FC2ブログ

晴れ姿

宝塚
10 /31 2007
さえちゃんの大切な同期生のじゅりぴょんが、

昨日結婚式をしたそうです。(ブログに花嫁姿も披露)

可愛い~花嫁さんです。

披露宴はしたのかな?

さえちゃんも出席したのかしら?


いつの日かさえちゃんも花嫁姿を見せてくれたら・・・なんて。

花嫁の父の心境になりそうですが・・・。

おめでとう!お幸せに!
スポンサーサイト



ねずみのお稽古

さえちゃん
10 /30 2007
昨夜のOGナビに、ねずみのお稽古場が少し映っていましたね。

さえちゃん、かた膝立てて、「親分~!」と言っていた?かな。

3人のシーンが結構たくさん映ってましたって、スカステだから当たり前ですね。

前回のOGナビで取り上げていたから、今回は無いかなと思いきや、

1人づつのインタビュー付き。

おまけにチケットのプレゼントまで・・・・。

インタビューでは、さえちゃんが久しぶりの黒を着てました。

スカートは白地の柄物かな?(お座り状態なので少ししか見えず)

まさかお稽古の様子が見られるとは思っていなかったので、

深夜にもかかわらず、雄叫びを上げてしまいました。

だいぶ延びた髪をクルクルさせて、

カメラ目線でのインタビュー。

「あ~、さえちゃ~ん、ますます綺麗になってるね~」

あんな笑顔で、「見にきてね~!」なんて・・・。

さえちゃんの笑顔のおかげで、

チケットを追加したじゃないですか。

罪な人だ、彩輝さん。

あなたのねずみ姿を見る為に、明日も身をこにして働きます、全然苦になりません。


明治座、初参戦。

毎回違う劇場で、ハラハラしながら、東京劇場巡りを楽しんでます。

もうすぐですね!初日。

秋のすみれ

宝塚
10 /29 2007
今日は春野さんの退団の日でしたね。

ムラでの入りは、白い御神輿に乗ったそう。

まとぶんさんから、目には見えぬ表彰状とメダルを貰ったもよう。


2005年のエリザを知った時の最後のトップさんの退団。

ファンは涙にくれているのでしょう。

しばらくは、燃え尽きたような感覚でしょうね。

本当に辛いのは、次のトップさんのお披露目公演でしょうね。

開演アナウンスで、どうしようも無く涙が出た思い出があります。

「あ~本当に辞めたんだ~」とね。


明日のニュースは朝から泣きそうです。

あさこさんにとっても、辛い日だったでしょうね。

東京から無事を祈ったのでしょうか?

私は残念ながら見れませんが、どうかお元気で最後をお迎え下さい。


オサダさん、トップになる前後ご苦労が多かったので、

1番いいのは休演者が出ない事ですね。

素敵な歌声と、個性的な演技、くしゃくしゃな笑顔、

忘れませんよ、お疲れ様でした。

好きだからこそ・・・パートⅡ

さえちゃん
10 /27 2007
昨日のブログにて、さえちゃんの事務所について私の考えを述べました。

それについて、本当にたくさんのご意見が寄せられまして、

残念ながらお一人づつお返事ができませんので、

今日お返事を兼ねてのブログにさせていただきます。

申し訳ございません、ご了承下さいませ。


私も芸能人のファンクラブに正式に入会するのは初めてのこともあり、

彩輝さんがジェンヌ時代はほとんど生の舞台を見た経験も無いに等しいので、

詳しい方からのご意見は参考になりました。

私は学生時代に知り合いに頼まれ、ある有名人のファンクラブの結成のお手伝いをした事がありました。

もちろん彩輝さんとは全く違うジャンルで、時代も違いますが、

今の事務所については、やはり・・・??なところがあります。

私ならこうするのに・・・と思う事がたびたびです。

でも、これはファンの気持ちです。

実際ファンクラブの設立は時間が掛かる作業も多いですが、

待っている人の気持ちを真摯に受け止める「待たせ方」があると思います。

100人いれば、必ず10人は納得行かない人が出て来ます。

その10人を離さない方法を取るか、その人を諦めて、新たな人を集めるか、

どちらかでしょうね。両方ならいいのですが・・・。

さえちゃんのお仕事のお手伝いをするのが本来の事務所ではありますから、

それさえよければ、本当はどうでもいいのです。

人出がなければ、チケットの取次ぎのみでいいと思います。

ファンミもやります、会報も出します、ブログもします、宣言をしなければ、

みーは黙っていたのです。



でも、舞台も中々観る事が出来ない人、

ファンミも参加出来ない人、

そういう方は会報が、会員カードがどれほど嬉しいか、

事務所側は、責任を果たすべきだと思うのです。

この対応で会員が減らない事を祈るばかりです。


コメント欄、メールフォーム、管理者あてのコメントに30通以上頂きました。
お一人づつお返事を書かない事をお許し下さい。

ご一緒に考え、ご意見を下さった方、本当にありがとうございました。

彩輝さんが好きな方々と、かなり本音でお話出来た事を嬉しく思っています。

好きだからこそ・・・

さえちゃん
10 /26 2007
映画は公開中。

「ねずみ」の舞台も、もうすぐ始まる。

さえちゃんは、お稽古に余念がない。

でもね、新事務所は一体・・・・??

8月に更新をしたんですよ、9月は誕生月だったんですよ。

間もなく11月になるのに、会員カードも、更新プレゼントも、会報も、ファンミの詳しい案内も来ない。

誕生日カードは諦めました。(毎年来てたのに~残念!)

ブログの更新も事務所からお稽古の様子などマメにアップして欲しいですね。

そうでなくても、事務所のホームページはなく、

今時、チケットの振り込みが郵便局だけなんて、一体どうなっているのか?


さえちゃんの事務所だから、さえちゃんを人質にとられているようで、

強くは言えないじゃないですか。

冷静に考えたら、一般のサービス業の会社なら間違いなく、クレームです。

芸能事務所はそんなに忙しい所なんでしょうか?


「もうしばらくお待ち下さい」

何時まで待てば良いのかな?


普通の会社と比べる事自体が間違っているのだろうか?

最高のサービスを提供し、顧客を増やし、満足させる。

会員カードを作るのに何ヶ月かかるのだろう。

10月のお誕生日のファンはカードが届いたのだろうか?


大好きなさえちゃんの事務所だからこそ、

きついことをあえて言います。

「仕事が遅い!」

他人のお金を1円でも預かったのなら、

約束したのなら・・・早く結果を出して欲しい。


私の部下なら、とっくにクビです、取り引き相手なら、切ります。

ファンは立派なお客様なんですから。


なんだか、書いていて段々エスカレートしました。

ファンクラブにお入りの方、ご意見お待ちしています。


手をつなぐくらいでいい

日々の事
10 /25 2007
以前何気なく聞いた「友達の歌」。

美しい歌声と、心にしみるストレートな歌詞で興味がわきました。

今日又見れた中村中(なかむらあたる)さん。

性同一性障害を告白している彼。

でも違和感がないのは、性別を行き来している舞台人を見ているからか?

男性でも、女性でも、どちらでもいいではありませんか。

私が若い頃には、「おかま」等と言ういい方しかなかったように思います。

カルーセルマキさんくらいしか世に出ていない時代。


25年くらい前に新宿2丁目であるおかまさんと知り合いになり、

「おかま」のバレーボール大会に招待されました。

代々木体育館での催しでしたが、仕事の都合がつかず欠席しました。

私が行くはずだったその席は大変なビップ席だったらしい事も後で知りました。

でも、彼女は全く責めずに、笑顔で「いいのよ~ん、慣れてるから」と言いました。

彼女はほとんどお酒が飲めない飲み屋のママでした。

「今はこんな仕事しかないけど、もう少したてば私の仲間もやりたい仕事につけるはずよ」


中村中さんの歌声を聞きながら、彼女は22歳で良かったと思いました。

やりたい仕事が出来たから。

オカマバーしか仕事がなかった昔の夢が現実になっている時代。

今はどうしているでしょう・・・彼女?

もう、時効だからいいよね、彼女の名前はバナナさんでした。

バナナさん、今は60歳くらいのはず。

お元気かしら?


今度「イッコウ」さんのトークショーに行く予定です。

「お前のすべてを俺が見守ってやるぜ」

日々の事
10 /23 2007
以前何処かで見たベルバラ入浴剤。

ついに手元に・・・。



アラン、フェルゼン、ジェローデル、アンドレ。(もっとあるのかな?)

それぞれにお湯の成分が違うので、楽しみも倍増。

キャラクターに合ったお湯のようで、

アラン・・・多汗の湯  (お前のすべてを俺が見守ってやるぜ)

フェルゼン・・・タラソの湯 (海より深い一途な愛であなたを包む)

アンドレ・・・潤いの湯 (大丈夫。おまえのそばにいつも俺がいる)

ジェローデル・・・とろみの湯 (貴女を優しく受けとめるそれが私の使命)


なんだか、社交界の香りがする。

このお湯に入れば貴族になれるかも?

小さなお風呂場も大理石に変身しそう。


さっそく、アラン風呂を体験。

ん~、ま~、いいのでは・・・。

たしかにアランみたいな熱い男になった。

汗が止まらない。

寒くなるこれからは特にいいかも。

アランの湯は、レパゲルマニウム、とうがらしエキス、ブラックソルトが入っていました。

パッケージは、大好きなシーンの顔ばかりで、

眺めているだけでも楽しいです。

みーは、ジェローデルが特に気に入りました。

フェルゼンもいいな~!


今夜は十三夜、お月様を見ながら、ゆっくりバスタイムもいいですね!

ゴーゴー、ごーごーまさお~!

さえちゃん
10 /22 2007
20日に見て参りました。

「0093女王陛下の草刈正雄」

多分今まで行った映画館で1番小さい所でした。

トークショーはさぞかし近くで見られたことでしょう。

有楽町マリオンみたいな大きな映画館より、

さえちゃんらしくて、微笑ましい。

まだまだ私達から離れないで居てくれる女優さんみたいな親近感がかんじられました。

テレビ放送を見た息子も同伴し、親子観賞でした。

客層はバラバラで、さえちゃんファンらしき人は、5~6人かな?

終ってから帰る人の話に聞き耳を立てていると、

「あいつらしいな、この映画」。

誰のことかな?

監督か?草刈氏か?

「歌の収録はノリノリだったらしいし・・・」草刈氏の知人?



200席くらでしたが、30~40人のお客さんでした。(がらがら)

私の前も後も隣も空いてました。(ゆっくり見れました)


普通、本編の前には必ず予告編が流れますが、ここでは無し。

いきなり本編が始まりました。

1番のお気に入りシーンは、エンドロールかな?

あと、テレビでも放送されたシーンですが、

草刈氏に出演依頼の台本を並べるシーン。

台本のタイトルが、バカうけでした。

「ヘルニア国物語」?「とろろ」?等。

最後は一文字さん・・・恋かな?

自宅でゆっくり見たいですねこの映画は・・・。

大声で笑いたいです。

たくさん突っ込みたいです。

そして画面を停止して、ゆっくりさえちゃんを見たいです。

DVDが待ちどうしいです。


そして素朴な疑問が・・・タイトルの女王陛下って誰?


六本木の小さな映画館を出て、思い出のヒルズに行きました。

ずーっと上を見上げて、「ここでファンミをしたな~!」

「そしてその時に乗ったエレベータ付近が燃えたんだな~」

終末の六本木は大変な人出。

イルミネーション輝くヒルズタワーで食事をして、

モグラの住みかみたいな大江戸線にもぐり込み、

トトロの故郷に戻りました。


良い映画でした、出来る事なら映画館で、もう1度見たいです。

表のポスターには11月2日まで公開、みたいなことが書いてありました。


OGナビと雑技団

さえちゃん
10 /20 2007
先ほどスカステのOGナビを見ました。

前回見たのは、ズンコさんからだったので、

「さえちゃん出ないのかな~?」と思ってました。

1番始めに出ていたんですね。

リカさんの話を聞いて、月組時代を思い出し、

さえちゃんの話で、星組時代を思い出しました。

現役時代は、エリザしか見たことがないので、

リカさんとの共演も楽しみだし、

まして今話題の大先輩の大地さんとの共演で、

来月が待ちどうしくなりました。

もう、少しですよね、初日まで・・・。

私の初日は21日、1ヶ月先です。


今日のトークショーはどうだったのでしょうか?

さえちゃんたくさんお話したのかしら?

少し冷たい雨が落ちていたけど、

劇場は熱かったのではないでしょうか。


私は違う熱い舞台を見てきました。

中国雑技団の演技。

14歳から約60歳までの総勢9人の演技。

もう、椅子から乗りだし、口を押さえ、手が痛くなるほどの拍手をしました。

少し前に流行った「燃焼系」のCMに出演した本物のアミノ式の技。

テレビでは何回も見た有名なアクロバット集団。

でも、本物は映像を遥かに超え、

1時間30分があっという間でした。

物凄く緊張した舞台でした。

何ヵ所か失敗もあり、見るほうもドキドキ。

わざと失敗して、場を盛り上げるのではなく、

ほんの少しのタイミングのずれでの失敗は、

とても力が入りました。

北京に本拠地を構える演技者達は、来年のオリンピックの宣伝も忘れず、

さわやかに終演しました。

車に戻りハンドルを握って気づきました。

手のひらが赤くなってる。

どんだけ~!

さえちゃんの舞台でもなかった現象。

次の舞台では、これを超える拍手をしましょう。

ねずみは大好き!

明治座も、あのリゾートも・・・・。


明日は、スパイを観てきます。

バナナとレモン汁を持って・・・・。

トークショー

さえちゃん
10 /18 2007
明日は、0093のトークショーがあるのです。

必ず行くはずでした。

さえちゃんに逢いたい!映画の話が聞きたい!

ダメになりました・・・・。


息子の学校での芸術鑑賞会に行く為なんですが、

学校の芸術鑑賞会といえば、宝塚、劇団四季、歌舞伎、落語などですが、

なんと、中国雑技団の観賞なんです。

申し込みを忘れていたにもかかわらず、よろしければどうぞ!と言われ、

行くことになりました。

私にとっては、未知の世界ですので、結構楽しみです。

さえちゃんのトークショーの変わりだと思うと出演者に申し訳ないので、

純粋に楽しみたいと思ってます。

中国三千年の歴史、近頃NHKの番組で、

関口さんの中国縦断旅行の番組を好んで見ていた為、

意外な中国を発見しつつある所でしたので、嬉しいです。


0093は、20日に行きます。

さえちゃんの映画、もう少しおあずけです。



勝手にキンちゃん情報

今日肥料をあげました、お水もたっぷり。

キンちゃんの為に歌った歌・・・♪よければ~見せちゃう~。

そして「良い子にな~れ~」と言いました。

キンちゃん

日々の事
10 /16 2007
映画が公開されたけど、残念ながらまだ見ていない私は、

その憂さ晴らしの意味も込めて、

長年の夢だった金木犀を庭に植えました。


猫のひたいと言うけど、私の場合は、ねずみのひたいの庭。

すでに、柿の木、まきの木がある。

ここにどうしても金木犀が欲しい。

ずーっと考えてました。

近所の園芸店で探しまわり、ついに見つけたキンちゃん。(金木犀の愛称)

4~5本もあり、どれが良いかさっぱり分らず、

「庭師」の趣きを醸し出しているベテランのおじ様に聞いた。

1本の金木犀を指差し、「これなら確実に来年は満開ですよ」。

よし、その言葉を信じよう。

絶対咲くのですね、間違いないんですね、ド素人でも大丈夫なんですね。

いかに私が知識がないか、公衆の面前で暴露しながら、

ようやくキンちゃんを購入した。

度々「キンちゃん」と呼んでいるからと言って、マラソンするんじゃないからね!

安心してね。球団も大丈夫だよ、などとキンちゃんを安心させながら、

いよいよ庭に植えました。(私は見てただけ)

しかし、彼は大きい。

先輩のカッキー君より(柿の木)、マッキー君より(マキの木)、随分と長身だ。


金木犀は、実は銀木犀の変種だそうで、

中国から来たそうです。

銀木犀の花は白で香りは少しですが、高貴な香りだそう。

白の花の銀木犀がある?

これは金、銀揃えば縁起が良いではりませんか!

「私の庭は、金と銀がございますのよ!おっほほ!」なんて言ってみたい。

いつか必ず揃えましょう。いつか・・・です。

ちなみに、金木犀のお値段は、見当がつきますか?

私も全くわかりませんでした。

ピンキリだと思いますが、我が家のキンちゃんは、1260円でした。

やっす~い!

家族の一員として、大事に育てます。

でも、自信ないんです。園芸には全く興味がなかったので。

色々調べて、頑張ります。

あっそうそう、植物には歌が良いそうと聞いたので、

とりあえず、明日は水やりついでに、「愛と死のロンド」を歌ってみます。

キンちゃん、覚悟してね。

ご近所の方も、覚悟してね。

みーの観察日記は、明日からはじまります。

映画初日Ⅱ

さえちゃん
10 /14 2007
彩輝さん、映画公開おめでとう!

初日の舞台挨拶の模様が出てました。


こちらから

これが舞台挨拶なんですね。

数ある舞台挨拶を見ましたが、こんなに感激したのは始めて!

やっぱり私はさえちゃんが好きだったのね。

今となっては、宝塚時代のDVDを見ても、

こんなことやってたなんて、夢のようです。


可愛いさえちゃんを堪能し、

キリリとした男役を見て、

両性を楽しめる元タカラジェンヌのファンは幸せですね。

19日には、是非お話を聞きに行きたいですね。

その日は、さえちゃんファンで一杯でしょうね。

さながら、舞台観賞のようになるのでしょう。


かえでちゃん、もう少し待っていてね。

指折り数えて暮らします。


本当におめでとう!

ファンの皆様もご一緒に・・・おめでとう!さえちゃん。


映画初日

さえちゃん
10 /12 2007
さえメールが来た。

ブログも更新されてるし・・・。

「明日の映画に来てね!19日のトークショーも来てね!」

行きたい!見たい!さえちゃんに逢いたい!どうしても・・見たい。

映画の舞台挨拶をするさえちゃんが、見たい!

でも、ダメです。

明日は職場でナンバー1の人が休みで、

実質ナンバー2の私が休むわけにもいかず・・・。

しかも、そのナンバー1に「明日はよろしくね!多分凄く大変だと思うけど」

と言われた。

しかも、明日は社長が来る日だ。

どこかのお役所みたいに、「忌引」も使えるはずもなく・・。


一文字 楓ちゃ~ん!

あなたのスーツ姿での挨拶(私の希望の衣装)が目に浮かびます。

行かれる方、どうぞご感想をお寄せ下さいませ。

楽しみにしています。


しかし、19日はなんとかせねば。

さえちゃんの映画トークショーがあるらしいけど、

お知らせが遅いなー。仕方ないのかな?

必ず行きます。多分行きます。・・・ダメかも・・・。行きたいです。

来月のねずみでも休むし、マホロバもあと1回行くので休むし、

あ~!あ~!どうしよう。

職場、家、病院、映画館、劇場。

1日が35時間だったらいいのに。


彩輝さん、逢いたいです、スクリーンだけでなく、生で・・・。

日々の事
10 /11 2007
家族が入院している病院の窓から、外の景色を眺めました。

家にいる時はこんなにゆっくり眺める事は無く、

パジャマ姿の彼と、無言で見ていました。

空では、もうすぐ行なわれる航空ショーの準備の為の飛行訓練をしている。

鉄なのに、鳥のように飛んでる飛行機。

だいぶ前に遊びに行った山々が遠くに見える。


顔色ひとつ、声の張り1つがこんなに気になる入院中。

私は生活臭を漂わせながら、生活臭の全く無い人に向かう。

家の中では普通に会話しているのに、

相手が病院にいるとなぜか距離が出来る。


でも、無言で窓を眺めていられるのは、やはり家族だからか?



秋の日に、これから美しくなる秋の日に、

早くお家に帰っておいで・・・。

もちろん元気になって。


美味しいご飯を一緒に食べましょう。

劇場

宝塚
10 /11 2007
9日に久しぶりで宝塚劇場を訪れた私の感想です。
(作品には触れてません)

やはり大きい!

やはり女子○イレが混む。

いろんな人が居る。

私の席の傍に、めずらしく酔っ払いがいました。

開演前から、フラフラしてる。

2階席の急な階段により益々フラフラ度は増し、今にも転げ落ちそう。

しかも、強烈なアルコール臭を振りまいている。

でも、2幕目はいませんでした。

ほたるさんの話を立ち聞きしたら、やはり強制的に、ロビーに連行された模様。

会社の慰安会でしたのね。

同じ会社の人からも、バカ呼ばわりされて、

結構へこみながら、劇場を去っていきました。


そしてあるご夫婦は、生徒さんのご両親か親戚かで、

しきりにまわりの方の話を聞いてました。

「良かったわ、失敗しないで」

「見たいけども、心臓に悪いな」

「まだまだ大変ですね」

「今日はいいのか?行かなくても?」


私がもしジェンヌの母なら、怖くて劇場には来ないでしょう。

もし、ロビーで話している事が我が子の事だったりしたら、

うっかり気を失うかもしれません。


この所、無くなってしまった、公演限定スイーツ。

あれは楽しみだったのに。

もう、カウンターで注文するのも恥ずかしいネーミング、結構好きでした。


約二千人も入る劇場。

とことん面白い人がいたり、凄くオシャレなマダムがいたり、

ただ、お弁当を楽しむ為に来たような、大食漢もいたりと、

舞台以上に盛り上がる客席。

座席がちょっと狭いけど、

私の席に間違って座っていた人がいるけど、

その人に、「えーチケットを見せてください!」なんて逆ギレされたけど、

宝塚は本当にワンダーランドでした。

ほんとの奇跡をごらんにいれよう

月組
10 /09 2007
「月組は心のマホロバです」


行って参りました、月組公演。

やっぱりいいわ~!我が家族は・・・。

ショーが最初に来る作品は始めて見ましたが、ふ~ん!そうなるんだ。

始め公演時間がショーは45分と聞いて、「短いな!!」と思ってましたが、

充分でした。

どの生徒さんを中心に見るかで、このショーの良さは全然違う気がする。

昨年のアクロを見たせいか、どうしても「ここはそっくり」と思ってしまう所が数ヵ所・・・。

今日は2階の前からでしたので、オペラで見ていたら、

「ぎゃ~!誰?」

さえちゃんにそっくり!!

「ヒノカグツチ」役のもりえちゃんでした。

赤の大きい衣装で、羽根まで付いてる。

動きかたによっては、まりこさんにも似てる。

以前あさこちゃんが、もりえちゃんがさえちゃんの妹かと思ったと言ってましたね。

ここの所、1作ごとに痩せて、素晴らしく美人さんになってます。

もりえちゃんを眺めていたら、オペラが見えにくくなってきました。

全く自覚症状無く、涙が出てました。

もりえちゃんには大変失礼ながら、あなたにさえちゃんを重ねてました。

2度とこの舞台に立つ事が無いさえちゃんが甦ったようで、

本当に夢の世界でした。

それと、専科のお姉様方の素晴らしさったら・・・もう、凄いんです。

このカッコイイ人は誰?誰?

萬あきらさんでした。

専科の方が居るといいですね!

ただでさえ好きな月組を、こうパワーアップされたら、

叉みたいじゃないですか。

今日も、たくさん立ち見がいました。

当日券も厳しいでしょうね。


昨日のスマスマの感想を書いたお手紙をたくさん受け取ったんでしょうね。

あさこさん、あやの先輩。

そして、可愛い可愛い弟の奏都君。

大きな大きな旗のようなものを、真剣に振り回して、

汗が滲んでいました。可愛い!

ロケットはもう卒業かな?と思いましたが、

いました、いました。嬉しいな~!

黙って見てましたが、心の中では思いきり「やあっ~」と叫んでました。

黒燕尾姿も見られて最高!

久しぶりの宝塚劇場、満喫しました。

次は楽直前観劇です。

体育の日

日々の事
10 /08 2007
今日は体育の日ですが、昭和生まれとしてはやはりピンと来ない。

体育の日は10月10日。

東京オリンピックの時、両親と共に聖火ランナーを見たらしいです。

その頃池袋にいた私は、3歳。

さえちゃんブログを書いている人に東京オリンピック開催時に生まれていた人はいるかしら?


体操界の妖精、コマネチの演技も、

カールルイスの走りも、リアルタイムで見てきました。

そんな思い出にしたりながらも、3連休というサービス業には最悪の日々。

忙しい日々が続きます。

でも、それも今日が過ぎれば翌日には嬉しい日が待ってます。

月組公演を観に行きます。

明日の夜はWOWOWで、エリザの新公の様子が流れるみたいで、

とても楽しみです。

どのくらいみれるでしょうか?

前回の「二人だけが悪」の新公もたくさん見れたし、

なんといっても、終演後の挨拶が見れた事が嬉しかったです。

私の知らなかった時代のさえちゃん。

この後のさえちゃんがどうなって行くのかを知っている私。

当然ながら知らないさえちゃん。

色々考えますね、昔の映像を見ると・・・。


コムちゃんの「黄金の刻」が気になって、

感想を読みました。

ストーリーはほぼ一緒のようですね。

宙乗りも逆さまになって落ちて行くのも同じだったようですね。

ただ、歌い手が錦織さんだったとか。

しかも、コムちゃんは、宙乗りは大丈夫かな?と心配だった様子。

さえちゃんは凄く喜んでましたがね。

さえちゃんのときみたいに、年末に放送はあるのでしょうか?

カメラは入っていたようなので、見られるかも?

どんな厨子王だったか・・・。



明日は、少しでも運動が出来れば良いな~!

せめて、散歩くらいは・・・。

たくさんの子供達

瑞羽奏都
10 /06 2007
月組の瑞羽奏都くんから、「東京公演観に来てね!」のおハガキが・・・。

さえちゃんも現役時代はこうしていたのかしら。

舞台人として出来あがりつつあるさえちゃん。

これからの奏都君。

マホロバの舞台写真付きのハガキは、遠方にいる娘の成長を見る様で、

ジーンとする。

エリザが終ってから、本気で応援している。

彩輝さんを思う気持ちとは少し違う。

彩輝さんの写真の隣に並べた奏都君の写真付きハガキ。

どっちも頑張れ!

私の愛する二人の娘。


母として実の子が3人。夢の世界での娘2人。

5人もの麗しい子供がいて、毎日が華やいで・・・。

病んでいても、元気でも、頑張れ頑張れ!小さなきつね!

まだまだ手が掛かり、心配でしょうがない。


華やかな世界での苦労も、現実の苦労も、

大きな私が応援してます。

ちょっとは役に立つでしょうか?


夢の世界の娘達、実の子供達、まだまだ大きくなることでしょう。

秋の訪れ

日々の事
10 /06 2007
ご近所の金木犀が良い香りになってきました。

関東では有名なさつまいもの生産地、川越市が近い為、

この辺りでも、美味しいさつまいもが出来ます。

職場では、私の有給が他の人より多く残っているので、

消化すべく週に3日も休みがありました。

金木犀の香りを楽しみながら、久しぶりに町内を散歩。


先日再入院した家族がおり、バタバタしていましたが、

少し落ち着き、自分もゆっくりした1日でした。

さえちゃんと同じように夏が大好きですが、やはり秋も良い。

有名な紅葉風景があるわけではありませんが、

近所も中々捨てたもんじゃありません。

狭山湖、多摩湖、トトロの森、西部ドーム、この辺をひとまとめにして、

狭山丘陵と呼び、散歩するには絶好の場所です。

日頃出掛けるのは、劇場ばかり。

それ以外は、えいっとばかりに勢いをつけないと中々出来ません。


かなり昔には、この辺りは風のように走っていました。

高校生の時に、インターハイ出場が決まり、

毎日練習前の体ならしとして、10キロのランニング。

今は、1時間も歩きません。(衰えるわけです)

今日をキッカケに、毎日歩ければいいのですが・・・。

さえちゃんお薦めの神社巡りでもしようかな?


精神年齢20歳、身体年齢4?歳、ビリーもそろそろ復活しないと・・。

花の命は本当に短いのです。

実感です。

良い秋にしなきゃ!

嬉しいんです、なんでも。

さえちゃん
10 /04 2007
明日から月組公演が始まりますね。

ベテランさんの卒業もあるし、ムラでの評判もいい作品で、

初日からすぐに観に行けますが、宝塚劇場は久しぶりです。

5月はお隣のニッセイ劇場に通ってましたが、劇場には入らず、キャトル

のみ入店で、スカステの番組表を貰ってました。

エリザ以来なので、ドキドキしてます。(火曜日の観劇予定です)


昨日は、さえちゃん祭でしたので、パソコンを触りすぎて、

手のひらが痛いです。

でも嬉しい痛みです。

ほんの少しでも、どんな形でも、なんでもいいのです。

さえちゃんが出てさえいれば。


さあ、もうすぐ映画も始まるよ~!




妹分の碧ちゃん

さえちゃん
10 /03 2007
朝からさえちゃんが一杯テレビに出てましたね。

さすが、大地真央様主演作品。

「元宝塚月組男役トップ揃い踏み」の見出しの新聞。(サンケイスポーツ)

嬉しいな~!さえちゃんとりかちゃんが、真央様を挟んでいるスリーショット。
真央様が新婚と言うことで、取材人も多かったのでしょう。

(良い時期にご結婚されました、ありがとう!)

大地真央さんは宝塚出身だと言うのはなんと無く知ってましたが、

さえちゃんをきっかけに、真央様の作品を知り、

相手役が、黒木さんだというのも後から知りました。

さえちゃんが真央様似と言われたこともあるそうで、

顔立ちのことでしょうが、私は声も似ていると思う事があります。

女優としてのさえちゃんの声が、あれっ?真央様みたい!というように。


「女ねずみ小僧」のチケットはまだまだあるようです。

本日のメディアにすっかり乗せられ、

さえちゃんの美しさにも魅せられ、

月組トップ揃い踏みに惑わされ、

思わず「席とりくん」のボタンをぽちっと・・・押してしまい・・。

チケットを追加購入。


彩輝さん、罪なくらい綺麗です。

スマスマとさえちゃんの舞台と

宝塚
10 /03 2007
先ほど帰宅した夫が「ほら!」と新聞を出し、

ご丁寧にそのページを開いて見せてくれた。

SMAP×宝塚の見出し。

写真には、前列スマップメンバー、その後に、みっちゃん、うめちゃん、たにちゃん、あさこちゃん、あやの先輩、らんとむ君。

そして、後には、大階段のようなセットに、宙組メンバーがずらり。

大階段は、ほぼ同じ段数に見える。

トップさんは、シルバーの総スパンに羽根。

娘役は、マーメイドドレスかな?

ジェンヌが登場するのは、ライブコーナーの「S.LIVE]

すみれの花咲く頃や、世界に1つだけの花などを歌って踊るそう。

楽しみですね。少しコメントも出てました。



さえちゃんが出ている雑誌も見ました。(買ってないのでうろ覚えです)

あのセットを見ると昨日の事のように思い出しますね。

本舞台とは、小物が違ってましたね。

写真も・・・。

舞台の写真は、あれはさえちゃんだったのでしょうか?

最前でオペラで確認しても、確信がつかめず・・・。


「薔薇の封印」のプログラムみたいな顔のさえちゃんでしたが、

どうなんでしょうか?

でも、あそこであえてさえちゃんに似た別人の写真をつかっていたら、

物凄く面白いと思います。

「暗くなるまで~」は、終わってからの方が、じわじわくる不思議な作品ですね。

ふとした時に様々なセリフが甦ります。

「ごごにじゅうご、だけど6、ごにじゅう、だけど9・・2569.」

「2分30秒ぐらい・・。」

「近い?」

「何を投げてるか知らないけど、早く拾いなさい!」

「お人形を見せちゃダメ!」

「だったらそうとう怖い思いをさせなくてはだめね」

「なんだか、バスの下に突き飛ばさないでくれてありがとうって言ってるみたいだけど、感謝してるのよ」

「教えるものですか」

「ムーンリバ~た~ららら~」

忘れられない良い舞台でした。

0093と0019

さえちゃん
10 /01 2007
10月になりましたね。

秋の行楽シーズンでもありますね。

きれいな、きれいな、お月様も見頃ですね。

そして秋と言えば・・・そう、スパイですね。


突然ですが、コードナンバー0019は誰でしょう?

答え・・「一文字楓」ちゃんです。

今、深夜のドラマ版を見なおしていて、気づきました。

そして、素晴らしいと思いました。

コメディーは苦手でしたので、実は迷っていたんです。

でも、見れば見るほど深みにハマリ、

私にとっての笑いの神様とも言うべき、

ドリフや、ミスタービーンに、匹敵するかもしれません。

♪ゼロゼロキューサン!草刈正男はここにいる♪


そういえば、昔むかしに夫と初デートした時に見た映画は、

「007オクトパシー」だった事を思い出しました。

スパイ映画は結構好きでした。

余談ですが、ボンドガールを日本人が演じた事があるんですよ。

キレイ綺麗な、ナイスバディーでした。

もうすぐですね、映画公開。

そして草刈様、初日の挨拶はぜひ、エリカ様みたいに不機嫌にお願いします。

そうすれば、翌日ワイドショーは全て「0093」で持ちきりになるでしょうから。

期待しています。

みー

宝塚歌劇団、元月組男役。
卒業生の瑞羽奏都さんの大ファンです。