入したサイン入り台本を読み合わせ、
息子をセンポ・杉原にして、それ以外を私が担当。
活字でのセンポを体験してからの観劇だったことも、感想の変化に繋がったかもしれません。

面白いのでお薦めです、是非やって見て下さい。

次回は千秋楽です。DVDの発売が間違いなさそうなので、
安心して見ていられます。


話は変わって、水戸黄門のリカちゃんご覧になりましたか?
私はウハウハしながら見てました。
結構彼女にあった役どころで、
ねずみを思い出しました。
頑張ってるな~月組トップは。
今度はさえちゃんに出演して欲しい!

今日はお世話になっているさえメイトさんに、あまみんのミーマイDVDをお借りしました。
私が見た事無い!を連発したせいで・・・ありがとうございました。
念願叶いました。

マホロバ~ヤマトは我が心のマホロバ

月組
04 /12 2008
職場から一目散に帰り、ハイビジョン放送の録画を見ました。

「マホロバ」「マジシャンの憂鬱」

良いわ~!やっぱり良いわ~!月組は・・・。

3年前までさえちゃんが居た組は違うわ~!

あさこちゃんの目、いいわ~!

ゆうひ君の目、とてもいいわ~!

奏都君のダルマ、最高だわ~!


センポの2回目観劇までの空白をバッチリ埋めてくれました。
ハイビジョンがまたいいわ!

お化粧の具合がとても鮮明で、
何ミリラインをひいているかまでよくわかり、
お肌のご機嫌もまるわかり。

でも映されている方は、神経使うでしょうね。
驚くほど突然のアップがあって・・・。

ショーも芝居も、大好きな作品です。
月組だからよけいに好きです。
次も期待してますよ!NHK様。


あまみんのドラマも始まりましたね。
期待どうりのスタートで、
難なく最終回まで楽しめそうです。

テレビも良いけど、いつかさえちゃんと舞台で共演して欲しい№1です。
いつの日か叶いますように・・・。

歌のお姉さんは日本一のエトワール

宝塚
04 /11 2008
突然ですが、元星組の娘役で先日「うたのおねえさん」を卒業した、
はいだしょうこさんの「スプーの絵描き歌」をご存知でしょうか?

にこにこや、ユーチューブなどでおお盛り上がりだったのですが、
すっかり削除されてました。

おかあさんといっしょのキャラクターの絵描き歌で、
彼女の絵があまりに恐ろしく書かれており、
彼女はこうゆうふうに見えるのか、
はたまた、天才的な芸術家なのか、
面白く見てました。

彼女の現役時代の歌声は驚異的で、
ベルバラ2001星組編のエトワールは、
宝塚歴代№1です。(大好き)
これぞ、エトワールだ!

さえちゃんとも同じ組の時代があったので、
時々お母さんと一緒も見てました。

こんなふうに取り上げられているのもかかわらず、
彼女のブログにはその絵のシルエットもさり気なく描かれているところに、
好感がもてます。(天然かな?)


昨日ズームインスーパーで放送予定だった、
吉川さんがインタビューを受けている部分の放送がカットされてましたが、
今朝流れてましたね。
初日の舞台を思い出しました。
約1週間が過ぎて、舞台の変化はあるのでしょうか?
生の舞台は成長し、進化し、肉付きがよくなったり、反対にシンプルになったり、
何度見ても良いのもです。
私の次回の観劇は水曜日。

今回の劇場はなんとも乗り換えが難しく、
日本一の乗降客がいる新宿駅で、
いとも簡単にトラップにかかり、
思いもよらぬ方向に進んでしまう難所です。

初日は頼もしいさえメイトさんに助けられて無事に劇場に着きましたが、
次回は一人で行かねばなりません。
なんとかたどり着ける様に、乗り換えのお勉強です。
高校生の時は毎週末新宿に遊びに行っていたのに、
今ではすっかりお上りさんです。

今夜から、久しぶりにあまみんのドラマもあり、
明日の朝は、マホロバ、マジシャンの憂鬱の放送もあるので、
少しウキウキです。

月に一度のエリザディ

宝塚
04 /07 2008
昨日スカイステージで、宙組のエリザを見ました。
初見でした。

退団後のずんこさんのコンサートに行った事がありましたが、
アンコールで「愛と死のロンド」を聞いて、
これが噂の・・・・・と思いました。

歌の決めというか、ここ!と言う場所にキレがある歌い方が、
さえちゃんと似ている。
エリザでさえちゃんに落ちた私としては、
この作品は特別な存在です。

「見たい!」と思っていた各組のエリザをこれで全部見たことになる。

奥が深いですね。

それにしても、ずんこさんのドクトル姿はすてきでした。
シルクハット姿は№1ですね。

生の舞台の再現は不可能だと思っています。
でも、このDVDを見て想像はできました。

2度と見る事は出来ない過去の舞台。
だからこそ、貴重なのだと改めて思う。

好みの公演も、イマイチの作品も、
見なくては分からない。

2回目はまだ先のセンポ。
今日は休演日だったそう。

OGエンターナビでセンポのお稽古場やさえちゃんのインタビューが流れてました。
「王様のブランチ」とはだいぶ違う、真面目なインタビューで面白かった。

センポは久しぶりの長丁場です、体調が心配です。
スタミナドリンクなど飲むかな?

頑張って欲しいので、スタミナドリンクでも差し入れしましょうか?
でも、劇場まで持って行くことを考えると・・・ぞぞぞ・・重いなー。

SEMPOパートⅡ

SEMPO
04 /05 2008
彩輝メール来ましたね、特典付きでDVDの販売をするとか・・・・?
昨日劇場で申し込まなくて良かった、危ない危ない。

センポのプログラムを読み返していたら、驚きの連続です。

私はさえちゃんの舞台以外は全く見ないので、
ミュージカルスターの顔ぶれがわかってませんでした。

出演者のこれまでの作品を集めたらとんでもなく大作ばかり。
なんとも贅沢なカステング~!いえキャスティング~なのでした。

さえちゃんのお母さんは、クリスティーヌで(オペラ座の怪人)
マリアで(ウエストサイドストーリー)
ベル(美女と野獣)である。

パパは、大河ドラマも舞台もこなすベテラン俳優だ。

しかも音楽は中島みゆきと来たら鬼に金棒なんですが・・・・ん~?


注  ここからはあくまで私個人の感想です。これから観劇の方はスルーしてください。





何なの?みーさん、はっきり言ってよ~の天の声がしたので、
これから見に行く方が多いのは分かってますが…・。

物凄くオブラートに包んで申し上げます。

「遅れても大丈夫ですよ!」

「2幕からでも大丈夫でしょう」

さえちゃんが見たいなら、全編をオススメしますが・・・・。


あれだけのキャストが活躍出来ていない感じです。
もったいないのです。
史実だから脚本が難しいのは理解できます。
でも、10年の構想だと言ってましたよね。

有り余る経験と技量の役者をそろえながら、はっきり言って今1つなのです。

物凄い大作に充分なし得る役者達を見ながら、
残念な気持ちがしてなりません。
1幕がね・・・。
あれれ~?って感じで、何とかならなかったのかと・・・。

まあ、1度見ただけですから、感想は変わるかもしれませんが。

SEMPO初日

SEMPO
04 /05 2008
「許してください、私にはもう書けない」  SENPO・杉原千畝物語

新国立劇場に行ってきました。

前回のプロデューサーズの初日とは又違った緊張感。
さえちゃんがまた新しい世界に踏み込ませてくれる。

今回はこの後に名鉄ホール、新神戸オリエンタル劇場と続くので、
あまりネタばれは良くないと思うので、程々にしておきたいのですが・・・・

しか~し!!

これだけは・・・・!

会場が暗くなり、お客が静まり返り、さあ!マエストロ・・・どうぞ!
指揮棒を振り翳した瞬間に・・・グラグラ???何?

地震発生!しかも長い。

開始が遅れるかと思いきや、そのまま続行。
なんともインパクトのある初日です。

ここからは、多少ネタばれですからご注意。

肝心のさえちゃんエバは…中々出番がまいりません。
台本30ページ目にようやく登場。
しかも、ジャワの踊り子ばりに可愛らしい場面。
コラ~待て待て~、アッはは、捕まえるぞ~!みたいなシーンです。

第1幕では、20曲ありますが、中島みゆきナンバーは、3曲です。
その内1曲をさえちゃんが歌います、今さんとね。
紛れも無く、中島みゆきワールドです。ご期待下さい。

主役の吉川さんの作曲も数曲あります、これも聞き応えありです。

全編にわたって、これでもかと劇団四季の凄さを感じさせる圧倒的な歌唱力。
音量の調節を願いたくなる声量です。
そして、急な変更にもかかわらず、完璧な森奈みはるさん。
さすが、元ジェンヌは凄かった。

正直な感想は・・・この作品の評論をするとしたら、賛否が分かれることでしょう。
かんたんに言えば、好き嫌いがはっきりしそうでした。
でも、宝塚を知っていれば、多分大丈夫だと思います。
もっと言えば、ベルバラのバラタン等を好まれる方は好きな作品かもしれません。(意味深)
突っ込みどころが多いと言う意味でも・・・。

ふざけた表現をしましたが、とにかく見て下さい。
劇場に来られない方も安心です。
DVD化が決定しているようで、ロビーで受付をしてました。
(6000円)

そして今回は、主要なキャストの直筆サイン入りの台本の販売がありました。
聞き耳を立てていたら、1回の公演でキャスト1人20冊の限定のようでした。
すでに吉川さんのは完売でした。
私はなんとか購入できましたが・・・。

でもこの数は後から増えるかもしれませんので・・・・。

ということで、プログラム代、1500円、
直筆サイン入り台本2000円、
DVD申し込み6000円、かかります。

それぞれご準備をお願いします。

さえちゃんエバは、いつもながら良い演技をしてました。
メリハリの利いたセリフと、
感情の入れかたと、
みゆきワールドを充分聞かせてくれました。

心地よい初日でした。
これから行かれる方・・・楽しんでください。

追記

オケボックスがあるので、4列目あたりが最前になるようです。(間違っていたらごめんなさい)
ちなみに、私は1階の1番後ろの席でしたが、
とてもよく見えましたよ。(すり鉢状なので)

世界をかえるのは私ひとり

さえちゃん
04 /03 2008
自分ではまだ2日のつもりですが、もう日付けが変わってますね。
明日は4日です。
「センポ」の初日です。

そうです!初日です!彩輝さんが今度はユダヤ人になりますね。

退団してからさえちゃんは、様々な国の人になってますね。

スゥエーデン人、イギリス人、白蛇の女王、韓国人、厨子王君、

日本人は、大道寺ゆかりちゃんと葵ちゃん、一文字楓ちゃん。

ワールドワイドな女優さんです。

歴史物に挑戦する彩輝さん。
これまた多いに期待できます。

いつものとうり情報を入れないで、観劇します。
先に本などを読むとダメなタイプです。

さあ、どんな役になっているか?
新国立劇場初日まで、あと1日です。

あと3日

さえちゃん
04 /02 2008
新年度のスタートです。

朝から凄い物が目の前に落ちてきた。
お隣のもの干し竿(ステンレス制)
私の目の前スレスレに落ちて、後一歩前にいたら直撃でした。
そしたら今頃・・・・大怪我をして病院か、はたまた命を落としていたかもしれない。

なんとも強烈な新年度スタート。

台風並の強風は桜達を強制的に散らせてしまい、
可愛いお嬢さんのスカートを巻き上げ、
ついでに、おばさんの髪型を爆発コントのようにして今だ吹き続けている。

いよいよ初日が迫って、新国立劇場周辺などを調べる。
なんだか電車の乗り継ぎがあまりかんばしくない。
電車の事はさえちゃん並に分からない私。

でも、さえちゃんがそこにいるのなら、
どんな事をしてもたどりつく所存です。

強風にも負けず、都心の複雑な路線にも負けず、
更年期を抱えた身体を鍛え、
メタボのウエストをもろともせず、
初日に向けて尚一層の残業をこなします。

舞台のさえちゃんを見る為なら・・・・。

センポまであと少しだけど

さえちゃん
04 /01 2008
昨日のサンジャポ出演は、あまり映らなかったようですね。
見逃した私も少しだけ気をとりなおして・・・。

X-JAPANのライブ関連のワイドショーなど見ていて、
10年ぶりのファンの気持ちが伝わり過ぎて、朝からもらい泣きしました。

長かったんだろうな~とか、
辛かったんだろうな~とかいろいろ・・・。

次から次へと公演が決まり、度々ファンミまであって
ありがたいことに、あの彩輝さんと握手まで出来る私。

それにくらべて、多分ファンミなどないであろうし、握手も皆無だろうし、
出待ちでお手紙も渡せないだろうXファンの方。
それゆえにカリスマなのでしょう。

ワイドショーを見ていたら、ライブの様子が見たくなり、
録画を再生したりして・・・・にわかファンに逆戻り。
年甲斐もなく、Xジャンプをして膝をやられました。

早くも明日から4月。
センポの初日まであとわずか。

物凄く話題性はあるはずなのに、イマイチ宣伝がおろそかな気がしてなりません。
ミュージカル界は激戦区です。
海外から次々と話題作が現れ、ロングラン公演もたくさんあり、再演の嵐。

今日に至っても、初日、千秋楽ともまだチケットが余ってました。
TBSも本気を出して宣伝して欲しい。
まだまだ公演を知らない人はたくさんいるはずです。

私は初日に観劇予定ですが、
初日に空席があるような公演はほとんど見た事がありません。
(退団後のさえちゃん出演作品ですが)

中島みゆきさんの曲をさえちゃんが歌う?はずですよね?多分。
センポ宣伝担当の方、全力でお願いします。

みー

宝塚歌劇団、元月組男役。
卒業生の瑞羽奏都さんの大ファンです。