FC2ブログ

2006年おわりの日

さえちゃん
12 /30 2006
様々な舞台を観て、

様々なさえちゃんを見て、

そこに集まる色々な人々を見て、

面白かったな―。

この後に及んで、男性の筋肉にあんなに釘ズケになる自分には、

改めて驚く。

そして、ハロプロのファンと劇場の空間で同席?や

武道館に初入場したり、

スカイステージのトークショーに当たったり、

最前列という夢のような席にて、さえちゃんを眺めたり、

最高の1年でした。


おそまつなこのブログにも、実に沢山のコメントを頂けたり、

お間抜けな私の失敗にも、管理者しか開けないところで注意をしてくださり

さえちゃんファンの方はもとより、ご覧頂いてる方の優しさを、

ひしひしと感じております。


微力ながら、私に出来る事を精一杯させていただきます。


「幸せになれー!」


1年間お世話になりました、叉来年おあいしましょう!


どうぞ、よいお年を。
スポンサーサイト

もういくつねると~

日々の事
12 /29 2006
普段の日々と何ら変わらぬはずなのに、なぜこの時期はせわしないのか・・・

1年という区切りに、年末というイベントに振りまわされて、

ご多分に漏れず、その渦中の真っ只中。

本日も仕事です。明日、明後日は普段の2倍の勤務時間。

大晦日は、せめて紅白が始まる前に帰宅したいけど、

どうなることやら・・・


子供時代大晦日は、台所で正月料理の準備をしている母に、

早めにお風呂に入る様に言われ、7時からのレコード大賞を見ながら、

豪華な夕食を食べ、

父にお酌をしながら膝に座り、紅白を見た。


それから数10年、母の私は、どうだろうか?

大晦日も仕事で、ストーブで黒豆を煮ることも、ニシンの昆布巻きも作らず、

寒空の中コートをひるがえして、全速力で帰宅するのであろう。



こんな母を記憶する子供は、どうなんだろうと、

少し不安もある。

古き良き母の姿を留めている私と、

大晦日さえ、仕事に行っている母と・・・


でも、今更変えられない。

良い母はどちらかなんて、多分、分らないままで、

子供が私の歳になったら聞いてみればいい事で、

とりあえず、年の瀬らしく、ほんの少し掃除に時間をかけ、

おもちなどを購入し、

もちろん、宝塚もチェックしクロニクルを鑑賞して・・・

ああーこれじゃ、掃除の時間がない!

神よ、許したまえ。


親愛なる夫さま、

大掃除を今年もお願いすることとなりました。

仕事を辞める気はもうとうございませんので、あしからず。

せめて、寝る時間をけずって、キッチンだけはわたしがやります。

本当に心から愛しています、だから、他は任せました。

よろしくおねがいします。


今年も年の瀬になりました、やっと寒くなりました。

湖月わたる君?えっ~

宝塚
12 /27 2006
あの男の中の男、わたる君がセクシーなヒロインに!

来年青山劇場で、セクシーな役を演るそうで、

あっ、さえちゃんと同じパターンだ。

男を誘惑するのだそうで、脚線美をご披露するそうです。

楽しみだなー、あちらさんのミュージカルだし、

プロデューサーズみたいなのかなー。


なんか写真もすごく色っぽいし、

男の中の男を演じたパワーで、色気を出したら、

とんでもなく、ステキになりそうで・・・

おみ足を拝みに行こうかな―?

さえちゃん、早く来年のスケジュールを教えてくれないと、

観劇の予定が立てられないよー。

どうか、早く発表してください。お願いします。

番組の宣伝

さえちゃん
12 /26 2006
明日27日深夜12時よりBSジャパンにて、
「みゅーじん」の放送がありますよ。

白蛇伝の千秋楽の舞台挨拶風景が、ほんの少し放送されます。

なっちとさえちゃん、広瀬さんが映ります。

わずかの時間ですけれど、ファンの方、必見です。

なっちも、さえちゃんも可愛い―です。

広瀬さんに「おおきい~ですね!」なんて言われてますが・・・。

TVで見るさえちゃん、楽しみです。

先日TV東京での放送は、突然の事で、

よく見れなかったので、今度はじっくりと・・・。

DVD予約

さえちゃん
12 /25 2006
白蛇伝のDVDを予約しました。

わーい!わーい!

ちゃんと発売するんですね、一安心。

2月28日発売で、もう予約できます。

定価5000円。


さえちゃんがDVDになるなんて、TCA以外のDVDになるなんて・・・

嬉しいです、サンタ様、ステキなプレゼントをありがとう!

メリークリスマス!

クリスマスは?

さえちゃん
12 /25 2006
きらめくイルミネーション。
落ちついた雰囲気のお店でのディナー。
ピアノの調べを聞きながら、ワイングラスを傾ける。

25年前のクリスマスの過ごしかた。


近所のスーパーで買った鳥もも肉。
なんのこだわりもない、ケーキ。
小○寿し。
唯一の贅沢、銀座千疋屋のフルーツが入ったカクテル。

今日のディナー。


大掃除をしてる近所のおじさま。
変った趣味のイルミネーションを飾っているお家。
そして、泣き泣きす過ごしてるコムさんファン。

様々な様子が、やけにしみる1日。

仕事をしつつ、今頃ラスト公演が始まったなー、
なんて思い、ショーが始まってる時間だとか、
最後コムさんはなんて言ったんだろう?と、
完全に心は劇場で、やはり退団は寂しいし、
やっぱり、5月22日に戻る。

あと1週間で今年も終わる、
節目で、自分を振りかえり、まだまだ未熟な私は多いに反省しようと、
何か目標を立て、戒めましょう。

決心はいくらでも出来るのだけど、
中々続かない。

どなたか、良い方法をお授けくださいませ。

メリークリスマス!

新たな目標

宝塚
12 /23 2006
小さい頃から歌が大好きで、
今年の流行りの曲は完璧に知っていたのに、
今日、Mステスペシャルを見て、

誰?なんの曲?が続いて、だんだんワケが分らなくなったが、

さすがにラスト近くは、ドラマの主題歌だとか、あのCMの曲だとか、

一応耳馴染みがあり、一安心。

それより、途中で流れる正月番組の、ヤマピーのサムライ?姿が、

タニチャンに見えたり、

ギンギラのあゆの衣装が、全く派手に見えなかったり、

会場のペンライトの振り方が、バラバラで、「んー違う」などと、

思ったり、

明かに、宝塚と比べる見方しか出来ない自分。


「人は簡単には変われない、変らない」

これは、うそです、多分。

今まで何を楽しみにし、生き甲斐にして暮していたのか、

分らないほど、人生が変った。

学生が終わり、就職して社会に出て、人妻に、母にもなったが、

今が1番生きてることを実感している。

自分がたった15秒のCMでうきうきするなんて、

考えてもみなかった。


面白いぞ、人生は。

んーこれは長生きせねばなるまい。


86歳?の森光子さんには負けられぬ。

彼女が毎日150回のスクワットをこなせるなら、

私は、500はいけるはず。

とりあえず、100回から試しましょう。

これでも、高校生時代は、インターハイに出場したんですから・・・

がんばるぞー!

でも、今日の寒さは答えるなー。



オーラの檀ちゃん

宝塚
12 /21 2006
オーラの泉に出演した、檀れいちゃん。

現役のジェンヌも、OGもファンも、皆みたろうな。

あの番組に出て、宝塚時代の苦労に、おお泣きする檀チャンは、

すべてのジェンヌの気持ちなんだろうと、

改めて、感じた。

自分を殺して、辛い気持ちを押さえて、

清く正しく美しくいる事は、並大抵な事ではなかったのでしょう。

泣き言も言わず、いつも笑顔でいること、

それを期待するファンと、劇団に、耐えた檀チャンが、

生き神様二人より、神々しく見えた。


始めはキムタクとの共演に驚いたけど、

こんなご褒美みたいな仕事をするだけの、努力をしたのだろう。

美しいだけではない彼女の何かが、

監督を動かし、映画になる。


宝塚に興味があることを知ってる職場の仲間が、

何人も檀ちゃんの事を聞いてきた。

「どんな人なの?宝塚の人ってみんなあんなに綺麗なの?」

そうです、綺麗です、驚くほどです。

たくさんの努力をして、たくさん泣いて、そして輝いてるんです。

そう答えた。


TVの影響は凄い。

生の舞台には遠く及ばない映画を、しばらく敬遠してたけど、

檀ちゃんが全力で演じているなら、

檀れいの一分を見に行きましょうか。

チケットと、チワワ

さえちゃん
12 /20 2006
友の会、ああ友の会、友の会。

宝塚友の会、会員です。

たぶん。

もしかしたら、違うのか?

友の会の抽選が、またもや全滅。

星組、雪組、宙組、月組、4連続です。

「天は我を見放した」

友の会ではほんとにチケットを販売してるのかさえ、疑う私。

縁がないのかもしれない。

ならば、他で縁を求めましょう。


早速、ぴあをさまよい、探す事5分。

なんと、宙組のSS席をゲット。

なあーんだ、取れるじゃん、ぴあの方が相性が良い。

偶然?たまたま?

何はともあれ、次の公演は安心だ。


話しは変って、ペットショップで、ひとめぼれを経験した。

お相手は、ロングコートチワワ。

数ある中で、ひときわ目を引いたそのワンちゃんは、

コムさんそっくり。

私の隣で、コムさんチワワを凝視する女子が1名。

娘である。

二人とも同じ感覚で見ていた。

私 「このチワワ、コムさんだよね」

娘 「このチワワ、コムさんだ」

周りのチワワはお値段10万以上するのに、

コムさんチワワは始めの値段が消され、どんどん値が下がり、

なんと、5万を切っている。

なんとなく、愛想が良くない気がするし、

若干毛並みが?な感じだけど、

他の犬の半額が張られているそのコムさん犬が、いとおしく、

切なく、心かき乱されて、見てるのが辛い。


心をペットショップに残しながら、

もし、購入したら?のシュミレーションをした。

でも、さえちゃんの舞台や、宝塚に通う間、

コムさん犬はお留守番になるわけで、

良く考えたら、我が家の状況はけして、いい訳じゃない。

彼の一生の全てを、責任持てるか?

そして、必ずや私より寿命は短いはずだし・・・

室内の小型犬を飼っていらっしゃる方、どうなのでしょうか?

可愛いだけでは育たない現実も、一応心得ているつもりですが・・・

真剣に考えます。

どうしましょう。

TV東京にラミア様が~

さえちゃん
12 /18 2006
昨夜TV東京の(みゅーじん)で、ラミア様が登場。

広瀬香美さんの密着番組の中で、白蛇伝の千秋楽の舞台挨拶風景が

放送された。

なっちから花束を貰い、足を絡めて抱きつく広瀬さん。

そのあとさえちゃんを見上げて、「皆さん、大きいんですね」

そして幕が下りた舞台で、なっちとお話してる様子。

短い時間だったけど、確かに見れた千秋楽。


最初は観る予定で、ファンクラブでチケットを購入したけど、

仕事で行けなくなった。

可愛い娘のような、さえちゃんファンの方が行ってくださり、

詳しく観劇の報告を頂いたので、満足だった。


そのお嬢さんが伝えてくださったままの様子が、

映像になってた。


白蛇伝の出演者の方のブログによれば、

DVDは2月頃の発売らしい。

そして、2度目の打ち上げ?忘年会?が行なわれたそうです。

さえちゃんが参加されたのかは定かではありませんが、

仲良しの報告を見聞きすることは、私まで幸せになる。



さあ!のだめが終わったので、宝塚風土記を鑑賞しましょう。

嬉しいなー。

エリザベート雪組版

さえちゃん
12 /17 2006
公演の予定が発表されて、雪組のエリザの配役の他にも、
この役は誰が?と、色々考える事が出来るのは、
再演物のただひとつのよさかも。

もちろんエリザが1番気になるとこですが、

トートとエリザベートは決まってるので、

フランツがゆみこちゃん

ルキーニがキムちゃん

この二人が入れ替わる可能性もありとして、

ゾフィーが未来さんか美穂さん?

すると、ひろみちゃんはルドルフ?

前回もルドルフだったし、是非今回もお願いしたいです。

でも今回の堕天使では、ひろみちゃんの前に凰稀かなめちゃんが

プログラムに出てるから、違うのかな?

革命家?でしょうかね。

ともあれ、今年の夏は楽しみだな―。

東宝版はどうなるのだろう?

本場の皆さんが来日するから、無しかな。

でも、もし公演があるとすればってことで考えると、

一路さんはトートで退団後にエリザベートだから、

もしかして、さえちゃんエリザベート?


トートで退団したのはさえちゃんと一路さんだけだし、

世の中摩訶不思議なことが、たくさんあるし、

何があっても、おかしくない。

だって、武田ト―トなんてこともあったワケだから、

案外ありえるのかも?


宝塚劇場で雪組エリザ、となりの日生で、さえちゃんエリザ。

こんな、盆と正月が一辺に来たようなことにでもなったら、

来年は、間違えなく貧乏生活だな。


さえちゃんが白いドレスで棺から出てきたひには、

間違い無く、私が棺に入るほど、興奮するでしょう。

命が危険です。

命がけの舞台鑑賞、そんな日がほんとに来れば、

もはやこの世に未練はありません。


バンブー様、良いお仕事をお願いします。

さえちゃんが輝ける、魅力あるお仕事を・・・

期待してます。

おのおのがた出陣でござる

さえちゃん
12 /16 2006
約300年前、赤穂浪士が討ち入りをした日が過ぎ、
かつての日本人に想いをはせ、
私も殿に忠誠を尽くそうではありませんか。

高輪の泉岳寺に参り、花を手向け、
おのおの方に心意気を学びつつ、
忠義の志しをいたそう。

「志しを得ざれば、再びこの地を踏まず」

彩輝 なおのかみにつかえ、たとえ浮世の中は変れども、
我等の中は変らず、生涯、殿をお慕い申す。

このみー彩輝殿の、美しさ逞しさに、心奪われし候



来週からは楽しみが一杯で、月曜日にさえちゃんが見れる。
手持ちのDVDには無い楽しみがある。
NHKのカメラワークがTCAと違うのも見所だし、
なんといっても、宝塚風土記は、始めて見るし・・・

日本物の娘役はとても楽しみです。
メモリアルブックで眺めてから、待つ事1年半。

男役、彩輝直として活躍してる時の、娘役が見たかったので、
この作品は楽しみです。
りかちゃんと熱く愛を育んで、楽しませてくれることでしょう。

早く、月曜日になーれ!

うそ!ほんとにたかこさん?

宝塚
12 /15 2006
うそー!た・か・こ・さん?ほんとに、和央ようかさん?

驚きました、退団後、始めてのTV出演。

BS2の宣伝番組にゲスト出演してた、たかこさん。

スカチャン800で、花の道を見てたけど、
ちょっと回して見たら、突然たかこさんが画面に映り・・・

軽く、10秒は固まった。

なんで、なんで出てるの?
そこで何してるの?
何喋ってるの?

会話が、話している内容が聞き取れないくらい、大興奮。

画面の中の、たかこさんは冷静に、来週からの宝塚特集の宣伝をしてた。


嬉しかった。
音沙汰の無い親友に突然会えたような、たとえようのない感動。
ほんの少し、のびた髪、こけていた頬もなんだかふっくらしたのかな?

来年の青山劇場の出演は知っていたけど、
私よりもっとたくさんたかこさんを愛してるファンが観に行った方が
絶対いいはずと、チケットは諦めた。

だから今のたかこさんは見れないと、
諦めてた矢先の、突然の再会。

良かった、生きてた、治療も済んだのでしょう、リハビリも・・・
良かったね、たかこさん。
おめでとう!

わずかの時間の束の間の再会。

番組を偶然変えてくれた息子よ、でかした。
これから、お礼の気持ちを込めて、
もう少し丁寧に君の部屋の掃除をすることを、誓います。


月組の作品、ちょっと受けた。

謝先生、「AKURO] 「MAHOROBA]

エミシや大和を是非登場させてくださいね。

ゆうひ君、かなと君、楽しみにしてるよ。
さえちゃんと、観に行くね。(観劇日、知りたいなー)

堕天使の涙

宝塚
12 /14 2006
15日に発売のDVDが昨日到着した。

先日東京の劇場で見て、即買いだなと、予約した。
予定より2日も早く見る事が出来て、
始めて買った、雪組DVDは最高です。

日頃から私は始めてみる作品は良く理解できずに終わる事が多い。
何度かめで、始めて全体が見えたり、
歌詞の意味や、小道具の必要性が分ったりと、
はっきりいって、舞台を見始めて日が浅いからだけではない、
にぶいとこがある。

だから、たった1度で惚れこんだ作品は、
エリザについで、2度目。
DVDを買かってしまうのは、驚きです。

スカステも契約してるので、いつかは放送するときがくると、
DVDを買うのはもったいない気持ちの方が強い。

もちろんコンビの退団作品というのもあるけど、
そのことを差し引きしても、
とても好きな作品だ。

全力のコムさんが痛いくらい響く。
悔いを残さない全てが見える。

また、さえちゃんと並んだトップさんが辞めて行く。
真っ直ぐに前を見つめるラストシーン。

あなたの退団が信じられない。

全力の舞台が、そう感じさせるのだとしたら、

悲しすぎるけど、皮肉だけど・・・


素晴らしい作品で辞められることが幸せだと、感じる事が出来るまでには、
まだまだ時間が必要です。

ありがとうコムさん、雪組の皆さん。

退団の日まで、DVDを見ながら応援します。

ファンを傷つけたなんて

宝塚
12 /12 2006
かしちゃんが卒業した。

私は特別御贔屓ではなかった。
彼女の舞台はベルばらしか観てないし、
どんな宝塚人生だったのかは、ほとんど知らないけど、
今日彼女が語った劇団への想い、ファンへの想いは、
にわかファンさへ、充分に悲しませた。


「このような卒業で、ファンを傷つけ、悲しませた、

 だけど、離れてはいかずに、逆に近ずいてきてくれた」

「皆が代りに泣いてくれるので、私は笑顔です」


貴城けいはたしかに主演だと、その器だと
このコメントを聞いて、改めて認識した。

大劇場は卒業した。
でも私のように東京組は、大きな羽根を背負う姿を見る前に、
テレビで袴姿と、さよならショーを目にする。

こんなに残酷な事があるだろうか?

はりさけそうな想いの、かしちゃんファンに、
かける言葉もありません。

せめて、貴城けいとして、最後の男役として、
東京が無事に終わることだけ、祈ります。

辛いお別れです、貴公子さま。

さえちゃん満喫ツアー

さえちゃん
12 /12 2006
年末年始の宝塚番組をハードディスクに録画する為、
ハードディスクをカラにしなくては・・・

たまった番組をDVDに録画した。

T-スタイル さえちゃんと月影さんの横浜珍道中

演劇のこみち アクロのお稽古風景

誠の群像   

もちろん、録画しながら見ちゃった。

よみがえりますね、いろいろと。

さえちゃん、黒酢が好きって言ってる。

ヘルシアウォ―ターも毎日飲んでるんですよね。

私にとってさえちゃんは、言って見れば「みのもんた」状態。

すぐに、試しますよ、なんでも。

デジカメ(もちろん赤)ピュオーラ(二種類)ヘルシアなど・・・


今密かに計画してること。

さえちゃんツアーを組んで旅する事。


横浜の中華街でお茶をたしなみ、

鼻炎持ちの先生に手相を見てもらい、

横浜港をクルーズし、飲茶をいただきましょう。

行きたいナー、いや行かなくてはならぬ。

でも、1人はやだなー、誰かご一緒にいかがでしょうか?

さみしい?しあわせ?

さえちゃん
12 /10 2006
今年は生のさえちゃん?にはもう逢えないので、
さみしいけど、なんかホットしてる。

怒涛の夏から秋口で、本格的に寒くなって終了、
というのは、中々良いスケジュールだ。

去年は大吉のおかげで、全く年末ということすら、
忘れていたので、今年は有り難い。

アクロとシロヘビを合計すると、3日に1度はさえちゃんに逢ってた。
だからその余韻だけで、充分過ごせる。

しかも、余裕があるから、いろんなDVDをゆっくり観直して、
あはは!うふふ!なんて、かわいいんだー!
などと、とことん楽しめるし、なかなか良い。

少し前なら、さえちゃんのDVDはたとえ家族でも門外不出だったのに、
やっと、貸し出せるようになったし、
ちょっと、大人になったかな?


「宝塚ビデオ半額だよ―ん!」

すごく興味があったけど、
我が家では、4年くらい前から、
DVDのみで、ビデオはいつのまにか見なくなり、
気が付くと壊れてた。
欲しいナーと思う作品もあったけど、
ビデオデッキを今更、買う事も無いし、
残念だけど、見送った。


最近すごく気なる事。
長身、スレンダー、姿勢が良い。
こんな女性を見かけるたびに、
ああー、ステキ!
必要以上に凝視し、姿を追い回す、変○な、みーでした。

小雨降る中、会報来る

さえちゃん
12 /09 2006
春の小川は、さらさらゆくよ。

会報がやっと到着。

ヘルシアウォーターを飲みながら、
ほっとしてます。

これから私もヘルシアウォーターを飲むときは、
必ずストローで飲みます。
さえちゃんみたいに・・・

表紙の写真はファンミのグッズを買ったおまけの写真の衣装ですね。
胸の部分に当て布が無いほうのバージョンでよかった。

白のドレスはこれまたファンの喜ぶポーズを心得てらっしゃる。
帽子の持ち方が、ポノポみたいで、嬉しい。

帽子とドレスがアンバランスでも、
全然気にしません。
その帽子なら、パンツスーツの方が良くても、
そのドレスなら、帽子は持たないなーと思ったりは決して、しません。

さえちゃんが出るだけで、
さえちゃんが笑ってるだけで、どんなに嬉しいか。

姪っ子のさくらちゃんが出ていないのが残念だけど、
次回期待します。
このさくらちゃんは、さえちゃんのパパにそっくりで、
ああー姪なんだなーと妙に納得したり、
DNAの威力に驚きです。


少し前にちょっぴりうとうとしてたら、
さえちゃんが夢に出てきてくれました。

デジキシンの中の、姉妹で寄り添ってるシーンみたいに、
私がさえちゃんの後で、肩を抱いてました。
さえちゃんは肩越しに振り返りながら、
涙を拭き笑顔を見せてくれました。

もう、死んでもいいくらい幸せでした。
死ぬ瞬間を選ぶことが出来るなら、
間違い無くこの時でしょう。


でも、まだまだ黄泉の帝王にはお会いできそうも無いので、
さえちゃんに降り回されながら、
生息したいと思います。

会報ばんざい!

しょぼん。

さえちゃん
12 /07 2006
会報がこ・な・い・です。

「12月1日に発送しました」

アヤキファンクラブからのメール。

青山から我が家まで、何キロあるんだろう?

地図で見ると、直線距離で、25キロ。

車で走っても、50キロないよ。

なのに、何日かかるんだー。

江戸時代の飛脚でさえ、1日に40キロも運んだのに、

現代の逓信は、どうしたものか?


郵便屋さん、ごめんなさい、

言動は撤回します。

寒い中の配達ごくろうさまです。

私は明日ですよね、明日配達なんですよね。

お待ちします、なんでもない事ですよ。

大好きな人の訪れを待つのですから、

多少の犠牲はいたしかたありません。


本音は、「頼む!もう限界ぞ。」

かみよ~こたえて~わたし~にー。

遅まきながらシニョ―ルドンファン

宝塚
12 /05 2006
突然ですが、シニョールドンファンが大好きです。
プロローグの男役の衣装がステキ。
学ラン姿の男役は、そうそう見ることが出来ない。

軍服が好きな人も多い様だが、実際問題、日本に暮してる限り、
軍服を着た人は見たことが無いし、
黒燕尾姿の、男性も同じく、めったにお目にかからない。

それに比べると、男子生徒の学ランは、身近に感じるせいか、
はたまた、ほとんどが野暮ったい男子の中で、
ひときわ異彩を放つ美男子がいた記憶も重なって、
宝塚の舞台であの衣装は卑怯なくらいステキ。

みんな寄って高って、美男子な上、学ラン姿なんて、
「もうーカッコいいったらありゃしない」

そんな理由で、はまりにハマリ、
ついに、DVDを購入しようと決心した日に、
NHKの放送予定が発表になり、
まあ、とりあえず、これでいいや、とまたまた購入が伸びそうな予感。

NHKの放送は、TCAのDVDとは別物なんんだろうか?
とても楽しみ!

初舞台生のロケットもすごく可愛いし、
デュエットダンスはもう、夢見ごこちだし、
さえちゃんの花婿さん姿に思わず、
「ありがとうございます!」と、
頭を下げてしまうほどです。

植田景子先生、あなたは天才です。
堕天使の涙も素晴らしいし、
落陽のパレルモは最後が無ければ、もっといいし、
これからも、期待します。

ナウオンステージのさえちゃんとりかちゃんは、ラブラブだし、
言うことありません。
ちょっと、くららちゃんに辛口なのも、
ほんとに仲が良いから言えるのかも・・・

エリザの次に好きな作品。
今まで何回見たかナー?
スカステで録画し、DVDにしたドンファン。
一段と冷え込む今夜は、
せめてハ―トだけでも、あったまりましょう。

キャトルで卓上カレンダーを購入

宝塚
12 /03 2006
あのー恥ずかしながら、初めて色々なジェンヌが出ている、
カレンダーを買いました。

昨年は、ゆうひ君のパーソナルカレンダーのみ、購入し、
あまりのカメラ目線に、恥ずかしくて、
部屋に飾りながら、傍で見れないという、
純粋な私でしたので、
今度は、ちゃんと見れる物にしようと、
様々なジェンヌがでている物にしました。

これは、大丈夫です。

ちゃんと、見ることが出来そうです。

でもやはり、さえちゃんのカレンダーが欲しい!
色々飾ってはいるものの、
月替わりさえちゃんが見たい。

こうなれば、自分で製作しよう。
さあ、世界に1つだけのさえちゃんカレンダーを作り、
ニヤニヤ、デレデレしながら、月日の流れを楽しもうでは、
ありませんか。
恐れ多くもさえちゃんの隣に並ぶ私の写真も入れ、
どんな時も、笑顔で過ごせるように、
ステキなカレンダーを作りましょう。

その前に、大掃除ですね。
年末は休みが無いので、少しやらなければ・・・
ああー、気が重い。

さえちゃん、元気をください、
そうだ、さえちゃんファイルの整理をして、
パワーを頂きましょう。
さえちゃ~ん、!

コムさんありがとう!そしてさようなら

宝塚
12 /03 2006
たった1度きりの観劇日、堕天使ルシファーに逢える
最初で最後の日。

なんでそんな日に電車が止まるの~。
台風でも、春闘でも止まらないのに、
信号機の故障で40分も止まった。

私が可愛いくて、純粋な中学生の頃から、
約、ん?年利用していて、こんなに長く止まったのは、始めて。

有楽町の駅に着いたのが、3時25分。

ひたすら走った。

最後の開演アナウンスはあきらめ、せめて林檎を持って登場するまでには
絶対着席するのだ。

劇場入り口で、なんとこんな時に、お姉さんがチケットを落とし、
ひらひら舞って、二人で、てんてこまい。

それから、エスカレーターを駆け上がり、ほたるさんに導かれ、
どうにか着席。

舞台では、コムさんが林檎と共に、登場。


何がなんだか分らない汗が滝の様に流れ、ぜーぜーしながら、
観劇開始。


そして1幕が終わり、今度は、涙で、またもやびっしょり。
ステキな舞台でした。

初めて宝塚を観たときのような感動。

まだ誰が誰だか分らない時に観た、タカラズカ。

これが退団公演とか、次は水がトップだなとか、

まーちゃんは出番が少ないとか、

いろんなことは一切考えないで、

ただひたすらストーリーと出演者だけを追って、

夢中になれた、めずらしい作品でした。


終演後、ごった返してるキャトルで、DVDを下さい、

と元気良く注文したら、

「12月15日の発売ですので、もうしばらくお待ち下さい」

と笑顔で言われた。

なんだ、もう劇場には来ないのに、仕方ない、通販か・・・

がっかり。


純粋に楽しめた舞台。やっぱり宝塚はいい!

しばらくさえちゃんの舞台続きで、

宝塚は久しぶりだったけど、人の多さに驚き、劇場の大きさに叉もや驚き、

トイレの行列にも感動し、出待ちの光景も新鮮で、

さえちゃんの卒業ショックから、やっと立ち直れた気がした。


さえちゃんは、28日に観劇したようだけど、

感想が聞きたいです。


雪組は馴染みが無くて、主要なメンバーしか分らなかったけど、

良かったよ、すべてが。

クリスマスのシーンはキュンとした。

クリスマスって、切ない気分がするものなのですね。


ただひとつだけ気になったのは、未来優希さんと、

美穂圭子さんは、マイクはいらないです。

この方達は、四季にいかれたほうがいいのでは・・・

宝塚では、上手過ぎます、声量がありすぎです。

いい声でした、いい声すぎです。


雪の便りが聞かれるこの時期の退団、

淋しいけど、コムさんとまーちゃんには、ぴったりでした。

卒業おめでとう!そしてありがとう!

春の小川はさらさらゆくよ ピュオーラ新CM

さえちゃん
12 /01 2006
年末だから、第九かと思いきや、

なんと、「春の小川」。

さえちゃんの新CMは、合唱隊でーす。

可愛いよー。

すっかり、花王の事は忘れてました。

舞台にお花を下さった、カシオ様はいつも頭にありましたが、

お花を送って下さらなかった、花王様は忘れて・・・

でも、毎日使っていた甲斐がありました。

明日からまた、不定期にCMが始まるのなら、

おおいに民放を見ようでは、ありませんか。

突然目にする喜びは、例え様も無く、エキサイティング!

年末の、民放よ、ブラボー。

なに!これー。

たとえ、変なCM、もとい、

面白いCMだって、さえちゃんさえ出れば、

さえちゃんさえ出れば、大満足。

よかったー、可愛いさえちゃんにまた、逢える。

明日からが楽しみ。

みー

宝塚歌劇団、元月組男役。
卒業生の瑞羽奏都さんの大ファンです。