FC2ブログ

本当にありがとうございました。

日々の事
12 /30 2007
今年もあと1日となりました。

イノシシ君とお別れの時間です。

このブログにおいで下さった方、

コメントを下さった方、

ほんとうにありがとうございました。!



私の仕事は今日が1年で1番忙しい日でした。

明日も出勤です。

家の掃除は夫と子供達が担当してます。

綺麗になった我が家に帰れる幸せ・・・感謝してます。

(でも、口に出しては言えないへそまがりです)


さえちゃんと歩んだ1年を考えると、

そこには、仲良くしてくださった、さえメイトさんがたくさんいます。

ただ、さえちゃんが好きということだけで、

とてもやさしくして頂いたり、親切にして頂きました。

一緒に泣いたり笑ったり。

人の暖かさを痛感した1年でした。

ひとつひとつの舞台にさえちゃんの思い出と重なる出会った方々との想い。


さえちゃんとさえメイトさん達に感謝してます。

どうぞ来年もよろしくお願い致します。


   どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。
スポンサーサイト

ユウヒ君の組替えⅡ

宝塚
12 /28 2007
昨夜遅く帰宅した娘に、「ユウヒ君がね・・・・」と話しかけた。

退団?

違うよ!花組に組替えだって・・・。

じゃ~、トップになるんだね、良かったね。

そうか・・・、花組に行ったほうが可能性が高くなるね。


あまたいるタカラヅカのOGをみても、

やはりトップで辞めた人のほうが断然有利だ。

退団してからのほうが長い人生だから、(専科以外ね)

金メダルを持っていくほうが良いに決まっている。

何年たっても、「タカラヅカのトップスター」は健在。

そう考えれば、ユウヒ君は栄転だ。

花組のカラーが少しづつ変わろうとしている。

何があっても、ダンスダンスの花組から、

ビジュアル重視になる気配。

まとぶん、ユウヒ君、そう君。

しかも、ねねちゃんまでいれば鬼に金棒かもしれない。

星組出身のまとぶん、月組オンリーだったユウヒ君、そしてスノーマンのそう君。

これからの花組は、毎回TCAみたいな舞台。

今は、宙組もそんな感じだけど。

こうなったら、組なんか無くして、

作品ごとにオーデション。

あるいは、主演者はジャンケンで決めて、

その人が共演者を決めたらいい。

なんて、そんなことしたらめちゃくちゃだな。

ともあれ、次の花組お披露目公演は、出向かなくては・・・。

久しぶりの騒ぎに、わくわくしてるのも事実です。

ユウヒ君の組替え

宝塚
12 /27 2007
驚き!

大空ユウヒ君が・・・なんと花組に・・・。

なんで?何がしたいの?歌劇団。

今更武者修業なの?

もう充分男役出来あがってるよ。

誰より男の色気とハートを持っているのに・・・。

年の瀬に、ムチャしすぎの歌劇団。

この日付けじゃ、大劇場で組替えの挨拶が無いってことですよね。

これじゃ、あさこちゃんと同じじゃないですか。

あさこちゃんの時に組長が言っていたじゃないですか。

せめて組子の揃っている所で、挨拶させたかったと。

ミーマイの後じゃいけなかったのでしょうか?

まあ、花組の事情は察するけど、

ユウヒ君じゃなくてもいいじゃないですか。

「ミーマイ」は残念なことになりそうです。

ゆうひ君のいない月組なんて、なんの未練もありません。

(ごめん、かなと君がいました)

あ~!もう、なんでよ~!

さえちゃんのルドルフだったんだぞ。

さえちゃんが月組を見にいってもゆうひ君が居ないのでは、

淋しがるじゃないですか。


衝撃の人事移動。

「花組の大空祐飛です」になるんだな。

月組生としての最後の公演観たいな。



さえちゃんとの1年

さえちゃん
12 /27 2007
年末らしく、べートーベンの第九などを聞きながら、

年賀状を書いたり、今年通った舞台のチケットなどを眺める。

まったく「どんだけ~!!」なチケットの数。

貧乏人らしく金額の計算をしてみると・・・・。

ぎゃ~!こんなに~!

これは、決して家族に明かせない金額だ。

密かに懺悔せねば。


今スカステで、「ラストデイ」を放送している。

やはり本編は前面カットで、入りのあとすぐさよならショー。

これを生で見たなんて、嘘みたい。

5月22日。

2階の立ち見席から、慣れないオペラを見つめ族けたあの日。

あの日から2年半。

今年はさえちゃんの主演作もあったし、

たくさん舞台も見れたけど、

事務所移転は衝撃でした。

どうなるのか、不安な日々。

でも今となってはそれも良い思い出。


大晦日まで仕事ですが、

さえちゃんんもプロデューサーズのお稽古をギリギリまでやっているはずなので、

それを励みにします。

ちょっとだけ、大掃除のまねごとでもしましょう。

メリークリスマスⅡ

さえちゃん
12 /24 2007
久しぶりに「0093~」のブログを見たら、

なんとこんなお知らせが・・・



秋田の皆様、お待たせしました!

2008年2月9日~11日まで開催される

「あきた十文字映画祭」に

「0093女王陛下の草刈正雄」が招待されました。

上映日は10日午後の予定です。



秋田県は素晴らしい!

明日は、秋田県に感謝を込めて、秋田名物など食しましょう。

多分上映日は雪模様でしょうが、暖かくしてお出かけ下さい。

どんな映画祭なのでしょうか?

他の招待作品はなんでしょう?

出来る事なら秋田まで行きたいところですが、

2月10日は、「プロデューサーズ」観劇日なので・・・残念!

素敵な映画祭になるといいですね。

メリークリスマス Ⅰ

日々の事
12 /24 2007
  メリークリスマス  

きよしこの夜はいかがお過ごしでしょうか?

大勢で過ごしている人も、1人の人も、素敵な聖夜になりますように。

オサダさん、卒業おめでとうございます。

コムちゃん卒業から1年ですね。

来年はイブの卒業は無いといいのですが・・・。

今年も残りわずかとなりました。

わ~大掃除しなきゃ~!

歌劇団のホームページ

宝塚
12 /23 2007
宙組の組長が退団。

ただ、ただ残念です。

それってどうなの?出演から大好きでした。

タカ花コンビのラストデイの組長挨拶が思い出されます。

長いタカラヅカ生活にピリオドを打つ瞬間は何なのでしょう。

何度も「退団」を考えて、思いとどまった時と今度はどう違うのか?

誰も変わりなんかできない。

上級生がガラガラの100周年なんて、どうするのだろう。

専科のお姉さんも次々退団してるし。

大きな土台が傾きかけてる。


嫌なことを思い出す。

松竹歌劇団の解散当時の事を・・・。

年功序列でもっとお給料を上げてください。

何十年も辞めないご褒美をもっとあげてください。

あ~あ、宙組観劇の楽しみが又減りました。



春野寿美礼さんの黒蜥蜴

宝塚
12 /22 2007
「黒蜥蜴」がムラで上演されていた頃、

オサダさんの御贔屓ブログを見てみたら、

あまり良い印象ではなかった。

他の作品は絶賛していたので、そうとうつまらない作品なんだろうと思った。

月組の「暁のローマ」のこともあって、東京に来ても見なかった。

あの、キムシン先生だし・・・。

でも見れるなら見ましょう!

ということで、見ました。

良いじゃないですか!面白いじゃないですか!

タカラヅカニュースで見た、こまぎれの映像と話しがつながった。

これはテレビだからいいのでしょうか。

それとも適材適所の配役だからでしょうか。

私が知る限りのオサダさんの作品では№1です。

やっぱりオサダさんはスーツが良い。

クリスティーヌは???と思ったあやねちゃんも、

これが彼女のお披露目なら良かったのでは?と思う。

押し花を受け取った彼女の気持ちがしみて、思わず涙。

オサダさんの最後のセリフが実に良かった。

「小林君、待たせたね、行こう」

これなら、美輪さんも文句はあるまい。

タカラヅカらしい、黒蜥蜴。

あと2日、頑張って下さい。

最後の公演も見たかったです。





タカラヅカ祭り

宝塚
12 /21 2007
昨日は「スッキリ」でタカコさんを眺めていて、危うく遅刻しそうになり、

昨夜は「とくばん」でアクア5を見て、昼に録画した「ネバーセイ~」もあり・・・。

民放なのに、スカステ?状態。

やはり華やかなジェンヌは年末にはふさわしいのかな?

さえちゃんがトップの時だったらと考えて見た。

まずネーミングが違うな。

アクア5→彩(アヤ)5 ゴロが悪いな。

メンバーはさえちゃん、きりやん、ゆうひくん、さららん、みっちゃんかな?

いいな~!この顔ぶれ。

それにしても、すみれコードはだいぶゆるくなったのかな?

話しの内容もだし、キムちゃんの発言「ヤンキー」・・?

まあ、ヤンキーを他の言葉で言うのもむずかしいけど。

スカステの旅番組の中でも、娘役が食べている所が一瞬映ったし。

個人的には謎だらけの女の園が好きなのと、

時代に合わない古めかしい唯一の集団を守り続けて欲しい。

堅苦しいすみれコードは、もはや貴重品だ。

少しずつの変化でも100周年を過ぎる頃には、

かなり変わってしまう可能性がある。


可愛くてカッコイイ人が活躍出来る場は、益々増えていくから、

堅苦しい劇団は希望者が減るかもしれない。

でもね、私は変わって欲しくないのです。


私はタカラヅカが大好きです。

生徒全員がトップになって欲しいです。

専科のお姉さんがこの上なく好きです。

ガチガチのすみれコード、続けて欲しいです。(勝手です)

プレミアの巣窟

さえちゃん
12 /20 2007
番組の予想は、情報番組の中で、

録画によるプロデューサーズの記者会見などが流れる感じかな?と思っていたら、

ゲストとしてさえちゃんがスタジオに登場。

こんな感じの番組とは予想だになく、座り直してしまった。

グリーン基調の半袖のワンピース姿。

チョーカーのような黒のキラキラしたネックレスをして、

髪型は、サイドをたくし上げて後でとめた感じ。

ん~、ウーラを意識したファッションかな?

胸元が妙に気になる。(開いている訳では無いのですが)

すでにバストはウーラ仕様になっていました。(ファンミの時よりボリュームアップ?)

初演の映像が流れていて、さえちゃんのアクロバットシーンや、

衝撃のキスシーンも・・・・。

これ、下さい!

ちゃんと映像があるんじゃないですか!

フジテレビ様、是非販売してください。

プロデューサーズのDVDを、売ってください。

たとえ、某歌劇団のように10500円しても、

アマゾンでは買わずに、ちゃんとフジテレビで買いますから・・・お願いです。


さえちゃんの現役時代の1番の思い出が運動会で1番になった事だと言われ、

(番組のお姉さんが原稿を読む感じで言われてました)

思わずアマノさんから突っ込まれてました。(舞台じゃないのかよ~)

さえちゃん照れ笑いでした。

そしてデジキシンの写真集とDVDの紹介まであり、

私の中では・・ん~よしよし、凄いんだゾ!と思っていたら、

少し映像が出てました。

「背中の生地が足りない?」赤のドレスシーンで言われてましたね。


プロデューサーズの爆笑秘話は?ほとんど無いに等しく、

さえちゃんの運動会や、写真集の話しなど、

これで舞台の宣伝は大丈夫かしら?

多分大丈夫ではないので、この情報番組の第2段を放送した方が良いでしょう。

あと5~6回は必要でしょう。

さえちゃんとジャニーズ編、さえちゃんと岡幸二郎編、など・・・。

また、プロデューサーズファンは全国にいるので、

全国放送が良いでしょう。


私が1番再演して欲しかった舞台。

夢が叶ってしまい、年末ジャンボは諦めます。

諦めますから、ねずみをドラマ化して下さい。

カシオのCMも復活してください。

近所の電気屋さんで、1枚だけさえちゃんのポスターが残っています。

駐車場の暗いところのさえちゃんが不敏です。

王子様

瑞羽奏都
12 /18 2007
15日は、さえちゃんのファンミの他にも嬉しい事がありました。

帰宅後ポストをのぞいたら、先日のお茶会の写真が届いてました。

このブログのプロフィールにもありますが、

月組の瑞羽奏都君のファンでもあります。

エリザで黒天使の最下生だった彼は、

何度もさえトートの周りに現れており、

しかもさえトートを担ぎ上げてました。

ロケットではセンターで活躍し、

新体操で鍛えたバランス感覚を存分に生かした魅惑のダンサーです。

さらに、「ハローダンシング」にて魅力が増し、

密かに、ファンレターを送り続けていました。

さえちゃんを知ったのは、退団直前でしたので、

現役ジェンヌに手紙を書いたのは、かなと君が始めてです。

そして今回東京公演中に始めて「お茶会」が催されました。

コロコロ笑って、お目目をくりくりさせ、

照れながら、「はい!」「ありがとうございます!」の言葉。

もう、初々しいったらありゃしない!

まさに、私の王子様。

そのときのツーショット写真が届いたのが15日でした。

さえちゃんの舞台写真と、かなと君の写真を並べて、至福の時。

でも、かなと君の隣には、野獣のような私。

「王子様と野獣」です。

自らのみにくい姿を鏡で見たガマが、

脂汗を流した伝説は多分本当でしょう。

(茨城県の筑波山に伝わるガマの油売りの口上です)

私もガマの様に己の姿に汗をかいてます。


タカラジェンヌだけでも400人以上いるのに、

なぜか、かなと君が好みです。

不思議と惹かれる理由を考えながらも、

理屈ではない何かがあるようです。

次回はバウホールでの「ホフマン物語」に出演。

でも、バウは遠いです。

次の月組公演「ミーマイ」まで我慢。

さえちゃんは、女神様。

かなと君は王子様。

なんか絵本が作れそう!






ファンミの余韻

さえちゃん
12 /17 2007
ファンミーティングのことが仕事中に甦り、

一人でニヤケながら時々「ん~」とか「あはっ!」と言っていたようで、

「みーさん、背中でもかゆいんですか?」

「みーさん新婚さんにみたいに幸せそうですね」

まさに新婦の心地です。

社長の急な来社に、周りの社員はドキドキハラハラしてましたが、

私はと言うと・・・・「そんなの関係ね~!」とばかりに、余裕シャクシャク。

社長の来社が今日で良かった。


ファンミで購入した舞台写真などを眺めながら、

デレ~としています。

今、目の前に大きな落とし穴があっても、

多分笑顔で落ちるでしょう。

さえちゃん、あなたは本当に罪なお人です。


今日NHKで、「飛鳥夕映え、タカラヅカ絢爛Ⅱ」の放送がありましたね。

明日の深夜、フジテレビでの放送も楽しみです。

しばらくは、テレビで我慢です。




そうでした!ファンミで、傍の方がさえちゃんに質問をしてくださったおかげで、

さえちゃんはずーっとこちらを見ながら答えてくれました。

その瞳が忘れられません。

いつまでもそのひとみをみれます様に・・・。

今日からは・・・

日々の事
12 /16 2007
私の楽しみの間に、長らく怠けて居た我が家の清掃をと、

休日ながら早めに起きました。

昨日の、この世での最高の極楽を味わった余韻もあり、かたずけを始める。

一人ひとり次々と起きてきては、何やってるの?と言う。

私のハリキリ具合に「お母さん、よかったね~」と。

うん!ありがとう!

昨日は、ただの「みー」でした。

母でもなく、妻でもなく、会社のみーでもなく、

大好きなさえちゃんの事だけを考えた1日でした。

ファンミでも、周りの方とさえちゃんの事を話し、

可愛らしさを共感した夢の時間。

今日から来年の2月まではさえちゃんの舞台もお休みなので、

怠け過ぎた主婦業復活と、

会社での御局ぶりも発揮し、

ダラダラ昼寝なども交えながら、

少しちゃんとした生活をせねばならぬ。

さえちゃんが久しぶりに「なめこの味噌汁」を作ったそうなので、

私も頑張らねば。

ということで、子供がいる12月といえば行く所は、ただ1つ。

そう、トイザラスだ。

ラッシュの池袋駅並のエスカレーターで向かう店内。

少子化など想像もつかぬほどの、大量のお子様軍団。

お父さんサンタは大変だ。

自分の少ないこずかいを悲しみつつ、我が子のプレゼントを買ってあげる。

でも、嬉しそうな笑顔。

決して安くないおもちゃ達は、これでもかと主張し、

子供の憧れの眼差しを受けている。

私も類にもれず、息子にプレゼントを買った。

夫とレジに並びながら、なぜか幸せ。

普段なら、5円違う野菜も悩むのに、

数万円もするゲームも買ってしまう。

買ってやれる子供がいる幸せをかみしめる。

今年も元気な子供がいる幸せを感じる。

親って本当に馬鹿です。

でも、その馬鹿を多分続けていくのでしょう。

来年も、10年後も、ずーっと。

ファンミーティング

さえちゃん
12 /15 2007
今年最後の彩輝さんに逢える日。

日の出桟橋から、シンフォニーにいざ乗船。

今日の司会進行は、竹下さん。(やった~大好きなお方)

さえちゃん、にこやかにご登場です。

今年の舞台のお話から・・・

ニッセイ公演の話は結構長くしてましたね。

主演の筧さんのパワフルなことやら、

アクションや、ダンスシーンに参加したいな~とそでから見ていたと。

出演者の急な交代により、皆が団結したり、ハロプロメンバーの頑張りが凄いと感じたとか。

あとこのセリフは大丈夫なの?と心配だったのが、

「日本のトップスターよ!」と、

「紅白だって私等在日がいなかったら成り立たないじゃない」

これは、NHKの放送なのに大丈夫なのか?と思ってたそうで、

やはり放送コードによりカットになってましたね・・と。

司会の竹下さんが黒木メイサちゃんは、宝塚に入ればよかったのにネ、と言うと、

まだ19歳なのにしっかりしてる、とさえちゃんも絶賛してました。

「暗くなるまで待って」は、オードリーのイメージが強過ぎて、

中々抜けなかった事や、ロンドンの町のイメージトレーニングもしたそうです。

ほとんど初めての夫婦役も、

演出家から、キスシーンは恋人ではないキスをして欲しいと言われたそうです。

「何が違うの?」と結構面白そうに話してました。

そして盲目の役は、「アクロ」をしてなかったら出来なかったかもしれないと。

たくさんのアザや、多少の怪我もあったけど、それで落ち込むようなことは無かった。

定期券を買ってお稽古に通った話は、何度か同じホームに出てしまい、

私はどこに行こうとしてるのか・・・。(私も今日反対方向に行きました)


「ねずみ」は、さえちゃんはだんだん少年になってきてる!と思ったそうで、

あの大地様に抱き付いたりして・・・凄いですよねなんて言ってました。

渡辺さんは、さえちゃんにいろいろちょっかいを出したそうで、

なんだか子供扱いされたと喜んでました。

2回の30分休憩中も、着物を脱いでホッとする間もなく、すぐ着替えていたそうで、

とてもハードな公演だったようです。

男物の着物は慣れていたが、女性の着物は大変で、

共演者の川崎さんや、マナカナちゃんと食事をしたことやら、

ショーのミラーボールは、知らなかったことなども話してました。

大地さんに声がかかるマネをしてくれて「だいっち!」「まっお!」なんてやってくれました。

流石!明治座だななんて感じたようでした。

そして来年の舞台の話しもしてました。

ウーラにまた逢える事の喜びや、再演に対しての意気込みなど・・・。

センポの役柄を話したのは、サプライズでしたね。

「イイのかな~?どこまで話していいのかな?」なんて言いながら。

そして1番印象に残ったのは、

さえちゃんはいつも清らかでいたいと言った事。

汚れるのは簡単だけど、清く・・居たい。

大地さんの結婚話しから、さえちゃん自身の結婚については、

「全く考えてない訳ではないけど、縁ですからね~」

ファンに「良い人が居たらよろしくおねがいします」なんて言ってました。

今は仕事一筋みたいでしたね。

やりたい事が山の様にあるのでしょう。

人妻になるのは、まだまだ舞台だけかな?


「清らかでいたい!」言いきったさえちゃん。

とてもたくましく見えました。

私が惹かれる1番の魅力はここなんです。

可愛らしいパンダちゃんみたいな目をして握手してくれたさえちゃん。

そのとき涙が流れましたが、すぐ拭いて、

他の人との握手をずーっと見てました。


あなたが居るから、まだまだ生きていけます。

心の中でずーと拝んでました。

こんな言葉では決して満足ではありませんが、

さえちゃん!ありがとう!

はじまりはじまり・・・

さえちゃん
12 /14 2007
気づいたら明日はファンミです。

ウィズユーのホームページが出来ましたね。(良かった良かった)

仕上がり具合も彩輝さんにちょうど良い感じ。

あまり出来過ぎても・・・彩輝さんじゃない感じで、

ベ・ス・トです。

会社のその他の仕事内容は?

なんか面白い会社です。

明日は陸地を離れて、彩輝さんと共に新しい船出に参加します。

1年を振り帰りながら、自分とさえちゃんとさえちゃんを好きな方と、

船に乗れない方々の想いも持って、

東京の師走の風景を楽しみたいと思います。

寒い海風も全身で受けたいです。

素敵なさえちゃんの様子を、しかと胸に刻んで、

又、新たな年に向かっていきたいです。


昨日の職場の大宴会の余韻も引きずりながら、

明日のファンミだけを楽しみに暮らしてたここ数日。

待っている時がたまらなく楽しい。

職場でトラブルがあっても、

システムが大きく変わっても、

「大丈夫、大丈夫!」と言う私がとても不思議だと後輩に言われる。

身体の様にふところが大きいと言われる私。

全部さえちゃんのおかげなんだけどね。


では、明日!

黒崎教会

日々の事
12 /11 2007
あなたはどんなジャンルの本が好きですか?

私は一応ベストセラーの本は眺めますが、

大好きなのは、宮部みゆきと、今更ですが遠藤周作。

遠藤周作のぐうたらぶりがいたく気に入り、

毎晩睡眠のお伴にしています。

その彼の小説の舞台になった場所に突然行きたくなり、

25年ぶりに飛行機に乗り長崎に行こう!と決心しています。

埼玉から移動距離は実に1300キロ。

もはや外国に行く気分です。


目的池は、「黒崎教会」

レンガに魂を込めてひとつひとつ積み上げたなんとも郷愁あふれる教会です。

私は信者ではありません。

七五三は明治神宮で、結婚式は式場の神前、お寺めぐりもする。



でも最近のダヴィンチコードなどの影響もあり、

遠藤氏の作品にもかなりキリストのことが描かれ、

大変に興味が出てきました。

人生の半分くらいの時期になるまで、

牧師と会ったこともなく、

もちろん話も聞いた事がありません。

吹き出したくなるようなお坊さんには何回か合いましたが・・・・。(失礼)


これまでの数え切れない悪事や、いつまでも続く○態ぶりを、

少しでも清められたら、まともな人間になれるでしょう。


春先に行く予定です。

あ~でもセンポがあるんだった!

ああ~仕事もしてたんだ~。

一応主婦だったんだ~。


だめだ!こりゃ!(ドリフ世代ど真ん中)

なんとかして・・・行きたいな~。


800チャンネルのファントム

宝塚
12 /08 2007
昨夜ハイビジョン放送の花組ファントムを見ました。

東京の千秋楽の様子。

あやねクリスティーヌは始めノドをやられたのかと思うほど、声がキビシイ。

これが、ファントムに出会う前としての役作りなら凄いけど・・・。

しばらくして・・・ん~どうでしょうか?

役作りと言えばそのような、でも購入したDVDはもっと伸びの良い歌声に聞こえたけど。

(ごめんね!娘役には厳しいのよ)


かつて宙ファントムを見て、(スカステで)

度肝を抜かれたみーとしては、花組のファントムはハナっから演じる側も、見る側も、

相当キビシイと思っていた。

宙ファントムを生で見る機会が無かったので、

作品に惹かれて観に行った。

でも恐るべき事が起こった。

実況CDとDVDを買っていたのである。

宝塚観劇初の事です。

あのエリザでさえ、劇場ではCDしか買わなかったのに・・・。


おさださんはただただ泣いてました。

言葉に出来ないたくさんの想い、そしてゆみこちゃんが雪に行くことに。

ほんとうにエリックになってしまったかのように。

おさださんを支える大きな力が又減った事に。

花組を支えるには、周りが寂し過ぎたのかもしれません。

カーテンコールのおさださんはとても淋しそうで、

孤独に見えました。

もちろん周りの組子もが頑張っているのでしょうが、

おさださんの孤独は、だれも代われない大きなものでしょう。

あと少し、もう少しで、大きすぎる山から下山できます。

トップとしての山頂は、強風が吹き、冷たく、険しかったことでしょう。

今、九合目にいるまとぶんにゆずって、

暖かく、穏やかな、平地にお戻りなさい。

退団後は、念願の「レジ打ち」を出切れば良いですね。

告白

日々の事
12 /06 2007
昨日の事です。

職場では昼休みになり、私と26才の男性社員二人きり。

「あの~俺、みーさんが好きです」

「えっ何?」

「みーさんが好きです」

ひゃ~~!

私には夫がいますのよ!子供も3人、それに果てしない住宅ローンも・・・。

「みーさんは旦那の携帯見たりしますか?」

「ノー」

「みーさんは飲みに行った旦那を怒りますか?」

「ノー」 

私のほうがしょっちゅう出かけてる負い目があるので・・

「みーさんは嫉妬しますか?」

「ノー」 

だってさえちゃんに夢中だもん。

「そうゆうところが好きなんですヨ、今の彼女うるさくて嫌なんです」


な~んだ、恋愛相談か?少し残念。


「その彼女なんか趣味はないの?」

「全然ないんですよ、なんか見つければ良いんですけど」

「宝塚見学なんてど~お?」

「え~宝塚ですか~あっはは!そんなんで変わりますかね?」

何を言っとるんだね、君は・・・まともな女なら必ず影響があるはずなのだ。

「なんかちょうどクリスマス頃に別れそうな気がするんですよね、俺がもたなくて・・・」

「そうなの?、じゃおばさんが好きになったと言って別れれば?」

「そうか~良い考えですね」


もう、勝手にやってくれたまえ!

たくさんの恋を経験して、立派な男性になってください。

おばさんは告白かと驚いたではないか。

新入社員の頃から知っている彼は、中々良い男で、皆が狙っている。

私はなぜか彼と馬が合い、よく話をしている。

そんな訳で、もしかしたおばさん好きになってしまったかと、本気で驚いたのに。

まあ、仕事以外ではこんな様子の良い若い男性と、親しくする事はないので、

多少の事は目をつむりましょう。


あ~あ驚いた。

FNS

宝塚
12 /06 2007
ジェンヌを見る為に、FNSを見ましたが、

久しぶりの歌番組は面白い。

今年の歌はまるで分らず、でもサビになると「聞いた事ある!」

いかに歌番組が少ないか、民放を見ないかがありありと分る。


秋川さんとジェンヌは良かった。

秋川さんと並ぶと一段とお顔が小さくなり効果絶大。

「千の風に~」は何といってもあやの先輩の歌声が1番なので、

出来ればあやの先輩だけで聞きたかった。

大きい声では言えないけど、「千の風に~」は声を張り上げ歌い上げる曲ではないと思うし、

女性のソプラノがふさわしい。(個人的な好みですが)

黒木さんはみーより年上のお姉さんですが、

おでこの光り具合まで可愛らしい。

隣に大地さんがいればもっと良かったけど・・・。


雪組の皆さんは最終の新幹線でお帰りになったのでしょうか?

連日の歌番組出演は、ヅカファンの数を増やしたでしょうか?

見慣れているファンはどうしてもドキドキして、

しばらく離れていたファンはなつかしさを感じて、

初めて見る人は「へ~!」


年末の忙しさを大分和らげてくれた宙コンビ、雪組、かなみ先輩。

ありがとう!楽しかったよ!

新たな舞台とスターの小部屋、そしてNHK

さえちゃん
12 /04 2007
「SE・M・PO」決まりましたね。

主演者が未定?前代未聞の発表ですが、中島みゆきさんの音楽なんて豪華です。

「おっぺけぺ」から妙に気になる愛華みれさんはお初です、嬉しい!

今拓哉さんは、「暗くなるまで~」も劇場に来てましたね。

ミュージカルは久しぶりだし、歴史的にも有名なお話で、(実は知らなかったけど)

色々な人が見に来そうな舞台だし、

さえちゃんの仕事の幅が大きく広がるといいな。

この題材もNHKで取り上げられる可能性が高いから、放送もあるかも??

「黄金の刻」「何日君再来」「女ねずみ小僧」すべてNHK。

でも、新国立劇場なんて・・・どうしましょ?

私なんぞが立ち入っても良い場所でしょうか?

ウーラちゃんの次の作品・・・じっくり落ちついた作品になりそう。


そして、昨日のスターの小部屋から

さえちゃんのダルマ姿が見れました。

初めて見た、衝撃のシーン。

りっぱでした、実に御立派でございました。(ぷるぷるでしたね、お胸が・・・)

デジキシンを初めて見た衝撃を思い出しました。

ぶんちゃんとのトークも面白くて・・・ぶんちゃん凄い髪でした。

まりこさんのラッチマン姿、なんて素敵!

ターバン、万歳!

何回か星のダルレークは見てますが、

WOWOWはカメラワークが違うので、新鮮でした。


そしてさっき見た、NHK歌謡コンサート。

演歌の大御所小林さっちゃんとアクア5。

面白い並びで、このまま紅白に出演して欲しい。

ミズトップさん、なんか綺麗になりましたね。

ゆみこ姉さんの歌になるとなぜか安心し、

キムちゃんの弾ける笑顔に、素晴らしいDNAのひろみちゃんの可愛らしさ。

かなめちゃんは・・・美人で・・・。

NHKは、エライです、これからもどしどし出して下さい。


今、4月の予定を考えてますが、まだ先すぎてどうしたらいいのか?

でもすぐ来ちゃうんですけどね。

どうしましょ?皆さんは、いかがですか?

なんてことなの?なんて可愛いの?ウーラちゃん

さえちゃん
12 /01 2007
キャ~!この麗しい方は、だ~れ?

1日何もせず眺めていた~い!

ウーラちゃんが再びお目見えですね。



可愛い!すっごく可愛い!ものすごく可愛い!

どうしてそんなに可愛いの~!・・・バタッ・・。(ほんとうに倒れそうです)

ヤフーニュースでウーラ様が拝めますよ。

本当に待ってましたプロデューサーズの再演。

1番見たかった舞台の記者会見があったようですね。

どうか、マスコミの方、精一杯宣伝してください。

というかマスコミになりたい。

こんなさえちゃんをバンバン写真にとれる職業が羨ましい。

近い場所で見れることが羨まし過ぎる。


真央様風の啖呵

てめーら、分ってんだろうな!

こんな可愛い姿を仕事だからといってタダで見られるんだからよ、

ちゃんと拝みな!

カモシカのような脚や、プルプルの胸元ばっかり見てるんじゃねーよ。

ちゃんと話を聞けっつ~んだよ。

小判まいちゃうぞ!


ついついみーの本音を言ってしまいました。

これは、借○してもチケットを追加しなければ。

いやいや、彩輝ファンは清くなくてはいけない。

借○などとんでもないこと!

馬車馬のように働きます。

正しく美しいお金でチケットを買います。(これでよしと)

あ~ウーラちゃん。

あなたは、私の労働力の源です。

ねずみで隠れていたおみあしも、胸もたくさん拝める幸せ。

決して変○ではありません。(たぶん)

今夜はウーラの夢を見ます、必ず・・・。





みー

宝塚歌劇団、元月組男役。
卒業生の瑞羽奏都さんの大ファンです。