FC2ブログ

白蛇伝のDVDで

白蛇伝
02 /28 2007
白蛇伝のDVDの事をさえちゃんファン以外の方のほうが、

正しく理解しているようで、

「爆笑」、「受ける」、「面白い」などの意見はサエコファンのみという、

何だか面白い現象が起きてます。

なっちファンの方は、「あやきさんに失礼です!」

          「ファンが気の毒です!」

          「チェック体制が甘い!」

などと、まるで正当なご意見ばかり。

彩輝なお様 命!と言っているのに、私の意見といったら・・・

これは、いかんです、まずいです。


でも、怒れないんです。

退団後初のDVDですもの。

前回DVDの販売中止で、辛い思いをしたから、発売されるだけで充分。

しかも、ファンミでの話題になりそうだし。

DVD飢餓状態にうるおいをもらったので・・・。

明日は配達されますように。

待ってますよ。
スポンサーサイト

白蛇伝のDVDが回収されるって?

白蛇伝
02 /27 2007
帰宅するないなや、「アマゾン」から、

「白蛇伝」のDVDを発送しましたよーのお知らせがあり、

やったー!と喜んだとたんに、いつも貴重な情報を提供してくださる、

yama様のコメントを見て、うけた!いや、うそー!と思った。


『白蛇伝DVD回収』だそうで。

詳しくは、25日のブログのコメントからどうぞ・・・。(yama様ごめんなさい)

DVDの中で、さえちゃんのことを、

サイキ ナオと読んだらしい。

サイキ ナオ?

凄いぞ、凄い間違いだ。感動。


ファンなら、何よ!と言わねばならない所でしょうが、

なんか、とてもツボにはまり、返却しないでこのままがいいかな?と、

ますます、楽しみになった。

はーやく、来い来い!白蛇伝!

「サイキ ナオ」様、なんかオーラがあって、いいかもしれない。

間違えた方、余りへこまずにこれからも頑張ってネ。

良い記念になりそうです。(正真証明、ア・ヤ・キ・ファンです)

未来のさえちゃん?

さえちゃん
02 /26 2007
某ブログ様のご紹介により、気になる未来のジェンヌ発見!

彩輝直似の新人?

ハスキーな声。

長身。

その方は、「小笠原 咲」さん。

んー?少し似ている?ような気もするが・・・。

凄く楽しみじゃありませんか。


音楽学校の文化祭での記事でしたが、こんな新人がいるなんて、

ますます、宝塚に通ってしまうではありませんか。

ガラスの迷宮に入り込み、さあ!選び取れ~欲望のーま・ま・!ですな。

次ぎから次ぎに可愛いくて、カッコイイジェンヌが仲間入りして、

嬉しい限りです。

話は変わりますが、月組のナウ・オン・ステージでも言ってたけど、

あやの先輩の「千の風になって」は、ほんとにDVD販売して欲しいですね。

TCAに頼んでみようっと。

聴いたことの無い方は、2005年のチャリチィーコンサートをどうぞ。

紅白で歌っていた男性より(名前を知りません)ずーと好みです。

今日スーパーで「彩の輝」(さいのかがやき)というベーコンを買いました。

さえちゃん
02 /25 2007
本日「飛鳥夕映え」が放送されましたね。

ご覧になった方、いかがでしたか?

ファンミに行く為の休日取得の為だけではないんですが、

ほんとに読んで字のごとく、心を亡くすほどの忙しさです。

こんな時こそさえちゃんを見たいけど、その時間が取れない。

DVDも観れないこんな時は、仕事中にファンミのことや、

次の舞台や、間もなくやってくる「白蛇伝」のDVDの事を考えて、

どうにか仕事をこなすしかない。

さえちゃんも頑張ったあまみん(ゆりちゃん)のお披露目公演の録画も、

いつゆっくり見れるか?(チョットだけ観たけど・・)

もう、休ませてくださいなー!と叫びたくなるときは、

前回のファンミでさえちゃんの隣に並んだ自分との写真を見て、

でれーーーーっとする。

元気100倍だ。

忙しいので、本日はこれまで。

読んでくださってありがとうございます。

忙しい方も、そうでない方も、元気で頑張りましょうね!

11年前の歌劇

さえちゃん
02 /24 2007
こんばんは!

あなたは「歌劇」を買いますか?

私はほとんど買ってません、何故ならさえちゃんが出てないから。

ですから、さえちゃんが出ている過去に販売された、

古本の「歌劇」を買いあさってる。

平成8年7月号をお持ちの方はお分かりでしょうが、

新公初主演の記事が出てる。

公演評論が役者1人ずつに書かれていて興味深い。

そして、なんと「楽屋日記」は祐飛くん。

「銀ちゃんの恋」に出演中らしい記事。

すごく幼い顔で、別人みたい。

私の知らないさえちゃんを見るたびに、こんなにも長くジェンヌを

していたことに改めて感心し、大変だったろうな、と思う。

フツーの人生なんて誰にも無いけど、

それでもやはり特殊な仕事だし、

もしかすると、彼女達は、「仕事」をしている、という感覚さえも無いのかも

しれない。


凡人には理解出来ないやりがいと、幸せがあるのかもしれない。

精一杯「宝塚の男役」を模索している頃のさえちゃんは、

ま・ぶ・し・い・!くらいです。

もし、機会があれば読んで見てくださいね。

ちなみに、表紙は麻路さきさんです、普通の白のセーターを着てます。



アディナンか、イルトロヴァト―レか、それが問題だ

さえちゃん
02 /23 2007
バケツ、スカート、わし。

これで分った方は、ゆうひ君ファンですね。

さえちゃんの作品見たさに「ジャワの踊り子」を見て、

衝撃を受けた事を思い出した。

ゆうひ君のハジ・タムロン。

俺じゃなく、ぼくでもなく、わ・し・。


そして、越リュウ君。

なんという色っぽさ、こうゆう役ピッタリすぎて、

適材適所の配役は、観て居て心地良い。

スカステのアンコールで、明日放送されますね。

でも、残念ながら、同時刻にスカチャン800で、

「炎にくちずけを」があるので、そちらを選択。

出来れば、さえちゃんと共にハンケチーフをくわえ、

砂浜で、「バカにしたナー!あはは~待て~待て~!」ごっこがしたい。

あの曲を叫んで、テラスに腰巻を、いえスカーフをかけましょう。

今夜あたり、テラスの影にアディナンが来てくれることを祈って。

本日新コマのエリザコンのチケット到着。

千秋楽だし、さえちゃんが来ると良いな。

ハッピーバースデーを歌ってくれたお礼に、観に来てね!

パリの空に誘われるけど・・・

さえちゃん
02 /22 2007
まだ、月組観劇をしてません。

さえちゃん仲間が観劇をして、「ゆうひ君、最高!でした」と、

報告をしてくれました。

でも、見てからのお楽しみよ!と非常にそそられる感想を告げられ、

居ても立ってもいられずに、モンモンしてましたら、

チケットぴあからメールがあり、

「まだ、チケットがあるよー、残ってるよー!、

しかも、プレゼント付きで、オペラもタダでかしてあげるよー」だそうです。

そんなに人気がないのか?

オペラ付き?あさこちゃんのサインも当たる?

こんなにしなくては売りきれない作品て、一体?

天下の月組が、なんか可愛そうで、可愛そうで・・・。

でも、ごめんね、2回分のチケット代でもう無理です。

だって、だってさえちゃんとまるかぶりなんですもの。

ファンミに、グッズを買いたいし、

さえちゃんの近くに行くのに、ボサボサヘアーじゃ嫌だし、

お洋服も欲しいし、パンプスも新調したいし、

最後のあがきにダイエット食品も購入するし、

何より、気持ちがもうすでに「六本木」ですから。


新しい組長の流暢なご挨拶が、ゆらさんと違う事に新鮮さを感じたけど、

もちろん、いとしのゆうひ君も拝みたいけど、

かなと君にお手紙を渡したいけど、2回で勘弁してくだい。


あーどうして、月公演中なのかな?ファンミは・・・。


それにしても、月組の出待ちで、みっちゃんが見れないのが、

全くもって悲しいな。

よく、会の方の居る場所を間違えて、凄い笑顔で走るみっちゃんが、

可愛かったです。

せっかくメールをくれたぴあさんですが、これ以上買えません、

これにこりず、次回もお願いします。

真っ赤なりんご

さえちゃん
02 /20 2007
こんばんは!

スカステでひろみちゃんを見る度に、さえちゃんに似てるなーと、

つくづく思う今日この頃。

さえちゃんのファンミや、日生劇場公演のスケジュールに合わせて、

いつ有給休暇を願い出ようか?など思いをめぐらせている時間は、

まことに至福の時です。

近所のスーパーでは、1円でも値段が変ると、

「えーなんで値上がりしてるの~?」とおおげさに騒ぐ私ですが、

さえちゃんの事は別。

金銭感覚をこれでもかと言うほど、無くしてしまう愚か者です。


愚かな私にさらに拍車をかけるように、

どんどん、舞台の発表をしてくださいね。

さらにドツボにはまらせてください。

「アダムとイブが自らの手で禁断の木の実を手にしたように」

さえちゃん林檎が甘過ぎて、美しくて、

「美味でございます!」

本日、深夜にシニョール・ドンファンを見ながら、

また、溜息をつきましょう!。



良く考えると、難しい

さえちゃん
02 /19 2007
先日届いた会報の後半のページに応募しようと、

ついうっかり考え過ぎて、昨日のブログ更新をあきらめました。

「イベントや、ファン同士の交流を考えて応募してね。」

考えてみた、考えて・・・

私がさえちゃんなら、私がAyakiの代表なら、何がしたいか?

何よりファンの私なら、何が楽しいか?

そしたら、時間一杯さえちゃんを、なるべく近くで見たい。

これに尽きる。

話も、歌も、笑顔も何もかもいい。それは当然。

いつもは遠い舞台にいるさえちゃんを、近くで見られる。

入りや出待ちでは、ほんの一瞬だから、(それも非常に良いけど)

近い場所にいる、自分と同じ空間にいる、しかも長い時間。

嬉し過ぎる時間。

あーこれでは逆戻りで、前に進まない。

さえちゃんと一緒になにがしたいか?ちゃんと考えて応募しなければ・・・


さえちゃんが退団してからファンクラブに入った私だから、

現役時代のお茶会には参加した事が無いので、

どんな事をするのか、始めはドキドキしたけど、

(始めての握手で泣き、愛と死のロンドの歌には大号泣)

今回のファンミは1回だけにしようかな?と思ったりしたけど、

会報の表紙の裏に、「来・て・ね・!」なんて書かれたら、

「はい!よろこんで~」なんてどこかの居酒屋みたいに、

2回とも参加する事を誓いました。多分・・・


今夜もイベントについて考えて、また久しぶりに似顔絵も練習しようかな?

私の会報への応募は〆切りまでに間に合うのでしょうか?

その前にファンミの応募を済ませなきゃ。

さえちゃ~ん!まっててね~。

月組さんが東京に

宝塚
02 /17 2007
月組の東京公演が始まりましたね。

我が家にもそのお知らせが「瑞羽奏都」君から届きました。

昨日は、さえちゃんの会報、今日はかなと君からおハガキが届き、

喜びのダンス(やたらに腰を振る)をしながら、宙組のベルばらを鑑賞する

なんとも贅沢な時間を過ごしています。

さえオスカルは、まことにチャーミングで、言う事無いです。

ちょうど、弟が遊びに来ていたので、もったいないけど見せてあげました。

弟は、「彩輝なおのオスカル、いいねー!んーいいよ!」と言い、

番組の紹介で、たかこさん、おはなちゃん、その次にさえちゃんの、

名前を見つけて、「主役の2人の次に名前が出るんだ、凄いんだね」

などと、姉の私を喜ばせる発言を次々にしたので、

私も調子に乗り、お宝の会報をみせてあげました。

彼は、「逃亡者おりん」もTVで見たので、夏に撮影された事を知り、

「役者は大変だね」と、たいそうさえちゃんを褒めたので、

久しぶりに「我が弟よ!」と可愛がってあげました。


昨日は花組のベルばらを、今日はさえちゃんベルばらを鑑賞し、

初舞台のロケット姿に次いで、オスカル姿を見ると、

ベルばらがますます好きになります。

どの人も良い味出してます、良い仕事してます。

こうなると、なんか、ゆうひ君オスカルのDVDも見たくなり、

「小雨シーン」のみ鑑賞。

ああー、お腹一杯です。

不覚にも、やはり牢獄のシーンは泣いてしまい、

恐るべし、たか、ハナコンビ。これじゃ、離れられないよね、多分。


かなと君からのおハガキは、キュートな笑顔で、

黒燕尾にシルクハット姿でした。

銀座から送ってくれました、ありがとう!

まだまだ、若いかなと君、オペラグラスで見つけるのも大変だけど、

いつか必ずあなたに、あなただけにライトが当たる日が来るね。

最下級生で、黒天使をし、さえちゃんを守り、頑張ったあなたを、

毎日一杯いっぱいで演じる、下級生のかなと君が、大好きです。

もうすぐ、月組観劇です。

さえちゃんと逢える日

さえちゃん
02 /16 2007
会報が届きました。

この幸福感を味わうのは、5回目。

涙、涙、で見送ってから、日生公演千秋楽で、ちょうど2年。

宝塚では、怒涛の退団ラッシュで、過ぎた2年。

また、新たな組が動き出す。

さえちゃんの言葉で、さえちゃんの表情を見ながら、

昨年の公演話が聞けるファンミも、もうすぐ。

会報を見ると、昨年の舞台が一瞬で甦り、

すぐさま、その世界に入り込め、オフステージも垣間見れて、

たくさんの「へーー!」やら、

「おおーやっぱり~なー」なんて騒ぎながら、ページをめくる。

好きな人のことが分る、しあわせ、喜び。

そのしあわせや、喜びを与え続けていく仕事のさえちゃん。

さえちゃんの幸せと、ファンの幸せが一緒なら、いいけど、

それが苦痛になったり、生きがいでなくなれば、

さえちゃんはどうするのだろう?

私は、当たり前のように次の舞台やらを期待するけど、

その時が、女優を辞める時が絶対無い訳ではないし・・・。

よく宝塚では、「今このメンバーで出来る舞台を精一杯やります」なんて

言うけど、まさにそのとうりだ。


だから、たとえ上司にさんざん文句を言われても、

同僚に「こんなに忙しいのにまた?」などと言われても、

完全に私が悪いので、思い切り低姿勢で、ひたすら謝り続けて、

同僚の突然のお休みにも、笑顔で代り出勤をして、

ファンミに参加するのです。

たとえ、会場の真ん中に変なカウンターがあろうとも、

ケーキとお茶なんかいらない!と思っても、

そのせいで今回は会費が高いんだな、と思っても、

必ず参加するのです。

万が一今回が最後になったら・・・

さえちゃんの事情では無く、私がもう行けない事になるかもしれないし、

明日はどうなるか分らないし・・・

よし、これだけ思い詰めれば、明日、休暇届を出せる。

我慢だ!明日は何を言われようと、我慢だ。

でも、今、かなり忙しいので、少し負けそうです。

がんばろう!っと。


会報、ばんざい!

よそ様のブログを拝見して、追記

日々の事
02 /15 2007
おくればせながら、昨日はバレンタインでしたね。

私は全くその事に触れずに、というか忘れてまして、

一応ダーリンと、息子に家族チョコをあげ、(私が1番先にたべましたが)

自分のバレンタインの歴史を思い出したりしました。

今をさかのぼること、30年前にバスケ部の2学年上の先輩に渡しました。

「明治デュエット」というチョコレートでした。

その頃1番流行っていたものでした。

げた箱の横で無言で渡しましたが、「ありがとう!」といってくれました。

その後のことは全く分らず、

風の噂で、先輩は離婚したとも、亡くなったとも聞き、

いやはや、遠い思い出のみになりました。

そのときにチョコレーとを渡した先輩と同じ歳の息子を持っている自分が、

なんだか不思議でさえあります。

世の女性方、日本には、良い習慣があります。

ノリでも、軽いジョークでもいいから気になる人がいれば、チャンスです。

どうか、頑張ってください。

1日2日遅れてからあげるのも逆に、効果的ですよ。(多分)

バレンタインデー、ビターチョコレートのように、

ほろ苦い思い出です。

私がファンミを開催したら・・・

さえちゃん
02 /15 2007
タニ・うめ・コンビ。

スカステで2人がダーツ対決をしてる。

まだ2人の舞台は見てないけど、なかなか良い感じ。

宙組4代目はフレッシュで、楽しみ。

しかし、2代目は凄いことになってますね。

私も、お金が有り余っていれば、今の事務所からさえちゃんを引き抜き、

自分がプロディ―スするのにな。

まずは、ファンミだ。

場所が肝心だけど、そこはやっぱり温泉だ。

温泉が大好きだろうさえちゃんに、こころゆくまで楽しんでもらう為と、

ファンも裸の付き合いをするべく・・・

これは、パスだな、さえちゃんと混浴なんて・・・恐れ多いし、

血圧も心配、なにより一緒になんて絶対無理だ。

無理だと想う、たぶん・・でも入りたいな、さえちゃんと。

木の桶に日本酒を浮べて、露天風呂でちびちびと・・・

やっぱり私はダメです。

大人しく今の事務所におまかせします。

間もなく会報が届くそうで、まだまだ妄想は続きそうです。

それにしても、たか、はな、コンビはなんというか、

もう、行くとこまで行ってください。お幸せに・・・。

近所の梅が満開の2月

さえちゃん
02 /14 2007
あの突然なんですが、あなた様は「国境のない地図」を、

今すぐご覧になれますでしょうか?

もし可能ならば、2幕のまりこさんが片手でピアノを演奏するシーンを、

ご覧頂きたい!

私のプチ発見ですが、そんなに大したことじやないんですが、

「えーそんなことなの?」ですが、

その時のまりこさんの眉毛の書き方が、さえちゃんそっくり!なのです。

私の新米ファン歴の中で、さえちゃんの眉毛に似た書き方がいないナー

と、密かに思っていたので、個人的には大発見!

まりこさんの新公もやっていたので、穴が開くほど見ていたそうですから

似ているのも、当然か・・・。(大した事じゃなくてスミマセン)

のる様も新コマの時と、国境のない地図のときと、

全く変らない歌声を維持して、少しも歳を感じない。

まりこさんも、のる様も、そしてさえちゃんも、

あの大女優、森光子さんのように、

80歳を超えても、スクワットを1日に150回こなし、

舞台に立って欲しいです。

その頃、私は・・・んー○歳か~。


最近非常に忙しくなった職場でも、文句を言わずこなせるのは、

こんな密やかな楽しみがあるからで、

どうか、どうか、頑張って欲しいです。


Ayakiメールの訂正がありましたね。

やはり、日生の楽は22日ですか。

エリザコンの楽は私の勘違いで、20日でしたので、

5月20日が新コマのエリザ千秋楽を観劇。

5月22日が日生の千秋楽を観劇。両方共予定ですが・・・。

ちょっと待ったー!5月22日??

わーさえちゃんのラストデーだー!。

2年前のあの日です。

皆さんもそれぞれに想いが甦る日ですね。

私は昨年も、日生に行ってたんだ、武田ト―トを観に・・・

今年で3回目の5月22日の、日比谷です。

風薫り、木々の新しい芽吹きを感じながら、

観劇出来る日も多分、すぐに来る事でしょう。

さあ!5月~11月の間は、なにがくるのでしようか?

どんどん振り回してね、さえちゃん!

日生劇場

さえちゃん
02 /13 2007
やっときたー!

青・空・の・ぞ・み・ちゃん


(先輩の歌手役)???

待ってましたー!さえちゃんの歌手役。

そうなんです、歌手です、歌手だ、歌手だぞー!

歌いますよね!

かなり、歌いますよね。

そして、教えますよね。

もう、嬉しくて嬉しくて、ばんざーい!


さえちゃんの得意なことは、「歌とダンス」です。

その特技を生かせる役どころになりそうですね。

さえちゃんの歌声が大好き!

どうか、たくさん歌う場面がありますように・・・

歌唱力?

さえこさんの歌は、そんなことでは判断出来ない魅力があることは、

さえちゃんファンなら、充分ご承知ですよね。

聞いているほうがドキドキする、素敵な瞬間。

楽しみですよ、ストレートプレイ?と言うんでしたっけ?

「大吉」みたいな感じでのお芝居は好きです。

さえちゃんのコスプレは大好き過ぎて、上演中に鼻血が出るので、(実話)

扮装は控えめでいいです。


このお知らせ、実はファンクラブからのメールと、

ホームページでの、千秋楽が違う日になってるので、

ちょっと心配です。


今回は梅田でも上演されるのですね。

シアタードラマシティーって、梅田芸術劇場なんですね。

始めて知りました。

関西初進出ですね、さえちゃんもなつかしいお仲間に逢えると良いな。

今回、公式発表前にほとんど知られてる公演情報。

あー、やっと正式な発表が出たな、なんて・・・

大人の事情がてんこ盛で、発表時期は難しいのでしょう。

なんか、やっと、ほっとしました。


でもなー22日が千秋楽なら、

「新コマのエリザ千秋楽」とまるかぶりだー!

歌劇 グラフ そしてかしちゃん

宝塚
02 /12 2007
ブログをご覧の方へ
本日は、たくさんのコメント、お知らせなどをお寄せ頂き、
まことにありがとうございました。
大変参考になり、考えを改める良いキッカケになりました。
どうか、今後もご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

ということで、実は昨日は「歌劇」と「グラフ」についての、

思いというか、感想を書こうと思ってましたので、それについて・・・


昨日、西武デパートにて初めて「歌劇」「グラフ」を購入しました。

今までは某、古本屋にて求めていた為、定価での購入は始めてです。

かしちゃんのさよなら特集での、同期対談などが読みたくて、

始めて、リアルタイムでのジェンヌの言葉を読みました。

「退団者のあいさつ」で、華城季帆ちゃん、咲花杏ちゃん、澪乃せいらちゃん

を見て、ああーなんでだろう?もっと見たかったのに~!

こんな可愛い女子が次々辞めて、おばさんは悲しいよー。

おめでたい「寿退団」なら、仕方ないけど、

あなたが、合格するのに20~30人が涙を飲んだんですヨ。

それだけ、選ばれた責任があるんではないかと思う訳です。

個人の自由は尊重します、

でも自由とは責任を果たした人が主張するもので、

まだまだ、志し半ばではないでしょうか?

ごめんなさいね!決して文句ではないので、勘弁してください。

残念なんです、可愛い笑顔が見れない怒りなんです。

でもね、今までありがとう!ほんとに可愛かったです。お幸せに・・・


かしちゃん!卒業おめでとう!

白いアーチをくぐり終えたでしょうか?

最後は泣いてしまったでしょうか?

どうか、お幸せに、そして・・・さよなら。

かしちゃんを知ってからの時間は短いものでしたが、

あなたの、正直で我慢強い性格、美しいお顔が大好きでした。

ありがとう!



5月の舞台、気が重い・・・

さえちゃん
02 /11 2007
こんばんは!

さえちゃんの舞台が5月にあるんですね。

皆さん教えてくださってありがとうございます。感謝、感謝。

実は、日生劇場の5月が、今だに空欄なのでこ・こ・だ・な・と、

確信してました。

なぜか、毎日気になって、劇場の情報を見てました。

でも、またもや、ハロプロの方との共演ですね。

いいんですよ、別にどなたでも・・・共演者は・・・

問題は、観客です。

宝塚ファンが特別お行儀がいい!とは言いませんが、

色んな方がいらっしゃるし、でも、でもですね、

もう少し、「舞台を観る」ということをお勉強して欲しいです。

私が行った日は、DVD撮りの日でした。

ファンクラブのおかげで、3列目の席でしたが、

その日はめずらしくなっちファンらしい方が、前方にたくさんいらして、

とにかく、ひどい!。

しかも、1人や2人ではなく、足を前の席に投げ出したり、

椅子の後をたたいたり、なっちが出ていないシーンは、「あーあ!」

なんて言ったり、ひどすぎます。ずーっとプラスチックのおもちゃを、

ならし続けてる人さえいました。

DVD大丈夫なんだろうか?と思いました。

もちろん、きちんと観劇されてる方もいらっしゃるので、

その方には、ひとくくりで「なっちファン」と言うのは失礼ですが、

こんな観劇では、ハッキリ言って、観たくありません。

もう、2度と一緒の舞台はごめん、と思っていたので、

とても、複雑です。


コンサートはいいでしょう、私だって、ヘドバンくらいしますから・・・

(結構、ロック好き)

でも、舞台では、勘弁して欲しいです。


さえこさんファンの方はどう思われますか?

国境のない地図

宝塚
02 /10 2007
大好きな作品「国境のない地図」が放送された。

当時の宝塚を何も知らない時、TUTAYAでレンタルして見たビデオ。

その前にNHKで放送された、べるばら2001年ののる様に魅せられて、

探し当てた作品。

♪ニュース、ニュース、大ニュース、のシーンに、若いわたる君や、

ぶんちゃんが出ていた。

はじめて知った。

今なら、たくさんの星組生が誰だかわかる。

確か新公はわたる君がやっていたんですよね。

まりこさんが着ている派手なシャツは、ベルサーチでしょうか?

大変良くお似合いで、溜息ものです。

まりこさん、のる様、ぶんちゃん、わたる君、このあとに、

りかちゃん、さえちゃんが、加わるんですね。

良い時代、大好きな時代。今の星も良いですがね…。

とーこちゃんとあすかちゃん、和くん、れおん君。

あー、やっぱり今もいいですね。

この作品もいつか再演する時が来るのでしょうか?

観たいですね、今のジェンヌさんで。

炎にくちずけを

宝塚
02 /09 2007
今月の末にスカステで、「炎にくちずけを」の放送がある。

初めて劇場で観た、宙組作品。

さえちゃんファンの方に「宙組をみたよ」と告げたら、

「私も電車の中で宝塚の話をしてる人の会話を聞いたけど、

(1度宙組を見たら、他の組は観れないよ、)というのを聞いたから

凄いのかな?」

そうです、私は初めて観た作品がキョ―レツすぎて、

和央さんの声はもちろん、宙組の集団パワーに驚きました。

失礼な言い方ですが、個人の歌唱力は他の組と大差ないと思うんですが、

集団になると、他の組とは全然違う。

私はエリザでさえちゃんに惚れ、月組が大の御贔屓ですが、

宙組は別物?のようでした。

初めて、入りのたかこさんや、おはなちゃんを見たけど、

ナチュラルな、気取りの無いたかこさんと、

夢のように可愛いおはなちゃんで、(初めて9頭身の人を見た)

同じ人間なのかと、本気で悩んだり、忙しい日でした。

それから間もなく、あのニュースが流れ、

心配していた退団公演も奇跡的に言い席が取れて、さよならができました。


あの、作品がまた見れるのは嬉しいかぎりです。

この作品は、新公もよかったなー。

挨拶に主役がいない面白いはじまりで、涙なみだの挨拶も印象的。


今、元旦に放送された、「ネバーセイ」を見ながら、

この後、約、半年もリハビリしなければならなかった体調を、

考えると、せつない。

突然ですが、私はかなりたかこさんが、好きな事が判明。


残念ながら、青山のコンサートは行けなかったけど、

次回は必ず拝見したいです。

かなり怖いシーンが満載の「炎のくちずけを」楽しみにしてます。

月・雪

さえちゃん
02 /08 2007
月組の皆さん、大劇場お疲れ様でした。

新生雪組の水さん、おめでとう!

月の千秋楽は楽しいナー、あさこちゃん、きりやんを本気で殴ってましたね

ゆうひ君には少し手加減してた気がする。

「ばっかー!」は最高でした、東京でも是非お願いしたいです。

中日劇場公演の初日挨拶は、とても驚きでした。

あの水さんとは思えないほど、丸くなって、(顔の長さではありません)

表情が穏やかで、良い感じでした。

やっと、で・ら・し・ね・生活が終わって雪でトップさんになれて、

良かった、さえちゃんと苦労を共にしたちかちゃん。

今までとはオーラも変ってませんかね?

あまりお気に入りではない男役さんだったけど、

トップになるとこんなに変るんですね。

たくさん苦労も、努力もしたであろうから、どうか、良い公演に

なります様に。そして、エリザも必ずや、観ますよ。

同期の立樹さんと一緒に泣いた話は、じーんとしました。

ちかちゃん!頑張れ!

そして、さえちゃんの家族の月組の皆さん、東京も休演者なしで、

公演されることを楽しみにしてます。

「見えてないのか~!何故~ついて来た~!ってばか~!」

のアドリブも楽しみにしてます。

ゆうひ君、かなと君、そして、ナホちゃん、待ってるよ―。

私の新旧写真集対決

さえちゃん
02 /07 2007
本日は、美女を撮らせたら世界一の篠山氏の仕事ぶりを、

あらためて検証しました。

言わずと知れた、デジキシンの写真集とDVD、アンド百恵。

以前にもブログで書いた、山口百恵ちゃんの写真集を、

約25年も保存し、見続けてます。

1973年から、1980年までのトップアイドル時代を、

58ページにわたりオールカラーで撮影された物。

中には全裸でのシーンもあり、(もちろん隠しながらです)

大変話題になりました。


さえちゃんの写真集と、とても似たシーンも多く、

光りの使いかたが美しい点も似ています。

一瞬の切り取った表情が魅力の写真集ですが、

それと同時にこれが動いていたら・・・

どんなに魅力的だろうと、考えていたので、

大好きなさえちゃんで叶ったことが、奇跡の様です。

今は48歳の百恵ちゃんも、この本の中では高校生ですし、

そのページを開くと私も当時に戻り、なんとも、感慨深いものがあります。


さえちゃんの写真集とDVDも、これから20年、30年経ってから見れば、

今の自分を思い出すのでしょう。

ですから、今が1番大事。

心と身体を多いに磨き、勉強に励み、子供に教えられて、

時々、夫のご機嫌を伺いながら、さえちゃんを心から想い、

舞台やファンミの資金の為、懸命に働かねばなりません。

多少、変○的な発言もご容赦いただきながら、

さえちゃんファン、宝塚ファンの方とも仲良くしていただけたら、

こんなにうれしい事はありません。

さあ!女優2年生のさえちゃんを力の限り応援しましょう!

それにつけても、カシオ様、新商品はさえちゃんじゃないのね。

かなしーです。

デイリースポーツ最終号

さえちゃん
02 /06 2007
ようこそ、OGジェンヌ⑤


最後のようなので、目立たせていただきました。

本日のタイトル「フツーの女性」演じてみた~い

前半の記事は、改名について。

「私自身はそんなに変ったとは思ってないんですよ。(生まれかわるため)

とかではないですし」

「これまでは男役だったので、カクカクしてる漢字でよかったんですよね。

平仮名にすると丸みがあって柔かさも出て、女優としてもいいんじゃないか

と思いまして」改名しても過去を消したくないから、あやきなおで居続ける


「映像の経験は少ないですし、舞台もどんどん続けて出たい。

欲張りなんです!お芝居でたくさんの人に出会って、いろんな経験を

することで成長できるはず。

いろんなところにアンテナ張っていきたいですね」

「等身大の女性の役を、自然にできるようになりたいです。

自分に足りてない部分だと思うので」

「まだまだなんで」口癖のように何度も繰り返す。

「自分自身が成長して新しいものに挑戦する姿を、

ファンの方に楽しんでいただけたら」。

女優としてもトップスターを目指し、彩輝は芸の道を力強く歩み続ける。

記事の内容は以上です。


今回初めて、新聞の連載という仕事をしたさえちゃんを追った。

5回の連載で、今のさえちゃんが自分を振り返り、

今を語り、未来も見つめる。

いつも、さえちゃんへの想いは一方通行だろうなーと感じていたのは、

さえちゃんを、神の様に崇め、自分から離れていたからにすぎず、

同じ人として見ていなかった気がする。

記事を読み進めていくと、鼓動や息ずかいが聞こえ、

あたたかく、やさしい気持ちになる。


さえちゃんのおかげで、生まれてはじめてこんなに真剣に新聞を読んだ。

お隣の写真は、ジャンボサイズのあさこちゃんとかなみ先輩の笑顔の

抱擁シーン。これはファンシーダンスの衣装ですね。

現トップと並んで写るさえちゃんも、なんだか嬉しくて、

例年にないポカポカ陽気の2月を楽しみました。

デイリーさん、素敵な記事をありがとう!

久しぶりの何、これー。

さえちゃん
02 /05 2007
毎日見るりかちゃんのCM.

それを見るにつけ、「さえちゃんのCM,やらないなー}

もう終わったのかな?と思ってました。

だが、しかーし、幸せは突然やってくる。

日テレの「世界まるみえ」で、なんと30秒のCMがオンエアー

されました。

ひさしぶりー!さえちゃん。

画面一杯のさえちゃんの微笑み。やったー!。

これで、明日のデイリーも忘れる事無く、

無事にゲット出来る事間違い無し。

テレビの周辺は、さえちゃんの写真や、雑誌の切抜きなど、

たくさん飾ってあるけど、

心の準備なしに見るさえちゃんは、やっぱり、かわいいー!

もっと、もっと放送されますように・・・

生き甲斐?生活の一部

さえちゃん
02 /05 2007
昨夜スカステからDVDに移したTCAスペシャルを見ていたら、

さえちゃんが黒のドレス(スリット入り)で、ロングのソバージュ風の、

カツラを被って、ズンコさんと踊っているシーンがあり、

一体何年のものか?と思いました。

他にも、タニちゃんや、とうこさんなども女装してます。

星組でまりこさんがトップの時代で、

エリザのパロディーもあったから、大体は見当がつくけど、

この扮装のさえちゃんは私が見た現役時代の中の1番でした。

相手役としては、ゆりちゃんと踊る紫ドレスも、素敵ですが、

ドレスのすそで、自慢のおみ足が見えないのが少し残念。

黒のドレス姿のさえちゃんは、もう、もう、・・・絶句、です。


昨日は、さえちゃんの胸について語り、

今日は朝から、さえちゃんの脚についてのべて、

かなり、変○化してます。

初めは家族のいるところでは、遠慮がちにしてましたが、

最近では、おおっぴらに胸や、お○りや、脚について語りますので、

かなり、引かれ始めています。

フツ―のお母さんは、「年頃の息子の読んでいる雑誌」などに、

心配などするのでしょうが、反対に息子に心配されてます。

篠山氏の写真集などを食い入る様に見つめる姿は、

母としてはどうか?と思う事もごくまれにありはするものの、

意識しているわけでもなく、

もはや、自然になっているので、どうしようもありません。

もう、あきらめてください!私の生きる道はこれしかないので、

どうか、ご容赦を・・・。

おとなしく、午後からの仕事に向かいます。

Ayakiからの会報を待つ準備

さえちゃん
02 /04 2007
今月はファンクラブから会報が来るので、その準備をしましょう。

まず、これまでの会報をじっくり見直す。

さえちゃんのメッセージだけを並べて、字の変化を研究する。

ヘアースタイルの変化を見る。(自分でもしたい髪型を考える)

衣装を、観察する。(日本物の衣装で、我が家のお雛様と見比べる、まだ出していないが・・・)

そして、ただひたすら笑顔を見続ける。

この一連の行為で、軽く1時間は過ぎる。

仕事場から帰宅後、夕食をかたずけた後の至福の時。

んー、最高!幸せとはこうゆうことですね。


トート仲間の?内野さんの大河ドラマをみつつ、

さえちゃんも出て欲しい!なんて思いながら、

会報のウーラちゃんの胸は頑張ったナーとか、

大吉のショーの衣装は胸当てが無ければ良いのにーとか、

白蛇伝のDVDは今月末だなーとか、

やっぱり、アクロのDVDは残念だよなーなんて、

様々に考えながら、ページをめくってます。

さえちゃんに出会ってから、私の時間もさえちゃんの時間とかぶり、

想い出も共にしていく。

こんな時間の過ごし方をずーと続けていけたら、何もいらない。

だから、健康でいてほしいです。さえちゃん!

貴女の命が、健康が、1番心配な今日この頃です。

大化の改新 隠された真相

さえちゃん
02 /03 2007
人々が死に絶えても、歴史はいや遺跡は、真実に迫る。

生まれ変わり、死に変わり、飛鳥は何かを訴え続けている。

ロマンですなー。

日本史の成績は高校時代約600人いる中で、

59番だったみーです。(ほんとです)

でも高校自体が問題ですから、決して優秀ではありません。

さえちゃんが蘇我入鹿を演じなければ、ふーん、あっそう程度だった。

やはりNHKは良い仕事してますね。

「あるある○辞典」じゃないから、真実味があります。

語られている事が、決して真実では無いということ。

あたりまえが、覆る事がある。

蘇我入鹿も、アテルイも、どんどん脚光をあびて、

真実があばかれる時がくるでしょう。

骨になり、郷土の土になった、いにしえの人々。

その声が、聞こえてきそうでした。

♪ああー飛鳥は~やまとのーまほろば~♪

舞台の中心で、崩れ落ちるさえちゃんを拝みましょう。

「駄目だ~!駄目だ駄目だ~鎌足~!」

柴田せんせー最高です。

松竹歌劇団

日々の事
02 /02 2007
私、産まれは豊島区(サンシャインのそばね)

  育ちは埼玉。

  人呼んで、フーテンのみーとはっします。

私は、「男はつらいよ」を、リアルタイムで見てます。

幼い頃、浅草の国際劇場で、松竹歌劇団のショーと寅さん映画が、

セットで上映?上演?されていた時に、よく見ました。

いわゆる、SKDは、宝塚となんら変わりなく、

それはそれは、美しいお姉様方が、これでもかというほど、

脚を上げて踊っていた印象があります。

でも、宝塚は残りSKDは終わってしまった。

この違いは何か?

やはり、スターを決め、ピラミッド型にしたのが、

大きな勝因でしょう。

もし今、SKDが存続していたら、宝塚と張り合う良いライバルに、

なっていた事でしょう。

そしたら浅草生まれの、天海祐希さんはおそらくSKDに入団したでしょう。

今いるジェンヌも、ゆりちゃんを目指して関東近辺の出身者は、

ほとんど、SKDだったに違いありません。

ベルばらも、エリザも、飛鳥夕映えも、SKDの作品になったかもしれない。

宝塚はつぶれ、SKDがはなばなしく活躍する。


もし、いくつかの要因がほんの少し違ったら、

松竹スカイステージの、ニュースを見、

浅草の国際劇場に出向き、人形焼きなどを食べながら、

出待ちをしたのかもしれない。

ディナーショーは、浅草ビューホテルで、

観劇前のお買い物はアメ横で、

ご近所の上野動物園で、ホワイトタイガーならぬ、

パンダを借りて、舞台に登場させたりと・・・

まあ、妄想はこれくらいにして、現実を直視しましょう。

でも、楽しかったなー、寅さんと、ロケットダンス。

叉みたい、両方とも無理だけど・・・時は残酷です。

どうすればいいの?

宝塚
02 /02 2007
2月になりました。

あと、11ヵ月で今年が終わります。

今年の観劇予定をくみたいですが、なにせ11月の舞台の発表のみでは、

どうにもならず、これから押し寄せる数々の公演をどうしのげば、

いいのでしょうか?

観たい舞台、湖月わたるくん、イン青山劇場。

      朝海ひかるくん、おぎーショー

      おさ殿、黒蜥蜴

      お水様、エリザ

      月組、謝先生のアクロもどきマホロバ


確定公演、 月組、パリ空

      新コマ、エリザ

      女ねずみ


おそらく発表出来ないだけで、さえちゃんは何かしらの公演が

決まってるはずで、その発表がいつかも分らない為、

身動きがとれない。

他の、さえちゃんファンも同じことでしょうが、

突然ドーン!と発表されるものだから、

ええー、もっと早く教えてくれれば、行けたのにー、

という事が数知れず。

これまでは、なんとか強行出来たものの、

御贔屓だったジェンヌさんが、次々OGになると、

かなり厳しくなる。

宝塚はスケジュールが組みやすいが、外部は大変だ。

宝塚で慣れすぎているからなのか?

劇団専用の劇場を持っているのはやはり、強い。

毎回違う劇場に出向くのは、楽しみでもあるけど、

少し辛い面もある。

まあ、私のように東京に近い者が愚痴を言うのは、

遠方の方からみれば、「何よ、近いのに」だろう。


求めすぎると、ろくなことがないので、

「清く正しく美しく」振り回されることを、楽しみにしましょう。

あまり遠くばかり見ていると、目の前がおろそかになるので、

とりあえず、ファンミの事だけに集中します。

楽しみにしてるよー。

りかちゃん~!

宝塚
02 /01 2007
今朝「ズームイン・スーパー」の後半で、りかちゃんCMを見た。

「公庫のフラット」?商品はうろ覚えですが・・・

なんと、男役での登場です。

ブルーのスーツに身を包み、女性をリードしながら、余裕の表情。

新宿コマのときに見た髪より少し短いかんじで、

力の入った眼差しは健在で、

やはり、紫吹淳様は男がいい!

女優をしてるりかちゃんはTVでしか見てないから、なんとも言えないが

彼女の魅力が生かしきれてないナーと思っていたので、

このCMは最高です。


現役時代にはかなりの研究家で、独特の男役が出来あがっていた。

その技を垣間見れるこのCMは、ファンならずとも一見の価値があります。

朝から良いものを見せてもらいました。

さえちゃんのピュオーラ新CMも期待します。(あるのかな?)



みー

宝塚歌劇団、元月組男役。
卒業生の瑞羽奏都さんの大ファンです。