FC2ブログ

4月1日

日々の事
03 /31 2007
まだまだ、桜はつぼみにもなっていない所も、

もう海に入れそうな所も、

明日からは4月。

桜の開花に合わせて旅をした数10年前。

あの桜達は元気だろうか?

見頃の時期は違うけど、私が見た桜で、思い出深いのは、


山梨県 身延山 久遠寺(くおんじ)のしだれ桜

福島県 三春のしだれ桜

愛知県 岡崎城の桜

どこの桜も美しい。

あなたのそばにはどんな桜がありますか?

桜を育てる人、守る人も美しかった。

あなたは、満開がお好きですか?

散りぎわが好きですか?

私は、どちらも好きですが、落ちた無数の花びらを、

たった1人でお掃除する、女性が1番美しかったように思いました。

(お手伝いせずにごめんなさいね)

数年前に病院から見た桜。

今年は健康でお花見が出来そうで、幸せです。

この時期、少し寒い花冷えは、

あんまり浮かれるなよ!と言われているようでもあります。

明日仕事の帰りにでも、近くの湖に行って見ましょうか?

1人で夜桜もまたよし!

でも、親しい人と見ることが出来ればもっと幸せ。

誘ってみましょか?
スポンサーサイト



ハードディスクの整理

さえちゃん
03 /31 2007
昨年末から撮りためた作品を整理する為に、

DVDに移している。

まずは、「黄金の刻」

録画だけにして、家事でもしましょう。

170分もあるし・・・

でも、今頃ヤキゴテを押されてるころかな?

あー宙乗りかな?

ダレン先生の顔、怖い頃だよなー。

白い人のダンス面白いよなー。

「電気を大切にネ!なんて言いながら、フルにレーザー使っている場面かな?」


あーだめだ。

見たい、見たいです。

ということで、まんまと、テレビの前に座りこむ。

やったー中乗りのシーン。

滝の上から真ッ逆さまに~。


何度見ても、溜息が出ます。

あの日の感動が湧きあがる。

まだまだ暑い夏の夜の、大事な大事な思い出。

こんな日がまた来るはず。

今年も嬉しい日がたくさんある。


去年のけじめをつけて、これからに備えましょう。

まだまだあるぞ、さえちゃんのお仕事。

明日はもう4月。

お詫び

日々の事
03 /31 2007
昨日のブログについて、まだ公式に発表されていないにもかかわらず、

載せてしまったことを、お詫びします。

ご迷惑をおかけしました。

すべて、削除しました。

桜満開

宝塚
03 /29 2007
新生星組がスタート。

とうこさん、やっと春が来ましたね。

にわかファンの私でも、聞きかじる限りあなたの苦労や、

遅過ぎた春が感じられます。

ファンの方、おめでとうございます。

皆が納得し、よかったね!と素直に言えるトップさんの姿は、

なんとも清々しい。

まるで、退団のあいさつのようだった、万感の想い。

汗と涙で、大切なお顔がさらに美しく見えました。


出勤前のタカラヅカニュース、これは困ります。

始めからお化粧しなおさねば・・・

とうこさんの晴れ姿に、桜がよく似合う。

団結力の強い星組だから、歴代のトップさんが応援に行くのでしょうね。


「安蘭けい」さんを初めて見た、「ベルバラ」

のる様のオスカルに惚れて、宝塚のDVDを始めて購入した。

爽やかな、フェルゼンでした。

奇しくも、生で始めて見たとうこさんも、「ベルバラ」

わたる君のフェルゼンに、とうこさんのアンドレ。

そして、「アクロ」の劇場で見たとうこさん。

数回しか会っていないけど、

お披露目は多分1回しか行かないけど、

楽しみにしてます。


初舞台生の主席、「彩風咲奈」さん。

音楽学校の文化祭で、「彩輝直似」といわれた生徒さん?

注目ですね、

愛称は、「さきなちゃん」

「彩」の字が入ってるのも、いい感じ。

さあ!頑張れ!

未来のさえちゃん。

あー、たのしみだ~!

やっぱり2回行こうかしら?(初舞台生目当てに)

日生が終わってからね!

わーい!バトンに挑戦。

さえちゃん
03 /29 2007
アレジョ様からのバトンです。
初めてやってみます、人格を疑われない様に、慎重に・・・


お題は【さえちゃん】です。


●道端に【さえちゃん】が落ちていた。

→落ちていた?落ちてるんですか?誰か落として~!
スモールライトで小さくして、胸ポケットに入れる。

手のひらに乗せて、可愛い可愛いをする。


●【さえちゃん】は実は人間ではなかった模様!

→言葉をかけてみる、通じなければ抱きしめてみる、そして、○○を・・・
人間の愛情表現を教える。

●【さえちゃん】が女の子(指定人物が女の子の場合、男の子)になっちゃいました。
 どうしましょう?

→土曜日の番組(オネエマンズ)に出演させる。

●もし【さえちゃん】と精神が入れ替わったら何をする?

→私美人過ぎるから、整形したの!と言って、ジェンヌ達と飲み明かす。

●【さえちゃん】があなたの為に食事を作ってくれました。そのメニューとは?

→もちろん、矢野家秘伝の納豆炒め。

●ある日あなたが帰宅するとベッドに【さえちゃん】が横たわっていました。

→そっと隣りにもぐり込み、飢えた狼になる。

●記憶喪失の【さえちゃん】が目の前にいます。どうする?

→何がなんでも家族だと思い込ませる。
ハンバーグ、イクラ丼、黒酢を出して、「ねえ!好きな物しってるでしょ」


●次に回す人5人(人物指定付)

 花穂様(内野さん)にゃん坊様(さえちゃん)

お暇な時があればお願いいたします。

姿月あさと20thAnniversaryシンフォニックコンサート

宝塚
03 /28 2007
サントリーホールにいる自分。

2階3列目の席にて東京管弦楽団の演奏と、歌姫ずんこさんの登場を待つ。

1階のお客様の服装が、いつものあの劇場とは違う。

なんか、豪華で、男性も多い。

ジーパンをはいてる人はほとんどいない。

格調高いコンサートの始まり、はじまり~。

薄暗い照明の中に、黒燕尾を着た男性が二人。

一人はマエストロ、もう一人は、ずんこさんだった。


プロのフルオーケストラを聞くのは、始めてで、

アドレナリンが、脳内に流れる。

70人くらいの演奏に、全く負けない歌声。

この人が、宝塚の舞台で歌っていたんだ。

この人が宙組を作ったんだ。

この人なら、新しい組を作るのも無理は無い。


ずんこさんの誕生から、今日までの有名な曲を、

後のスクリーンに彼女のおいたちと合わせて、進めて行く。


卒業写真、魅せられて、キャッツアイ、SAYYES、

14曲歌った所で、アレンジした作曲者が登場して、トーク。

その後、夜桜お七、地上の星、世界に1つだけの花、

全20曲を歌い上げた。

そして、アンコール。

前奏が流れたとたん、客席がざわめいた。

「愛と死のロンド」

凄い!これが噂のずんこトートの歌声なんだ。

言葉に出来ない声。

もう彼女は、宝塚のずんこさんじゃなかった。

エリザのDVDで、彼女のトートは聞いていたけど、

全く別物だった。


ただ、上手だけじゃない、ここちがいいのです。

フルオーケストラで歌うと、彼女の声は、楽器のように自然で、

例え様の無い、音楽なんです。


いいもん聞いた。

寿命が延びそう。

衣装も美しく、背中の開いたドレスは溜息が出た。

アンコールの「愛と死のロンド」の衣装は、まるでシシーのドレスみたいに

純白で、キラキラ輝いてました。


このコンサートには、わたる君も来てました。

宙組で一緒だったもんね。

ずんこさんファンに囲まれて、照れながら帰っていきました。

もう一人娘役さんがいらしたけど、誰かはわからず。


六本木は桜が満開でした。

ライトアップされて、美しい桜を見ながら、

大満足の夜でした。

なんでしょう?このチケットは?

宝塚
03 /26 2007
ファンミの興奮が冷め遣らぬ中、明日のチケットが手元にある。

月組公演?

いいえ、なんと姿月あさとさん、ずんこさんのサントリーホールのチケットが

2枚あるのです。

スカステでずんこさんのコンサートがあるのは知っていたけど、

「高いよねー!行かないなー、ずんこさんの歌は聞きたいけど、

まあ、タダだったら行ってもいいけどなー」

そのタダで手に入ったもんだから、さあ!大変。

しかも2枚も・・・

安いほうのお席でも、1万円もする代物。

「のだめ」の最終回、あのサントリーホールなんて。

ずんこさんは、全くの初見で、

どんなファンがいるのか凄く興味深々。

明日の夜7時開演。

また、六本木に行かなきゃ。


目の前には、ファンミで買った大型パネルのさえちゃんが、

2枚並んでこうつぶやいた。

「ずんこさんは、エリザコンの打ち上げでもお会いしたけど、

凄くいい声と抜群の歌唱力だから、楽しんできてね」

うん!わかったよ、行ってくるね。

さえちゃんの舞台でもない、月組公演でもないところに、

ましてずんこさんファンでもない私が行くコンサート。

さあ!帰宅後の感想及び、ずんこさんの印象はいかに?

次回、こうご期待ください。

ファンミーティングパートⅢ

さえちゃん
03 /26 2007
では、抽選会の模様をどうぞ!

「彩輝さんと同じ物を使おう!」ということで、

さえちゃんがドンキでお買い物をした、幻の一品でございます。

①お顔をクルクルするローラーみたいなもの

②レンジでチンしてお顔にするパック

③5本指スリッパ

④バランスボール

⑤肩や腰をマッサージする不思議な物

⑥なんだか良く分らない美脚になる板みたいなの

⑦そしてピュオーラ2本

さえちゃんはそれぞれパッケージの表記を凝視。

様々な効果や、使い方、自分が使ってどうだったかを、丁寧に説明し、

自分で某ドンキホーテで選び購入したと、嬉しそうに語ってました。

ピュオーラを買う時はさすがにドキドキしたようで、

ドンキのお店について、「いろんなものがありすぎて、これは後で買おうと

思っていても、あれーどこだったかな?みたいになりますね」


そしてさえちゃんが傍にいって質問を受けるコーナーで、

ナイスな質問があり、

「さえちゃんのエクシリムを購入したが、壊れたので修理に出したら

修理代が2万円かかるそうなんですけど、彩輝さんだったらどうしますか?」

そしたらいきなりさえちゃんが、

「ジャパネットたかたご存知ですか?にーきゅーぱー(29800円)ですよね」

う~ん?と考え込んで、「新しいの買いませんか?」

「エクシリムも色々出てますから、ねー」

質問者「はい」

さえ「はい!お買い上げ~」


違う質問では、さえちゃんが落ちこんだり辛い時はどうしますか?

やっぱり落ち込む事はよくありますね、でもそこが1番下じゃないんですよね

まだまだ下はあるわけだし、それとほんとに辛い時は難しいですけど、

(笑顔)になると、いいですよ、なんか元気になるような気がしますね。

この質問に答えるさえちゃんは、熱心に何度もうなずきながら、

質問者の目をじーっと見て、真剣に、よく考えながら、

よくわかりますよ、はい、そうですね、んーと

眉にしわをよせながら、質問者に視線を合わせるために、

首をかしげながら、患者を診る看護士のような表情でした。

私、このときに質問者のそばにおり、私に話してくれているようで、

すみません!泣いてました。

答え終わったさえちゃんが一瞬私を見たようで、

「泣いてるけど大丈夫?」みたいな目をしてくれました。多分。


さえちゃんの歌

「innocent blue]

即購入し、聞きました。

良い歌です、欲を言うなら、さえちゃんの声のほうが断然いい!

でもファンミの思い出の曲ですから、しばらく聴き続けるでしょうね。

勝手にさえちゃんの声に変換して。

ファンミがもし、おかずならば、ご飯千杯食べられますね。

ファンミがもし、お酒なら、アルコール中毒ですね。


本来ファンミのことを詳しく話すのは、NGだそうですが、

どうしても行けない方や、興奮しすぎて聴きそびれた方に、

私だったら伺いたいと思い書きました。

あくまで私の感想を込めた書き方です。

言葉や、ニュアンスが違うかもしれませんし、正しくないことも

あるかもしれませんので、どうかご勘弁を・・・

間違っている事があればご一報をお願いいたします。


それにしても、さえちゃんあなたはほんとに、

美しい!そして、いい人でした。

さえちゃんが言ってくれました。

「これからも愛してください!」

そんな、そんな事言われたら・・・。

ファンミーティングパートⅡ

さえちゃん
03 /25 2007
昨夜のブログはフルマラソンを走り切った後のような感じで、

書いてしまったので、一夜明けてまた思い出してみました。

まず、司会者の方が変わりましたね。

いつもの中井さんではなくて、スカイステージでお馴染みの方。

あっ名前が思い出せない。竹下のりこさん?だったかしら。

始めに結婚式の披露宴?か、ディナーショーかのようなテーブル席で、

1回目はチョコレートムースで、2回目はマンゴームースかな?

多分美味しかったのでしょうが、味は記憶にございません。

さえちゃんご登場の時は、やたらと明るいラテン系の音楽と共に・・・

タカラヅカ絢爛Ⅱが始まるのかと言うノリでニッコニコ!

お洋服は一昨年の「シャンハイタン」のファッションショーで着た、

黒のチャイナ服、貰ったといってましたね。

「このままじゃいくらなんでもってことで、パンツをはきました」

はかなくてもいいのになー。

予想ですが、前回のファンミのパンツと同じですね、多分。

サンダルも前回と同じか、とても似ているデザインです。

ぺテキュアは、赤。

髪型は「華麗なる宝塚展」のテープカットの時のイメージ。

香水はかなり控え目でしたね。

2回目には、さえちゃんが選んだグッズのストラップをブレスレットにして

キラキラ輝かせてました。

とにかく光って光って、キラキラです。

大きなキング冠が揺れます。

ストラップでも、ブレスレットでもかなり大きい。

キラキラが事の他お気に入りだと言うさえちゃん。

舞台のお話は、「黄金の刻」

衣装が本格的で、とても重かったこと、宙乗りはとにかく楽しかったと・・・

もっともっと回転したかったと・・・

出ずっぱりで、早替わりなどの苦労ばなしや、

「あー常盤貴子だー」と思ったり、大御所との共演で勉強になったと。

武道館の大きさなども凄いですよねー!と。

「アクロ」

ミュージカル界でも名立たるスターとの共演で、楽しかった。

いかにも目が見えない人の演技はしない様にした事。

私を呼んでくださった謝先生に感謝してます。

「白蛇伝」

とにかくお稽古時間が無くて、遅れてお稽古に入ったにもかかわらず、

いろいろトラブルがあってスタートが同じになった。

個人での役割をはたすなど、

今までに経験したことがないくらい、初日は緊張したと。

ル、テアトル銀座は知ってましたけど、なんか全然違いますから。

でも、アイドルと歌舞伎とのコラボはやはり勉強になり、楽しかった。

出演者と、とても仲良しになった。


「エリザコン」

司会の方に、「彩輝さんも歌いたかったでしょ?」

さえ「え~~!いやいやいや~」

  「でも、機会があれば・・・」

よし!そうこなくちゃ。


「おりん」

これね、熱かったんですヨ。夏の京都。

太秦の撮影所と、車で2時間走ったとこでの撮影。

かつらやさんに「うわー!デカッ!」

衣装さんにも「デカー!」といわれたと。

悪役さんがほんとに怖かったなど。そしてカメラがどこまで撮っているのか

わからなくて、常に演技してたこと。

でも、ほんとはとても優しい役者さんでした。


「女王様の草刈マサオ」

さえちゃん「皆さんどう思われたでしょうか?」

これね、凄いんですヨ。主な役者さんだけじゃなく、いろんな人が、

演技していて、楽しかったですヨ。

「なんせ、昔から宝塚に憧れてましたから」

楽しい楽しい撮影でしたよ。

映画になるので、見て下さいね。


舞台の話はこんな感じです。

抽選会などの模様はまた、後で・・・

さえちゃんのファンミーティング

さえちゃん
03 /24 2007
どんなにこの日が待ちどうしかった事か。

世界で1番好きな人と過ごす、至福の時間。

もう、ケーキやお茶なんていらないの。

高層ビルからの景色なんて眼に入らない。

お席なんてどこでもいい。

とにかく早くさえちゃんに逢いたい。

さえちゃん!さえちゃん!さえ~ちゃ~ん!

じゃじゃ~ん!

ご登場で~す。

なな、なんとチャイナドレス。あちゃーパンツはいてる。

昨年のファッションショーで見たあのチャイナ服です。

お袖が短くて、ファンミではじめてあんなに腕を見ました。

白くて細い腕。


昨年の舞台の話あれこれ。

さえちゃんが買ってきた、某ドンキホーテの美と健康に良いグッズの抽選会

握手会に写真撮影。

これからの予定では、なんと映画に初出演。秋の公開予定だそう。

一昨日のドラマはその映画の宣伝だったそうで、

さえちゃん初映画です。うれしーよー。大きなスクリーンでさえちゃんが

見れる。壇ちゃんに続けー!

それから、間もなく秋の舞台の発表があるそうで、しかもなんとなんと2本。

女ねずみ小僧の他に、2本もですよ。

こりゃ大変なことになりましたよ。

さえちゃんいわく、「皆さんにすごく楽しんでいただける作品だと思います」

とても力が入っていた。

なんだろう?

アクロの再演?

海外ミュージカルのプロデューサーズ?

それともなにか分らないけど、大作?なんでしょうね。

さえちゃん凄く言いたそうでしたよ。

コイツは春から縁起がいいやー!

一足お先にヒルズで、満開のさえちゃん桜を拝みながら、

折れそうな細い指のさえちゃんの握手を思い出しながら、

さえちゃんの様々な表情を心に刻み、

最後の歌のプレゼントを目をつむりながら聞きました。

涙がまぶたの裏を流れて、表に出ない様願いました。

目を開けてもこれは夢じゃなくて、さえちゃんは目の前にいました。

夢でも嬉しいさえちゃん、

でもほんとに逢えたらもっともっと嬉しいさえちゃん。


こんなに嬉しいことをさえちゃんに伝えたい。

以前はそう思ってました。

でも、さえちゃんも喜んでいる事が分りました。

心から嬉しいと、何度も言ってくれました。

さえちゃんが居るだけでいい。

さえちゃんがどこかで元気なだけで充分です。

ありがとう!さえちゃん。

今日の感動で1年は持ちます、いや、もっとでしょう。

でも、時間があればまた逢いたいですが・・・

ファンミーティング万歳!

たくさん購入したグッズをさかなに一人でニヤニヤしながら、

良い夢を見ましょう。

深夜ドラマ

さえちゃん
03 /23 2007
あのねママ、これはさえちゃんなの?

だってさー「ケ・ツ」って言ってるよ。

「けつ、ぱっちんなんて言ってるよ」

そうです、さえちゃんが腰をふりふり、

あろうことか、「ケツパッチン」。

よくぞ、こんな面白いドラマに出演されました。

いやー素晴らしかった。

ファンミの前にこんな素敵なさえちゃんが拝めるなんて、

夢のようであります。(ケロロ好き)

そうでなくても、明日の事で胸が一杯なのに、

深夜ドラマのおまけ付き。

しかも、私世代の雑誌「GRACE]に登場するなんて、嬉し過ぎますね。

ドラマはやはり録画で見ましたが、

深夜に、万が一録画出来なかったらどうしようと、

何回も起きてしまい、結局起きていたので、

リアルタイムで見ることが出来る状態でしたが、

録画のランプがついたのを確認してから、安心して寝ました。


「一文字 楓」さんの役、続編を望みます。

さえちゃんの運転。(しかも軽自動車)

さえちゃんのスローモーション。

さえちゃんのメガネ姿。

変なポーズのさえちゃん。

ケンカが強いさえちゃん。

お宝映像がまたひとつ増えました。

もう1回みましょうね、寝る前に・・・(すでに3回見た)

明日はさえちゃんに逢える日。

さえちゃんスイッチ、オン!

昨日の月組公演

宝塚
03 /21 2007
「パリの空よりも高く」「ファンシーダンス」

とんでもなく前の席で、

申し訳ないくらい近くで、

踏みこんではいけないほどの距離での観劇。

自分がどうなるのかも、楽しみにして座った、5列目。


そうよ!そうよ!そうなのよ!

これが宝塚なのよ。

可愛い娘さんが次々現れ、とろけそうな笑顔を向けて・・・。

抱かれたい男№1のゆうひくや、口説かれたい男№1の越リュウくんが、

目の前で越をふりふり。

もう、こんなおばさんに何するのよー!

私の一押し若手№1の奏都くんは、だるま姿のロケットダンス。

ヒャー!そんなにきれいな脚を出してー。変態が観てたらどうすんのよー

って私か・・。

とても冷静になんか語れません。

こんな贅沢があっていいのでしょうか。

こんな幸せがあっていいのでしょうか。

先人の方々のおかげで、平和で、お腹一杯食べられて、

こんな素晴らしい舞台を観賞出来る。

何か御礼を込めて行動しなくてはいけない気がする。

とりあえず、家の周りの道でもお掃除しましょう。

もっと電車の席をゆずりましょう。

職場の部下に小言を言うのをひかえましょう。

ちょっとみみっちいかもしれませんが、気は心ということで。

昨日は、るいちゃんがご観劇でした。

一緒に居た方は、かしちゃん?判別できませんでしたが、

男役の髪で、かなりスリムな方でした。

るいちゃんは、自分の席が中ほどの為に、

「すみません!すみません!」と座ってる人に頭を下げさげ、

可愛くちょろちょろしてました。

出待ちは、あさこさんを見て、かなとくんを見て、

あやの先輩を見て、でもゆうひ君は中々出てこず、

電車がなくなるので、諦めました。

明日はさえちゃんのTVがあり、楽しみです。

どんなかなー?

まりこさん、のる様、あんど、さえちゃん

さえちゃん
03 /19 2007
小池先生、何をどうしたらこの作品にたどりつくのかな?

「イコンの誘惑」

始めて見ましたよ。

さえちゃん、メガネにスーツで、すぐ死ぬ役。

ほんとに面白かった。

以前TCAで、チャーリーさんが休んだ時に、ぶんちゃんが演じた、

のど自慢の出演者みたいな感じの人。

さえちゃんがメガネをかけてるのはお宝映像?

その後も暫く出番はなくて、

眩惑の肖像か何かで、見たシーン。

あのころの世相を反映してるのかな?

やたらと信仰宗教が世間を騒がせてた時期。

でもね、このシーンは単純に笑えなかった。なぜか?

傍にいた娘がひとこと。

「お母さん、さえちゃんが教祖だったら、入るでしょう」

「妖しいグッズが一杯売ってるしね」


舞台の端で、DVDや写真やら、いやしグッズを売っている。

私なら、絶対入るな、間違いなく幹部だな。

こんな感じなのかな?信仰宗教って。

全く無信心の私だけど、さえちゃん教なら入信するな。

いろんなことを思いながら、フィナーレを見た。

さえちゃんいい場所で踊ってる。

これが路線といわれる位置なんでしょうね。

比べるのはお門違いだけど、ひろみちゃんと同じくらいの学年ですよね。

頑張れーひろみちゃん!


続けて、まりこさんのさよならショーを拝見。

最後の挨拶は、度肝を抜かれた。

この場所で「嫁がせていただきます」宣言。

これこそ、スゲーや!

ファンは悲しいのか、嬉しいのか、複雑だけど、

たいそう盛り上がったことでしょう。

今はブラジルの主婦だし、子供もいるし、

あっ、のる様もそうだ。

2代続けて寿退団で、母になってる。

どんなにキャリアを積んでも、お金があっても、家族は買えない。

まりこさんの子供があんまり似てないのがまた良い。


明日は、月組観劇だ。

しかも、5列目、どうしよう。

今までで、1番良い席。

エリザで、6列目だったのが1番良い席だ。

ドキドキするけど、鼻血出そうだけど、血圧上がりそうだけど、

頑張ります。

2日後は、さえちゃんのTVもあるし、

ファンミもすぐだし、

仕事もバカみたいに忙しいし、

あー大変。

幸せと不幸は同じ量だとつくずく、実感。

思ったより寒くなって、ファンミで着ていく洋服をどうしましょ?

なんてのんきなことも考えているのだから、

まだ、私元気だな。

40代中盤、まだまだ老け込んでなんかいられないぞ。

若いファンに負けない様に、さあ!ジョギングでもしましょう。

でも、寒いなー。

ファンミまでの道のり

さえちゃん
03 /17 2007
世界で1番好きな人に逢う。

かなり接近するであろう。握手なんかまで出来るはず。

毎回ファンミが近くなると、興奮のあまり思いも寄らない夢を見たりするが、

その日まで、私は高い山の山頂を目指し、ふもとから上り始める気がする。

始めはそんなに景色は変わらない。

少し上り始めると色々変化があり、

段々息苦しくなる。

山頂が見えると、もう息も絶え絶えになり、

めまいがしたり、幻覚やら、もう何がなんだか分らないくらい。

そして山頂に到着すると、「わー!」となる。

すべてを忘れ、深呼吸し、涙まで出る。


私のファンミまでの数日はこんな感じです。

苦しいのに、嬉しい。

そして確実にその時はやってくる。


職場でも人事が変わり、

家庭でも、春の足音が聞こえ、

「ヒルズ」に出向く私も前回とは違う。

さえちゃんも集まるファンも前回とは違うはず。

今の私と、今のさえちゃん。

良い時間になりそうです。

ピュオーラ

さえちゃん
03 /16 2007
事務所が同じ人の親密度は、どのくらい?

さえちゃんと同じ事務所の倉本さんが、

ご自身のブログで、ピュオーラを持ったニコニコのさえちゃんを激写してる。

事務所の廊下か何かで撮ったんでしょうね。

両手にピュオーラを持つさえちゃん。

大好きなお菓子をもらった子供のような顔をしてる。

仲良しなのかな?でも、名前が違ってるけど・・・彩木って?誰?

まあ、いいでしょう、かわいい顔が拝めるだけで、文句はありませんが。

TVCMはまだ見てません。

ほとんど民放を見ないので、苦戦しそうですが、 頑張ります。

もうご覧になった方は、番組を教えてくださいませ。お願い致します。

さあ!ファンミまで1週間。

ダイエットに大失敗して、巨漢のまま六本木におでましか?

最後のあがきをしましょうか?

お菓子を食べながら考えましょう。

ピュオーラ新CM

さえちゃん
03 /14 2007
ピュオーラの新しいCMが出来ましたね。

今度は、歯ブラシでーす。

さえちゃんももちろん登場してまーす。

さえちゃん若返った?髪が伸びた?お化粧変えた?

「さわやかさに、一層磨きが掛かりましたよ」って言う感じです。

さすが歯磨きのコマーシャルで、新しい朝を連想します。

スカイブルーの洋服なんて初めて見たかもしれない。

おはよう!さえちゃん!

これなら、顔なんか洗わなくても、

朝ご飯など食べなくても、

燃えるごみを出し忘れても、

さわやかな朝が迎えられそうです。

さえちゃんのさわやかさをドンドンアピールして、

「ズームインスーパー」か、「スッキリ」にレギュラー出演し、

バード羽鳥やら、テリー伊藤とボケをかまして欲しいです。

そしたら私も、夜型から朝型に変わり、

5時30分には目覚め、正座をして日テレを見ます。

もちろん、「なに?これ~」と言いながら、

歯磨きし、手早く朝ご飯の準備をしてから・・・

すると、5時起床だな。 無理だな。

やはりCMだけ楽しみましょう。

女子集団の魅力

日々の事
03 /14 2007
現在宝塚歌劇団にどっぷり首までどころか、

眉毛あたりまでつかっていますが、

先日見た芸能ニュースで、忘れていた記憶が甦りました。

高校生になるかならずの時から、ある女子集団にはまってました。

「女子プロレス」

その当時は大変な人気で、観戦のチケットはほとんど手に入らないような、

お宝でした。

でも大ブームの少し前に、友人に誘われて初観戦。

四角いリングの最前列、もとい、リングサイドにて観戦した私は、

この世界に入りたいかも?と思いまして、

早速友人に話しましたら、即刻「無理だよ!」と言われ、

「そうなんだ」と即あきらめました。

その選手の中に、今話題の「ジャガー横田」さんもおり、

彼女は当時新人で、会場の周りの掃除やチケット販売の手伝いをし、

もちろん、試合もしてました。

当時は女子プロレスの先駆者「マッハ文朱」さんが引退されたばかりで、

その方に憧れた「佐藤尚子」さんや「上田まき」さんが「ビューティペア」

というペア―を組まれてデビューしたばかりで、

TVでひっぱりだこになる寸前でした。

彼女達はとても真面目で、地味で一生懸命でした。

その彼女達と食事をしたことがあり、

夢のようなひと時でしたが、自分がいかに恵まれた生活をしているか、

毎日だらけているかを、思い知りました。

「ダンプ松本」さんは、もう少しスマートで、悪役を演じきってましたが、

リングを降りたら、ワンちゃんをネコ可愛がりしてる優しく、礼儀正しい人でした。

「ジャガー横田」さんは選手生活30周年を向かえ、

生涯現役を宣言しました。

彼女は優しく、お料理が得意。

そして、卍固めが得意技。

久しぶりに見に行こうかと、現在の料金を検索。

8000円、6000円、3000円、なるほど。

でも、近くでやってないな。

年内中には応援しに行きましょうか。

「神取しのぶ」さんの試合も見たいな。

でも残念ながら、「ビューティペア」の「佐藤尚子」さんは、

若くして亡くなり、あの勇姿は2度と拝めません。

そんな残念なお知らせが来る前に、見ておかなくては。


高校生時代は女子プロレスで、彼女達の飛び散る汗を受けて、

今はジェンヌのウィンクに倒れ、

ますます、女子が好きになっております。

これからどんな素敵な方にお会い出来るか、

人生は短過ぎて、退屈してる暇などないのであります。

旅行

日々の事
03 /11 2007
先週からドイツに行ってました。

本日は5万円の予算を残して帰国。

その前はハンガリーも行ったし、マラケシュや、モロッコにも行きました。

でもパスポートは持ってません。(何それ―?)

何を隠そう、日曜日のBS番組で、「世界体感旅行、トラベリックス」での、

バーチャルトラベルでの話です。

これにはとてつもなくハマリまして、毎週世界各国を旅している感覚です。

ほんとにその国に行ったも同然になるから、あら不思議!

世界はほんとに面白い!

私は新婚旅行で、グアムに行っただけですが、

もう、全世界を旅した気になってます。

でも打って変わって、国内はかなり詳しいです。

仕事の関係で、様々な土地に行ったので、

安いガイドブックなどより詳しいわけです。

その中には、いわゆる心霊スポットやら、お出ましになる、ホテルや旅館

も経験してます。

仕事で行く為、1人やら数人で宿泊するわけですが、

何故か圧倒的に一人の方が、其の筋の方に遭遇しまして、

大変貴重な体験をさせていただきます。

帰ってから仲間に「出たよ!あそこ」と報告しますと、

必ず、「やっぱり!」などと言われ、かなり図太い神経の私でも、

でるということは、本物かもね、なんて褒められたりもしてます。

これから卒業旅行などを計画している方は、要チェックですが、

あまり教えてくれるところはありませんから、

調べ様が無いですが、

どうしてもそのような体験をしたくない!

と言う方は、たくさんの旅行好きに聞くのもいいでしょう。


私の宝塚仲間の娘が、本日から社会人になりまして、初出社です。

今週は息子の卒業式もあり、

子供達もそれなりに出会いと別れを経験してます。

私も義務教育の子供がいなくなり、

大人の仲間入りする子を大きな木の横に立って、見守ります。



こんな感じに・・・。

今年こそはヨーロッパ旅行に行くぞ~!

さえちゃんの舞台がたくさんありませんように・・・

でも、ありますように・・・複雑です。

ねったんとエクシリム

宝塚
03 /11 2007
夢輝のあ君の「イーハトーブ」をスカステで見た。

宝塚は色々不思議な所だ。

なんでこの人がトップにならなかったんだろう?

夢輝君は、のる様のベルバラでしか見た事なかったから、

こんなになんでも出来るのに、あまり彼女が主演した作品が放送されないのは

不思議です。

それとも、主演作が他に無いのでしょうか?

宝塚初心者の私としては、他の作品を是非見たいものです。

この時代の星組の皆さんは、誰も彼も歌がうまくて、

なんかレベルが高過ぎです。

こんな組なら、きりやんも浮かなくていいのになーと、

今の月組での彼女が気の毒なくらいでした。

注 (根っからの月組ファンです)


最近弟がNHKで、花組の「マラケシュ」を見てから、

おさださんがカッコイイと絶賛してましたので、

今度宝塚劇場デビューさせようかと、考えています。

弟よ、男役の美しさと、華麗さを学び、男を磨きたまえ!

姉の愛情でチケットを入手してあげようではないか。

見事デビューを果たした暁には、泣いて感謝を述べよ!


ところで最近やたらと、カシオの新CMが流れ、

その度に、「あーほんとならさえちゃんなのに~」と、悔しがってます。

今度の女優さんには、全く罪がありませんが、

次ぎの舞台には、カシオからのお花も無くなるんでしょうか?

どうぞカシオ様、今のシリーズが変わったら、

再びさえちゃんをお願いします。

そうなれば、2代目のエクシリムを必ず買いますから。

多分買いますから、きっと買うでしょう、ローンでもいいでしょうか?

カシオ様、彩輝なおをよろしくお願いします。


初めて見た「パリの空よりも高く」

月組
03 /09 2007
本日観て参りました。

まだ、ムラで上演中は、実感が湧かずに、

東京で初日が開いても始まっているんだな~程度で、

なぜかよそよそしい気持ちでいた今回の公演。

どこか自分の盛り上がりが欠けていて、

どうにもこうにもなんでだろー?状態のまま、行きました。


見なれた赤の緞帳が上がり、さあ!始まり始まり。

いいね、ほんとにいいね。月組は・・・

デッキが駄目になる程見たエリザのおかげで、

はじから、端まですべて生徒がわかる。

私の大好きな、瑞羽奏都くんが踊るロケットが幕開きすぐに、観られるし、

「やめさせろ!」の風雅湊くん、紫水梗華ちゃん、

など今回の退団者を見つけると、もう、涙がじんわりしみだして、

コメディーなのに、悲しくて、

でもキリやんの歌声で我に返ったり、

オペラで舞台をぐるぐる観まわしながら、奏都くんを見つけると、

「よっしゃ!」と心の中で、ガッツポーズをしたり、

やっぱりトップさんとゆうひくんを見なきゃと、

オペラをセンターに戻したり、

綺麗な声が聞こえると、たきさんやあやの先輩を見たりと、

大変忙しい観劇でした。

本日はなぜか、男性客と高齢のご婦人が多くいらっしゃり、

ロビーでは、たくさん嫁の話が聞こえました。

このお客さんも、日頃のうさばらしや、ストレス解消に来たんだなと思い、

さんざん嫁のぐちをこぼしていたご婦人も帰り際には、笑顔だった事が、

凄く嬉しくなりました。

今回も退団者はいますが、連続でトップ退団公演を観てきた前回までとは

違い、感傷に浸るより、きちんと観劇できたような気がします。

タキさん、あなたが来てくれてほんとに良かった。

引き締まる舞台になりました。

桐生園加くん、花組出身者はハナがありますね(何かが違う)アイガッチャ!

遼河はるひくん、美人です、綺麗です。(さえちゃんと同じだ)


今日は2階席でしたが、次回は5列目で、皆さんを応援します。

少し寒い風が吹く日比谷でしたが、

冷たいビールをきゅっと飲みたくなるような、

あったかーい舞台でした。


月組の皆さん、ありがとう!楽しかったよ。

彩輝なお様

さえちゃん
03 /08 2007
甘~い声。

だ~いすきなお顔。

溜息のでる、長身に、程よいスリーサイズ。

可愛い、かわいい性格。

彩輝なお様。

あなたの舞台があなたの演技が、なるべくたくさんの人に愛されます様に。

その美しさも、可愛らしさも、

私などが手の届かない大女優になりますように。

さみしいけど、次回からは人気が出過ぎて、ファンミが開けないように、

なりますように。

今回が最後のファンミ、このあと大ブレイクし、

ブロードウェイ作品に次々出演して、

来年は「菊池倫子」さんに次いで、

「彩輝なお」さんが、オスカー候補になり、

雑誌の表紙はすべてさえちゃん。


♪「たとえ~いまは~、夢のように思えても~」

壮大な私の夢が、いつか叶うことを信じます。

歌劇3月号

宝塚
03 /08 2007
私は、9日に月組「パリの空よりも高く」を始めて見に行く。

その時に「歌劇」を買おうかな?

でも、さえちゃんは出てないから、止めようかな?

そんなことを考えていた矢先に、娘が「歌劇」を買ってきた。

ピンクの表紙で、とうこちゃんの笑顔。

間もなくお披露目の幸せそうな表情で、春にふさわしい。

早速読み方、始め!

色々楽しい記事が一杯ですが、はたとページが止まった。

「宝塚歌劇団新生徒ご紹介」

なんですと?ニューフェースが一同に介して、

初々しい姿を披露しているではありませんか。

これは、はずせない、というより1番の読み物です。

さえちゃんなきあと、様々にジェンヌを研究し、

それぞれの組ごとに御贔屓さんを選んだりしたけど、

こんな素晴らしい企画が、もしかしたら、毎年行なわれていたのでしょうか?


よくみると、明かに現役ジェンヌと面立ちが違う。

カメラに向かう気持ちが表情に表れている。

ファンに向けてではない、何かを作っていない、

卒業写真のような、晴れ晴れした顔。

ここにいるすべての生徒さんが、将来トップになれればいいのに。

どうか、悲しい辞め方をしませんように。

そして、この生徒のご両親がうらやましいです。

さぞかし、嬉しいことでしょう。

演劇評論の方が言っていたけど、今はタカラジェンヌじゃなくても、

たくさんの選択が出来る時代で、

すぐさま、芸能界入り出来る人も数多くいる中で、

相撲界、歌舞伎、宝塚、みたいに昔ながらの伝統は、

これから厳しい時代になっていくのは、目に見えている。

その世界に飛びこんだ勇者を、出きる限り応援したい。

少子化も進み、受験生も減るのかもしれないが、

どうにか、頑張って欲しい。

「歌劇」を10年、20年、30年、と続けて読めることを、

願っています。

不滅の棘

宝塚
03 /06 2007
このブログをご覧頂いている方は、何歳なのでしょうか?

10代?これは、少数ですかね?

20代~30代たくさんいらっしゃるような予感。

40代~50代の方は、どうでしょうか?

それ以上は、はたして・・・。

私は、自分の歳を卑下する人が嫌いで、

自分で歳を気にするようなら、もう充分中年以上だと思ってました。

かくゆう私も年齢を気にして、その話題を出すということは、

充分卑下する事に値してる。

花組の「不滅の棘」は、まだ宝塚の何たるやを知らぬ時に、

偶然見た作品です。

なんとも救いの無いバッドエンドに、呆然としたのもつかの間、

次ぎの瞬間は希望や、生きている意味などを思い、

幸福感さえ感じました。

「こんなのもやるんだ!」宝塚の作品の奥深さを思い知りました。


いつか、こんな作品を生で観たい!

それから通い続けていますが、これ以上の作品はまだお目にかかってません。

まあ、個人的に好きなジャンルなのでしょうから、

これよりいいのあるよ!と言う方是非お教え下さい。

いやーお芝居ってほんとにいいもんですね。


そして、昨日の日TV番組は、ドキドキしましたね。

やはりまだまだ自分は初心者なのだなーと、実感しました。

中日劇場のロビーも始めて見たし、

「ずんこ」さんの愛称も由来が分って、スッキリ。

たくさん、月組のトップさんも見れたし、

まみさんはだいぶ映像の仕事も慣れたようで、

楽しいひとときでした。まあ、ゆりちゃんと、さえちゃんがでないのは、

ちょっと残念でしたけど、

最後に、元祖黒蜥蜴様が、エリザベートを演じる衝撃で、

驚きながらも、み・た・い・と思いましたね。

どんな、シシ―なのかな?


怖いもの見たさで、劇場に行ってみたいです。

再びさえちゃんがTVに出演

さえちゃん
03 /05 2007
Ayakiメールが届き、再びTVに出演するとのこと。

草木も眠る丑三つ時の放送で、

人よりも草木に近い私ももちろん眠っている時間ですが、

こと、さえちゃんの事に関しては、時間など問題では無く、

必ずや、リアルタイムで見ようではありませんか。

というより、寝てなんかいられないし・・・。

草刈マサオ氏は、以前「イグアナの娘」のドラマで、

たいそう気になっていまして、それ以前もかなり彼のドラマは見ましたので、

今回は期待大です。

ファンミの直前の放送で、この話も出るなー、たぶん。


雪エリザの配役は、予想どうりですが、

ひろみちゃんは、エルマーなんですね。

革命家としては、リーダーですから、学年的にはいいんでしょうが、

出来れば、さえちゃんと同じ、ジュラをやって欲しかったな。

しかし、革命家は、雪組に詳しくない私でもわかる路線の男役ばかり。



そして、ゾフィーは、期待どうりですね。

堕天使のDVDの未来さんは、こういっては失礼ですが、

凄く怖い顔の連続で、ひえ~と叫びそうでしたので、

これでもかと、となみちゃんをいじめたおしてください。

まさに三拍子そろったキムくんは、これまた楽しみで、

何回も観たいですね。

でも、チケットがとれるでしょうかね?

ものすごい倍率になりそう。

間もなく日テレで宝塚の特集番組がありますが、

なんか民放でジェンヌを見ると、恥ずかしいのは私だけでしょうか?

どんな番組なのか、ちょっと怖い気がしますね。

元祖「黒蜥蜴」様もご出演なので、

あやねさんの黒蜥蜴ぶりなども評論して欲しいですが、

さすがにまずいですかね。

さあ、怖い物見たさで、スイッチオン。

宝塚の音楽を持ち歩こう!

宝塚
03 /05 2007
好きな宝塚の音楽を買う。

パソコンで買って、CDにする?

TCAミュージックなるもので好きな楽曲を選ぶ。

んー、欲しい曲がたくさんあるけど、どうやるのか分らない。

普段は母の威厳を保つ為に、娘に頼みごとはほとんどしないけど、

これはやってもらおうではないか・・・。

というわけで、購入しました。


以前ブログにも書きましたが、あやの先輩の、

「千の風になって」が聞きたくて最初に購入。

そして、かわいいくて大好きな「世界で1番好きな人」(タイトル違うかも)

りかちゃんとくららちゃんの「「私のバンパイヤ」(またまた違うかも)

さえちゃんの「荒ぶる魂」

コムさんの、「地獄の舞踏会」など・・・。


1曲150円で買えるなんて、お得ではありませんか。

好きな曲だけ選べて、マイベストが出来ました。

ヤッピー!(死語です、知ってる方は、○歳以上ですね。)

昨年の主題歌集を買うのは辞めました。


只今、星組の綺華れいちゃんの番組を見てます。(スカステ)

れいちゃん、さえちゃんみたいに綺麗で、大好きです。

旅番組だと素顔に近いので、美しさが際立ちますね。

もうすぐ研10だそうで、これからが勝負ですね。 

注目してますよ。


じゅりぴょんの結婚で、さえちゃんはどう思うでしょう。

女性として、色々考えるでしょうね。

30代は最も自分の歳について考えるのではないかとも言われるので、

これがきっかけになることも充分あるわけで、

近い将来さえちゃんも人妻になるかも?

どうかさえちゃんの得意料理「納豆炒め」で、

素敵な彼をゲットしてください。

オーストラリア旅行も行ってね。

さえちゃんに幸あれ!

じゅりぴょんが人妻に~!

宝塚
03 /03 2007
樹里咲穂さん、ご結婚おめでとう!


本日入籍ですね。(ご本人のブログより)

ひな祭りに、入籍されるとは、さすが乙女!

同期のさえちゃんも知っているのかな?

久々に嬉しい幸せな報告で、なんかじんわりしました。

結婚はいいですね、最近の退団者では、ゆらさんに次いでですが、

じゅりぴょんなら、かわいい~、おもしろーい奥さんになるでしょうね。


ほんとにおめでとう!

ビバ!サンバ

月組
03 /02 2007
キリやんの新公「ノバボサノバ」を観ました。

本公演も観てないので、どのくらいカットされているのか、

このショーのような作品は、一体何者なのか?

1本物なのか、何かの作品と2本立て?

新公でやるのだから、ますます謎だ。

それとも、この作品はショーではないんだろか?

なんだか分らないが、とにかく面白い!

霧矢さん、あなた出来あがり過ぎです。

こんな新公を見た上級生は、びびったに違いなく、

その後の本公演は、気合が入ったことでしょうね。

それにしても、主役のキリやんがまだ2番手なのに、

タニちゃんはすでにトップになっていて、

わからないものですね。


上手な人は、だいたい先が見えるので、

安心だし、心地がいい。

でも意外性があり、見ているほうが緊張する、そんな舞台人に、

みょーに惹かれる。

決してさえちゃんのことではありません。


素晴らしい舞台でしたよ、越リューくんがきれいだし、

れおん君まで登場して、舞台は人が溢れていたし、

まあ、機会があれば本公演も見ましょう。

でも、見なくてもいいかな?もう、お腹が一杯です。

それにしても、娘役さんでわかったのは、

末子さんと、たまこちゃん、みずかちゃんだけで、

寂しかったです。たくさん辞めたんですね。

では、何年かは知りませんが、TCAでさえちゃんが歌っていた、

「アマ―ル アマ―ル」を聞きながらお別れです。
(自主的にイメージしてください)

白蛇伝感想(息子バージョン)

白蛇伝
03 /01 2007
学校から帰宅した息子が、どうしても観たい?というので、

(ほんとは言ってない)勿体無くも、見せてあげた。

彼は受験生であるが、もうすでに決まっているので、呑気なのです。私も。

そして観ながら、感想を言い始めた。

彼はコムさんの大ファンで、というより「堕天使の涙」ファンで、

ベルばらや、薔薇の封印、などをDVDで見ており、

なんと東京宝塚劇場デビューで、おさださんの「ファントム」も観劇済みです


「これいいね!、宝塚と大きく違うところは、

本物の子供が出せる事だね、宝塚だったら30歳近い人が無理して

やるとこだけど、本物の子役だね。」

そう来ましたか、そうなんだね、私は宝塚ばかりなので、

こんなことも、思いも寄らなかった。

「よくわからないけど、なっちって歌うまいの?」

「さえちゃんよりうまいの?」

「お母さん、良かったねDVD]

「これが来たから、おたふく治ったみたいな感じだね」

「よくこの衣装をさえちゃんが嫌がらなかったね、あんなに肩や、

腕が見えて」


このようなことを言いながら、DVD鑑賞は終わった。

午前は娘と見て、午後は息子と見た。

私と、20歳の娘と15歳の息子。

それぞれ感想が全然違う。

母の大好きさえちゃんを少しは理解してくれて、というより、

かなりマインドコントロールしつつある。

「白蛇伝」

このおかげで、なんか暖かい1日だった。

おたふくも治り、明日から出勤だ。


白蛇女王 ラミア様

白蛇伝
03 /01 2007
今日こそはDVDが届くはず!と早朝から朝刊を無駄にのぞくと、

なんと一緒に入っていた。

まさか新聞屋さんが届けるはずは無いので、昨夜遅くに届いたのでしょう。

朝から観ました、「白蛇伝」。

実は私、恥ずかしながら、昨日から会社を休んでいます。

なんとこの歳で、「おたふく風邪」耳下線炎にかかりまして、

DVDを朝から観よ!と言わんばかりのボケナス状態です。


白蛇伝は、最前列とか2列目3列目ばかりだった為、

なんか始めて全体を見た感じでした。

心配していた録画日の騒音も、きちんと処理してあり、

流石!良い仕事してますの印象です。

娘も一緒に観ましたが、(朝からさえちゃんを共に観てるのは良い事!)

さえちゃんがマントをひるがえしながら登場する挨拶シーンは、

思わず「おお~!」と叫んでしまいました。(親子で)


このDVDを買おうか買うまいか、ほんの少し迷いましたが、

思ったよりかなり良くて、さえちゃんもたくさん映ってました。

しかも、美しく・・・。

私が生で観た舞台のDVDはエリザだけだったので、

販売されてほんとに良かった。

しかし、なっちは可愛いなー。

挨拶のところで、「嬉しい、うれしい~」って連発して、

なっちは宝塚の娘役になって欲しかったな。

さえちゃんの相手役でも良かったなと、本気で思いました。

問題の「サイキナオ」のシーンは、あまり気にならず。

それより、特典DVDの記者会見のさえちゃんの衣装に、

「キャー!胸元が~」

と、画面にクギズケ!

凄いんです、素敵なんです。

この衣装のおかげで、ナレーションなんか、気にもならず、というか、

聞こえないくらいです。

是非全身を拝みたい!この衣装はワンピースなのか?

スカート丈はどうなのか?

スリットは入っているのか?

立ち姿のさえちゃんの横に「花音ちゃんが~」残念!見えないんです。

花音ちゃんに罪はありませんが、思わず、「どいてくれ~!」と、

画面に向かい叫びました。


興奮しすぎて、腫れが引き始めたばかりなのに、

熱が出てきそうです。

あのテアトルでの思い出が確実に残りました。

「♪けして忘れる事は無い~」

さえちゃん!おめでとう!コスプレ、最高でした。

そして、瑪瑙ちゃん、可能なら今からジェンヌになって欲しい!

カッコ良い手下でした、黒天使みたいで・・・。


さあ!もう1回みよーっと。

みー

宝塚歌劇団、元月組男役。
卒業生の瑞羽奏都さんの大ファンです。