FC2ブログ

厨子王の刻

さえちゃん
09 /30 2006
武道館、ああ武道館、武道館

拝見させていただきました。

6000人の人達と、あの広い空間でみた、黄金の刻。

予想どうり3階席の一番後ろで。

始めからさえちゃんが踊って、踊って、せつないセリフ、
床に倒れて、長い間そのまま、

安寿との様子がかわいくてかわいくて、そして裸足。


大きな薪を背負わされて、叩かれる、押される、

「さえちゃんにそんなことしないで~」

私はこのシーン耐えられませんでした、オペラグラスをはずしました。
他の舞台ともお稽古が重なって、
だいぶ痩せたように見えたさえちゃんが可愛そうで、
アンドレが橋で撃たれる時のさえオスカルの様に、
「キャー!」
と叫びたい気持ちをぐっとこらえました。

そして最上段でよく見るとさえちゃんの着物の腰辺りに金具が見えて、
「あっこの後宙乗りだな」、とわかり全神経を目に集めたところで宙乗り開始。

あのさえちゃんが長年夢に見ていた宙乗りが始まり、
一回転した時息が止まりそうでした。
その上、半回転し、頭から奈落へ・・・
でもその時、半回転してる時の黒子のような人達が、
さえちゃんを助ける様子がなんともいえず、
支えられて安心してやっているんだろうなと思った。

里見さんとの殺陣のシーンは見ごたえがありました。
何万回もやっている大御所と互角で戦い、
あの武道館で、センターに立つ。

がんばったさえちゃん、着物が似合い、カツラも似合い、
可愛くも凛々しい少年から青年を立派に演じ分けて
大きな女優、イや立派な舞台人を、感じました。


さえちゃんのファンでよかった、
さえちゃんが好きでよかった、
やっぱり、一生ついて行く決心をして、武道館の熱い一日が終わりました。
スポンサーサイト



瀬奈じゅん様ご登場

夢の話
09 /28 2006
こんな粗末な文章を、いつも読んで下さっている方。
本当にありがとうございます。

心からのキスをどうぞ!


 チュッ!


と、今日も始まりました、一日ぶりのみーのふざけたブログです。

間もなく待ちに待ったさえちゃん武道館公演
「黄金の刻」の秒読み開始です。
明日は大人の事情によりブログの更新が出来ない為、
次に書くのはもう、観終わった後なのです。

これまでも、公演の前はとんでもない興奮状態にあり、
様々な武勇伝を繰り広げてきましたが、
なぜか今回は、少しおとなしめです。

公演前に必ず夢を見るのですが、今回はさえちゃんほぼ登場せず、
なぜか、瀬奈じゅん氏が初参加!


とある大浴場にて、何故か一人だけ大きいバスタオルで体を覆っていた
瀬奈氏、係員に注意を受けても、なぜかそのまま。

小さくなってバスタオルを巻きつけたまま、体を洗い始めたが、
きょろきょろして、落ち着かない様子。
体を洗うたびにバスタオルがずれて、変な格好で洗っている。

それを見ていた人達が「体にアザでもあるんじゃない?」
          「傷があるのかもよ?」
挙句の果てには、「男じゃないの?」

周りは一斉に「キャーおとこー」と騒ぎだし、
大パニック。

私はそばにより勢いよくバスタオルを取った。

すると、「なんだ、女じゃない」と騒ぎは一辺に収まり、

素っ裸の瀬奈氏は私に抱きついて、

「ありがとう!助かった、最初からこうすればよかった」

「ところで、私のことは知ってますか?」と聞かれ

(はい、月のトップさんですね!ちょと前はブルータス、

もう少し前はシシーですね)と答えた。

そのとたん瀬奈氏は「こんな所にも、私を知ってる人がいるー」

とぶちゅーとされた。

こんな夢。


あさこさんファンの方、あくまでも夢なので落ちついて行動してください。


なんで、さえちゃんじゃないのか?
深く考えこむ私、
初めてのパターンで、驚いてます。

①さえちゃんだったら興奮しすぎて、意識を失う為。

②スカイレポートで瀬奈氏を凝視しすぎた

③全国ツアーのチケットを買わなかった恨み

んーどれもあたってる。


次はさえちゃんと逢えます様に、贅沢は言いません。
お風呂場でなくても、構いません。
脱衣場でもいいですから、よろしくたのみます。


私のブログのモットーは、もちろん

清く、正しく、美しく、です。

                 

一日千秋の想いⅡ

さえちゃん
09 /27 2006
武道館のチケットが届いた。

確かにこのチケットで会場に入る事はできるようです。
でも、2階席あるいは、3階席決定。
ウインタースポーツのジャンプ台を思わせるような、
素敵な、急斜面。

私が会場に行けるのは、多分ギリギリ開演時間の午後3時。
早い者勝ちの席に期待はゼロ。
アリーナなど、夢のまた夢。

ふぅ~。

ふぅ~。

厨子王くんが~さえちゃんが~まめつぶより小さく、
それより、さえちゃんだと、見分けがつくだろうか?

昨日までのお気楽、しあわせ気分は急降下。
どうなるのかなー、私の運命はいかに?


でもね、行けない人もいるんだよね。
ぜいたくだね、こんなこと言って。

東京が遠くてこられない人、仕事でダメな人、
病気やケガで無理な人、
そして、先立つものがなくて観にこられない人。

そんなさえちゃんファンの為にも、
頑張って見届けますね。
そして、微力ながら少しでも会場の雰囲気を感じて頂きたいと、
一緒に楽しみたいと思う訳です。

帰りましたら、私なりにご報告したいです。
ただし、さえちゃんを確認出来るかが問題ですが・・・


♪マリアさま~お救いくださ~い
アベ マリ~アあわれみを~!

一日千秋の想い

さえちゃん
09 /26 2006
おさださんの番組に物言わぬさえちゃんが出演!

これは、ファントムの稽古場の模様を撮った「ファントム プロダクション
ノート」

この稽古場になぜか「AKURO]のポスターが張ってある。
ホワイトボードの端に・・・
なぜ?どうして?
一体誰がなんの目的で?
ステージスタッフには、謝先生はいないし、
どうしてだろう。

① さえちゃんファンの誰かが貼った。
② 同期の高翔さんが貼った。
③ 誰かの落とし物として貼られてた。
④ ホワイトボードの傷を隠す為。

どれだろう?


やっと武道館のチケットが発送されたようですね、
明日には届くかな?
どんな座席になるのかな?
何か記念になるようなグッズの販売や、プログラムはあるんだろうか?

厨子王ストラップ、厨子王タオル、厨子王あぶら取り紙とか・・・
ないかなー?あるわけないね。

色は違うけど、袴姿のさえちゃんを想像するだけで、
5月22日の最後の姿が甦る。
始めから泣きそうだな。
ちゃんと観てられるだろうか?

他にも何やら面白そうなコンサートもあるようだし、
ベルばらのペガサスにも負けない、宙乗りがあるとか・・・
それに、3時間もやるようだし、
こちらも、半端な覚悟じゃいけません。

気力、体力、メイク、財布の中身、を完璧に準備しなくては・・・
財布の中身だけは、自信がありませんが、
(午前中に結婚式に呼ばれている為)
しかし、愛情だけは、満載です。

もうすぐあえるね!

30日まで、眠れない夜が続きそうです。


2本のアンナカレーニナを観て

宝塚
09 /25 2006
一路真輝主演 「アンナ カレーニナ」

朝海ひかる主演 「アンナ カレーニナ」


とても親切なさえちゃんファンの友人から一路さんのDVDをお借りして、
見せて頂いた。

今日スカステで、宝塚版を見た。

普通に男性が男性を演じる舞台を観てから、宝塚版をみるという、
面白い経験をした。

一路さんはとにかく美しく、悲しい人妻で、
私は失礼だがエリザより数倍感動しました。
この作品を毎年公演すれば良いのにと想う。
とても深く、どこまでも悲しい、救われない、とんでもない作品。
でも、何度もみたい、回数を重ねた公演が観たい、
なにか得たいの知れない魅力がある。

宝塚版は、熱々のローヤルミルクィーをふぅーふぅーしてもらい、丁度
飲み頃にしてもらったような感じ。
辛すぎる内容を、少し柔かくした様に感じた。

この2作品上演したのは宝塚が先、
一路さんは、今年の2月に上演。

でも、とても重いなー辛いなー
アンナカレーニナじゃないけど、モルヒネ飲まなきゃならないくらい。

でもこうゆうどん底に落とされる作品がたまにあるからこそ、
バカみたいに陽気なショーが生きる。
たとえば、

アンナカレーニナ  宝塚絢爛Ⅱ

不滅の棘      レビューオブドリーム

こんなの繰り返して観てたら、絶対ボケません。
よかった、更年期もアルツハイマーも寄せ付けない、
素晴らしい人生。

老後の事は安心したところで、武道館に向けて、
パックでもしましょう。
まだまだ美に執着しますよ。

複雑な「演劇のこみち」

さえちゃん
09 /24 2006
「AKURO」の稽古風景をスカステで見てしまった。

そう、見てしまったという感じなのです。

少し、後悔してる。


退団してから当然の事だが、稽古風景はほとんど見ることがない。
雑誌のインタビューとか、わずかばかりの映像ぐらい。

15分番組なのに「もういいよ」と言うぐらい長く感じた。


TSミュージカルファンデーションの事もさえちゃんが出演するまで知らなかったし、他の出演者も全然知らない人だし、全くの未知の世界。

ほんとに今まで舞台やら、ミュージカルとは、ほとんど縁がない生活。


エリザが私の全てを替えた。


スカステに入り、WOWOWも契約して、
友の会、ファンクラブに入会し、
三井○○ビザカード、ハナプラスカード、など所有し、
毎日さえちゃんの事、ジェンヌの事で、跳んだり跳ねたり、涙したり、
1年半前の自分とは、180度違う生活をしてる。

私は、初めてが好きなのかもしれない、だから沢山の情報を得てからだと、
新鮮さが損なわれるので拒絶してしまうのかもしれない。

エリザも内容を知らずに観た。
全てがそこから始まっているので、あまり知りたくないのかもしれない。

だから、この番組は複雑。

舞台を楽しみにしている私は複雑。


でも少し離れた所のいる、単なるさえちゃん大好きな私は、
非常に嬉しい。
泣いてるさえちゃん、
笑ってるさえちゃん、
熱心に役に取り組んでるさえちゃん。

最期に笑顔で、「是非、観にいらしてください!」
あーやっぱりダメだ。
その笑顔をみたら、つまんないへりくつを言った自分が嘆かわしい。

とにかく、楽しみで仕方ないのです。
さえちゃんの出演する全てが・・・。

後はただ時間がすぎるのを待つだけ。

四羽の白鳥が飛び立つ

宝塚
09 /23 2006
コムさんのさよなら公演が始まった。

トップスター三羽目の白鳥が飛び立とうとしている。

四羽目の白鳥もすぐ後ろに控えて、毛繕いを始めている。

辛く厳しい世界へ、たった一羽きりで飛んで行く。

初めてベルばらを観てから約30年のブランク。

さえちゃんにはまって1年、同時に宝塚を大好きになって知った各組のスター達、そのスターが次々と去って行く。

それぞれに、熱い想いをいだいたファンの気持ちが痛いほどわかる。

さえちゃんが卒業してから、他の組を観る度に、
この人達を悲しませないでほしい、出来ればやめないでほしい、
そんな願いを持ってしまう。

何年も支えたファン、最近知ったファン、
涙の後に痛烈に来る淋しさ、
それを乗り越えるのには、ただ時間がすぎるのを待つしかない。

なんか大失恋の話みたいだけど・・・

本当に失恋なのかもしれない。


みーもやっと乗り越えた。

愛している彼と永久の別れをして、
彼にうりふたつの親友に出会った感じ。


コムさん、体を大切に、どうかお疲れが出ませんように。
最期の公演、楽しみにしてます。

正塚先生 中学の吹奏楽部の顧問に似てる

宝塚
09 /23 2006
最近スカステで、正塚作品がめじろおし。

「二人だけが悪」「ハードボイルドエッグ」「ラヴインシュアランス」かな?

これらの作品を見て、正塚ワールドが理解できた、気がする。

今まで見た宝塚作品と違う。テンポがあって、大人っぽい。
笑いがあるけど、下品じゃない。

ジェンヌの実年齢にふさわしい内容のような、
面白さがある。

なんか不思議。

わたさんのさよなら公演はどうなんだろう?

友の会チケットが全滅で、多分観る事はできないだろうけど、
実際観たら叉違う感想になるんだろうと思う。

んーみーには何回も観たい作品には、残念ながらならないような・・・

下北沢あたりで公演したらいいのになー。
そしたら、とても良い作品だ!となるはず。
劇場の違いはとても重要で、
正塚作品は、自然なメイクで、客席と舞台が近い方が良いような気がする。

そうすれば、自然と入り込める奥深い内容だ。
まあ、一回も生で見てないからあくまでも、DVDや、スカステ番組の印象です。

でもこうゆうのも、たまにはいいかもね。

私の御贔屓がすべて主役を演じてるので、
それだけでも嬉しいけど。

わたさんの作品が観たいナー。チケットないけど。

早く戻さねば

さえちゃん
09 /22 2006
ファントムのDVDが明らかに私を侵食し始めたので、
さえちゃんモードを取り戻す為と、
覗かせていただいてるブログの管理人様に、デジキシンの写真集を、おすすめする為に、久しぶりに写真集を見た。

1秒で、さえちゃんラブモードに戻った。

雑誌に掲載される、わずか1~2ページの写真でも嬉しいのに、
なんという大盤振る舞い。
写真集だから当たり前だけど、考えたら凄いお宝です。

私のさえちゃん写真集は、篠山紀信つながりを考えて、
山口百恵ちゃんの(激写)隣に鎮座してます。
昭和55年9月1日発売とある。

この本は、私の19歳の誕生日に自分で購入したもの。
わー歳がばれるよー。
百恵ちゃんが3歳お姉さんだから、この時は22歳。
うひゃー落ち着き払ってる。
そして目力が凄い!

どことなく、さえちゃんに雰囲気が似てる気がする。
性格は全然違うようだけど。

でも篠山先生の撮り方は変わってないナー、
光りの使いかたが絶妙で、
驚くぐらい、美しい表情をとらえてる。

あーさえちゃん、ただでさえ美しいのに、
あの巨匠が撮るとなれば、一段と艶やかで、
なんと表現したらいいのかわからない!

すっかりさえちゃんモードに戻ったついでに、
厨子王の姿でも想像?妄想?しながら、
もう少し、お待ちしましょう。

花組 ファントム

宝塚
09 /22 2006
大変なことがおこりました。

一大事です、今までさえちゃんオンリーの我がDVDボックスに、
春野スミレ様が仲間入りされました。

まさか、私がおさださんを買い求めるとは・・・

以前花組のエリザをDVDで観た時はなんともなかったのに、
ファントムにはやられました。
大泣きしながら、たった今観終わりました。
別アングルがまたいいんです。

あーどうしよう、おさださんの声が耳から離れない。
「おーゆーあーみゅーじっく、二人の歌声は~」

いいものは、理屈ナシでいい。
たかはなの、ネバーセイですら買わなかったのに、
チワワ犬のような、コムオスカルも我慢したのに、
気がついたら、キャトルオンラインで、申しこんでいた。

つい、先日劇場にいった時は変わりなかったのに、
帰ってきてから少しずつ様子がかわった。
これはもしかしたら、カルロッタに毒を盛られたのかもしれない。
ファントムが観たくて、いてもやっても居られない。
やっと、ゆっくり眠れそうです。

もうすぐ、さえちゃんにも逢えるというのに・・・

台風のように、おさださんはやってきて、
あっという間に、去って行く・・・かなー?

この後黒蜥蜴なんて面白そうなのやるし、
しばらく、おさだ台風は、私の家に停滞しそうです。

良かったよ!ファントム!

貴城けい 湖月わたる

宝塚
09 /20 2006
真っ白な貴公子の最期のコンサートが終わった。

さえちゃんの熱帯夜話のDVDを、退団直後にはじめて見た時の衝撃、
悲しさ、淋しさを、思い出した。

宙組、宙組、の連呼が叉悲しい。

はじける笑顔が、底抜けの明るさが、
かしちゃんの涙の光りがやるせない。

なんでこんなことになるんだ!
猛烈に沸きあがる怒りも、たくさんのファンの想いも、
全部かしちゃんが引き受けてるみたいで、
抱きしめたくなる。

いいたいことを一人胸の中にしまって、笑顔でさよならしたかしちゃん。

今は、言葉がありません。



もう一人の熱い心の持ち主も、大劇場から去っていった。
一段と凛々しくなったわたさん。
たくさんの娘役を可愛く見せた、男っぷり、
娘役だけじゃなく、男役でさえ、娘にさせたその力。

たくさんの舞台を想いながら、一人静かに、
「おつかれさま!そしてありがとう!」の声をかけた。

ゆりちゃん さえちゃん

さえちゃん
09 /19 2006
ちょうど今、スカステで「二人だけが悪」を録画中。

なので、昨日の「ハードボイルドエッグ」の感想を・・・

でもまだ半分しか見てないのですが、

ゆりちゃん自然すぎて、ドラマを見ているよう、
これ、東京宝塚劇場なの? あー間違いない、銀橋もあるし。
この作品観た方はどんな印象なのだろう。

ゆりちゃんのことは、TVドラマでファンになり、後からタカラジェンヌだったことを知ったので、昔の映像を見ても不思議で、
「本当に宝塚の人だったんだ」印象が強くて、
へーへーの連発。

それでも最近はさえちゃんのおかげで、だいぶ観なれたけど。
エキゾチカのデュエットダンスは夢のようだし、
いつか、舞台で共演して欲しいなー。

でもゆりちゃんは舞台出ないし、TVの方がいいのかなー。
なんといっても、月9ドラマの主演やったし、大河ドラマも経験済みだし、
戻って欲しいけど可能性は低いね。

でも、明日は、未来は誰にもわからないから、
もしかすると、もしかする。

「きっと叶うはずさー 夢はー」
音楽の天使に頼んでみましょう。

退団してから約10年の今のゆりちゃん。
さえちゃんは、10年後どうなっているんだろう?
そして、私は?

東京の劇場で、杖をついたおばあさんがファントムを観ていた。
私の理想の姿だった。
死の直前まで、舞台を観ていたい、
カッコイイ男役にあこがれ、劇団にあれこれと文句を言いつつ、
組替えや退団に一喜一憂しながら、年をとりたい。

「共に成長し、共に老いる喜びに勝るものはない!」


さあ、「ハードボイルドエッグ」の続きをみましょう、
そして、「二人だけが悪」も続けて。

ブックオフで100円で買った、プログラムを片手に・・・。

なぜなの?なぜ好きなの?

さえちゃん
09 /18 2006
さえちゃんが好き。

さえちゃんが大好き!

TVも、雑誌も、もちろん舞台も。

顔も、スタイルも、表情も、そして、あの声も・・・

存在していること、出会えた事、

こんなにも好きなのはどうしてなのか?

さえちゃんの虜になってからずっーと考えてたことに、

答えを出せた。


それは、私がさえちゃんになりたいからだと。
私の理想の人物、わたしにとって美そのものが彩輝さんだからだ。

あんな顔に生まれてたらナーとか、
なんであんなに純粋なんだろうとか、
長身で、脚も長く、
色白で、
天使の笑顔。

好きってことは、なりたい人じゃないかと、
今日気がつきました。

自分にない物、自分が出来ない事、その辛さを忘れる為に、
人を好きになるのではないかなー
だから憧れを通り越して、
愛情にまで発展する。

私は女だけど、さえちゃんをぎゅーとしたい。
なんて考えるのはおかしいのかも?
と、前は思ったが、
なりたい自分を抱きしめるのは、全く正常で、
当たり前なのですヨネ。

そうだ、さえちゃんを好きなのは、
抱きしめたいほど好きなのは、
けして病気でもなければ、
まして、変態なんかであるわけがない!

あーなんかつかれました。

本日の主張は終わりです、御静聴ありがとうございました。

ファントム

宝塚
09 /18 2006
おさださんのファントム観ました、2回目です。
今日は私にとっては千秋楽。

前回より席が良かったせいか、一緒に行ったお友達がよかったのか、
とにかくよかった。

なにがいいか?
それは観て見ないと分からないから、人によって違うから、とりあえず
みーの感想を・・・。

ファントムの初見は、宙組バージョンをスカステで。
1回でハマリました。
それから何回観たかナー。

本気の演技のゴールデンコンビにかなう組はあるまい!
と思っていた、じゅりぴょんも最高だし。

この宙組は生で見てないから比べるなんてできないけど
前回の観劇の帰りに、キャトルでファントムの原作本を買って読んだら、
(スーザンケイ 著 北條元子 訳)
これは、おさださんの演技を理解するのに十分な、内容だった。

この人生を歩んでいればこうなるであろう彼の人格を、
見事に演じていた。
声がまたいいなー。
惚れ惚れする。

まさに音楽の天使そのもの。
心に残る大作。

ゆみこさん、あなたの涙は卑怯なくらい綺麗でした。
そして、悲しいお父さんでした。
子供を撃つ苦しみが伝わり過ぎて、息ができませんでした。

本当にいい舞台でした。

花組のみなさんありがとうございました。

紫吹淳様のお声が電話で聞けました

宝塚
09 /16 2006
りかちゃんの声が電話で聞ける。
「こんにちわ!紫吹淳です、投票有難うございます」

今夜7時から日本TVの番組に出たりかちゃん、他のチームよりダンスがよかったと想う人は電話して投票するシステム。

電話をした。

ドキドキした。

電話だと、耳元でりかちゃんが話しているようで、

「ああーフランシスさまー!」絶叫!

「次は10月7日夜6時30分からでーす、応援よろしくお願いしまーす」

と、りかちゃん。

結構長く喋っていた。

「宝塚で18年間男役をやってました、なので女は難しかったです、
いかがでしたか?」

いかがも何も、素晴らしかったよ―。綺麗な足が見えて、ドレスが邪魔なくらい、女のりかちゃんでも、やっぱり男前でした。
出来れば一人で踊って欲しかった、そうゆう番組じゃないけど・・・。

無性にバンパイヤが観たくなる。
善の、りかちゃん。悪の、さえちゃん。あー素晴らしい!

宝塚ばんざい!OGばんざい!おまけに二人の退団公演に携わった、
小池先生もばんざい!

さーバンパイヤレクイエムの始まり始まり!

運動会

さえちゃん
09 /16 2006
本日我息子の運動会でしたので、久しぶりにアウトドアしてました。
仕事は早出を願い入れて午後から観劇へ、違った、学校へ・・・。

約500人の生徒。

あれ!どこかで聞いた感じ、そうだ歌劇団だ。

一度も生は見てないけど、100周年運動会は是非行きたいです。

かつて、ジャニーズの運動会をことごとくバカにして、

なにが面白いんだ?などと暴言を吐いていた同じ自分とは思えない。

息子の運動会を見てまで、宝塚に想いを寄せるバカぶりは、

本物のお・た・く?


どう思おうと、何を考えようと、ああー魂はー自由だわー
そおーじーゆーう。


とにかく、さえちゃんのおかげで、何を見ても宝塚と結びつけてしまう
私は、実に素晴らしい。
これからも、この道をまっすぐ進んで参りましょう。

エリザベート再びⅢ

さえちゃん
09 /16 2006
ようやく発表がありましたね!

トークの出演だそうですが、はっきりいって安心した感じなんです。
昨日某サイトで見たときは、心臓が止まりそうでした。

これがもし、期待していたような、ガラコンのようだったら、
多分当日会場で倒れたに違いありません。

「奪い合えば足らぬ、分け合えば余る」

過度な期待を持った私を、天使が「まあ、まあ、落ち着いて」
と諭して下さったようです。

原点に返り落ち着いてみると、実は素晴らしい企画ではありませんか!

大好きだった星組時代のメンバーだし、

さえちゃんの前の月組トップさんだし、(りかちゃんの千秋楽ではさえちゃん号泣してたなー)

エリザの話を存分に聞けるなんて、サイコ―!
星組の新公の話もでるかもしれないし、

また期待してしまいました、全く懲りてません。


反省しつつおとなしく、お正月を待ちましょう。

その前に、あれと、これと、それの、舞台があるしね!

エリザベート再びⅡ

さえちゃん
09 /14 2006
あるOGの方の公認サイトより

ウィーン版エリザベート来日記念コンサート

東京公演ゲスト

稔幸 紫吹淳(6日のみ) 彩輝なお 美ゝ杏里

1月4日 17:00
  5日 14:00
  6日 14:00
  7日 14:00
  8日 14:00

新宿コマ劇場  S席9000円 A席7000円

東京公演一般前売り

11月11日(土曜日)


「まさに、天と地がひっくり返ったよな・・・
 えっうそ うそ」

さえちゃんがコウバン表を見たときの感想。

初めてアンドレの役を、新公で演じる事が決まった瞬間の話は、
何回か、耳にした。
その時と同じ驚き方をして、このセリフを言ってみました。

ラストデイのあの日、もう二度とさえちゃんトートには逢えないだろうと、
大粒の涙と共に胸にしまった数々の想い。
その想いをこんなに早く解き放つ事ができるなんて!

新宿コマでのエリザコンサート、
もし、衣装がなくても、
メイクがなくても、
それでもさえちゃんト―トに変わりない。

たとえどんなカタチでも、さえちゃんがあの舞台を想いながら、
歌ってくれるだけで充分です。

でも、待てよ!
さえちゃん、トートだよね?まさかシシ―役?
それはそれで楽しみだー。

落ち着いてこれからの情報を待つとしましょう。
もう出演は決まったのですから・・・

し・あ・わ・せ・!

エリザベート再び

さえちゃん
09 /14 2006
キャーキャー
どうしよう!うれしい!やったー!

さえちゃんがエリザに出演決定!

正月から新宿コマにて、ウィ―ン版エリザのコンサートに出る。
のる様と、りかちゃんと、美ゝさんと一緒に、
しかも、9000円。

料金からいってもかなり本格的で多いに期待できそう。

あやきのファンクラブでチケット買えるよね?
あー早く見たい、行きたい。

嬉し過ぎるぞ!気が狂いそうです、どうしよう!

「死ねばいい!」

そうです、そのとうりです。

トート閣下に扮装してください、ぜひぜひ!



血圧が上がりすぎました、少し落ち着いてから叉書きます。

♪カットしないでね!カットしないでね!

さえちゃん
09 /14 2006
秋の長雨到来。
古傷が痛んだり、神経痛の方お大事に。

なんて、整形外科か、湿布薬のコマーシャルみたいですが、
今朝も無事にカットされまくったさえちゃんCMを見ることが出来ました。

ドライブのシーンも、ラストの高台でのシーンも大幅にカット。

花王さんも、いや花王も(こうなったら呼び捨てダー)
ホームページで完成したような映像を流すから、要らぬ誤解をされるのだ。
あんなに見せておいて今更なにがしたいのか?
いや、本音は商品がよくわからないなと、ちょっぴり思ったのが、
やはり災いしたのでしょう。

さえちゃんカットの分は、商品のクローズアップになったようですね。

情報は怖いです、当事者は気にも止めない事でも、
様々な影響が出てくる。 色んな形でね。

短い時間での勝負。
わずか1秒が明暗を分けるのでしょう。

だから今更ながらカシオは素晴らしいと、再確認するわけです。
さえちゃんの魅力を存分に出し、駅にも電気屋にも惜しげもなく
さえちゃんを登場させて、
だから、機械にとんと縁のない私も、デジカメなど手にするはめになるのです。

そんな事いってますが、やはりTVでさえちゃんを見られると、
わーわーきゃーきゃーいってしまう。

もう、開き直って、1秒でも良いから、なんでもいいから、
カットされてもいいから、さえちゃんを見せてください。

もう,支離滅裂です。

やはり、病気です、点滴代わりにさえちゃんのオスカルに、
お仕置きしてもらいます。

さえちゃんカードが届いた

さえちゃん
09 /12 2006
雨の一日の始まり。

仕事も残業でこれから急いで歯医者に行かねばならぬとき、

なぜかポストが呼んでる。

「みーちゃん!みーちゃん!雨で濡れちゃうよー早くー」

なぬ!胸騒ぎがする、さえちゃんの声がする。


じゃーん!さえちゃんからのバースデイカード到着。

これがまたいいのなんのって!

なんでそんな顔をするのですか?

あーもうズルイ人だー。

見つめられるのも、もちろんいいけど、

こうやってそっぽをむいてるのがまたいいなー。

さえちゃんはお風呂場に全身が映る鏡があると言ってから、

お風呂上りにこんなポーズしているかもなー。

鏡よ、鏡よ、かがみさん、

あなたが羨ましいのは、私だけではないでしょう。

美しいさえちゃんのカードを見つめながら良い夢みましょ!

新CMが見られたヨー

さえちゃん
09 /11 2006
今朝、日本TV ズームインスーパーで、
歯磨きさえちゃんに逢えたヨー。

朝の番組で見れて一気にテンションアップ、

昨夜も「CMが流れているよ」と娘からの電話で、急いで番組を変えたけどダメだった。でもズームインは少し期待してた。
以前花王のコマーシャルで、愛華みれさんがギフト用のエコナオイルを宣伝していて、結構面白かったから覚えてた。

でも花王の商品はたくさんあるからなー、
さえちゃん歯磨き粉じゃないかも?
でも新商品だからなー。

そして、静かにその時は来た。
花王のホームページで何度も見て覚えたあのシーン、

もう、感無量!ばんざい!そして、さえちゃんおはよう!

そのあと、私も歯磨きをたくさんして、出勤。

し・あ・わ・せ・!

夏の終わりに

さえちゃん
09 /10 2006
夏も終わりそうなので、さっぱりと背景を変えました。
海は、夏の終わりの方が趣があっていい味を出すような気がします。

何年も行ってない海を、記憶の彼方に探して潮騒を思う。

遠い島に行きたかった昔、世界を見たかった昔。
でも、今はここに居たい。
さえちゃんの情報と笑顔が見られるここがいい。
他のジェンヌの事も知りたいし…

今まで買わなかった雑誌を買ったり、
舞台のお知らせで舞い上がったり、
歯磨き粉で感動したり、
CMでこんなに喜ぶ事があるなんて考えもしなかった。

出会いの尊さを実感します。

なんかジェンヌの挨拶みたいになっちゃった。
ほんの少しだけジェンヌの純粋さを頂いたかな?

たくさんの天使に逢う為に、
仕事に励みましょう。

ディナーショーはいいなー

さえちゃん
09 /10 2006
星の王子様に会いました。

スカステで麻路さき様のディナーショーを拝見しました。
幼心に夢見た幻の王子様そのものでした。

まりこさんが退団していて良かった、まだ現役ならとんでもないことになっていたはずで、ブラジルなんぞにおられて、息子、夫がいて、
この衝撃、OGでよかった。ありがとう!

まりこさんの作品はあまり見てないけど、作品もいい気がする。

国境のない地図、ジュビレーション、二人だけが悪、

誠の群像、エリザ、皇帝、恋と剣と虹と、あってる?

まりこさんの新公をさえちゃんが演じてる事も、
縁を感じるなー。

まりこさんのディナーショーなんてどんなだろう?
もちろん歌が中心だから、はたして・・・
心配ご無用でした。
もちろん贔屓目でしょうが、みーは今までのディナーショーでダントツでした、MCも見事。

今更ながら、エリザのガラコンを見る事が出来てほんとによかった、
ガラコンを見た方の感想を聞きたいナー「遅いですが・・」



さえちゃんは、関西のTVに出演、朝日新聞べるばらにも出て、
嬉し過ぎる一日で、「埼玉なので見れませんが」
最期にまりこさんの笑顔を見れたいい誕生日でした。

星組 花組 新公メンバーつぶぞろい!

宝塚
09 /09 2006
宙組の和りょうか君、すてきだなー、

まりこさんを思い出す、同じ星組だし、楽しみダー。


コンビニの中華まんの気持ちがわかるような、ムシムシした9月。

せめて気分だけでもさわやかに!

○5歳の誕生日です。

なんかはずかしいです。

それより、アヤキからのバースデーカードが楽しみです。

アクロのブログにさえちゃんが映ってましたね。

お稽古が始まった様子ですが、

スケジュール大変そうで気になりますね、今まで元気だったさえちゃんも、

勝手が違うので体調管理は重要ですよね。

メンバーの一人が休演になったようですが、

さえちゃんはそんな事にならないように、祈るばかりです。


さえちゃんの輝く笑顔が見たい、30日まであと少し・・・。

退団記者会見

宝塚
09 /07 2006
よーしわかった!

金田一君。

なぞは全て解けた!

コナン君。


きれい!すごい!豪華だなー!

かっこいいー かわいいー きゃー

そうゆうものあるんだ、そうなのか?

わからないけど?

えー なんで?

うそっ 信じられない どうして?

でも、仕方がないのかな?

やっぱり応援にいこうかなー

複雑だけど・・・

このようにしてファンを退屈させない素敵な歌劇団。
この繰り返しでボケ防止。
これは企業戦略なのでしょうね。

曇りのないまなこで、夢を追いかけるジェンヌを
みーもくもりのない心で応援しよう。

新発売のさえちゃんオススメ歯磨き
ピュオ―ラでピカピカにみがきあげ、
EXILIをかまえて出待ちをしに、
やっぱり劇場に行きましょうかね。

何があってもやっぱり観たいよ。

言いたいことがあっても自分の胸に押しこめて、
笑顔で頑張る意地らしい姿を見ています。
白でなく、黒を選んだ記者会見。
かしげさん、幸せでしょうか?


貴城けい 紫城るい さよならお披露目公演

宝塚
09 /06 2006
昨日は驚いたけどすぐ冷静になれた。
でも今日は違う!

だって、だって、おかしいさー。
るいちゃんもなんて、へんさー。

沖縄のシーサーだって怒るし、みーも疑惑を感じる。

世の中では少し前に、早期退社は退職金を上乗せするなんて事が、
当たり前に行われていたけど、夢と愛の宝塚がそれでいいんだろうか?

もちろん会社組織は、とんでもない人事もあるけど、
宝塚はそれをやってはいけない強さが欲しい。
100年持ちこたえる為には、犠牲も必要なのか?

ジェンヌ全員トップにしてくれと本当は言いたい、
でも我慢してるファンに対して、
そこまでしなくてもいいじゃないかと・・・

初めて真ん中で大きい羽根を背負う姿を見せる前に
こんなお知らせなんていらない!
かしちゃん、るいちゃん、

豪華な列車の切符、夢にまで見た旅立ち、
でもよくみたら、まぼろしだった。 そんな気分。

さよならお披露目公演、どんな気持ちで観たらいい?
上演されるまでには落ち着くだろうか?

さえちゃん新CM発表 花王さんありがとう

さえちゃん
09 /05 2006
は・み・が・き・じょうずかなー?
にこにこぷん風の歌があいそうなCM。

これ、九州なの?まあそんな事はどうでもいいけど、
かわいい!なんでそんなにかわいいのー?
朝日を浴びて歯磨きするさえちゃん、

さ・え・ちゃんの響きにぴったりな、
ものすごくかわいいCM。

叫びたい気持ちが押さえられない。

さえちゃん、かわいいよー。

可愛すぎて、どうしたらいいんだー!


かしちゃんも退団発表したけど、多分彼女なら外も決まってるだろうし、
きれいだからやっていけるよ。
さえちゃんと同じ舞台にも出て欲しいなー。

お披露目、退団公演、見に行くよ。

でも、宙組の組子は2作続けて、大劇場さよなら公演か、
大変だな―。
どうか頑張ってね、影ながら応援します。

遅いみーが悪いけど

宝塚
09 /04 2006
やはり模様替えはダメでした。
おとなしく元に戻して終了。

さえちゃんコーナーに来年はカレンダーが欲しいナー。
アヤキ事務所の方、よろしくおねがいします!。

と一応お願いする、何もしないよりは多分イイ?と思う。


日生劇場公演、今頃行きたくなってきたけど、チケットは無し、
多分全国ツアーも行きたくなる予感。

みーはさえちゃん以外のことは盛り上がりが遅く、
チケットの販売が終わる頃、行きたい病が始まるので
始末が悪い。

言い訳させてもらえば、スカステのニュースで「○○の集合日です」とか
お稽古場の様子が流れてから、無性に見たくなるタイプなので、
「もっと早く教えてヨー、せめてチケットを売っている間にさー」なんて
勝手な文句を言う。

でもそういう方意外といらっしゃるんじゃないでしょうか?

ボケナスな、みーだけかなー?

一応友の会に入っているけど、ほとんど買えない。
4回申し込んで1回の割合なんて、
一体誰が買ってるのか不思議だなーと思ってたら、
いつかのTCAで、「友の会 会員が7万人を超えました―」
なんていってたっけ。

そりゃ無理だ。

でもねホントに見たい人が買えないチケットって、どうだろうか?
オークションだけが悪いとも言えないし、
難しいな。

いつかはもっと画期的な販売方法が出来るはず、
その人が大好きな気持ちがセンサーでわかり、
購入できるとかね。

まあそれまで地道に頑張るしか無いですネ。
昔は、百恵ちゃんのコンサートチケットを買う為に、
まだ夜明け前の新宿コマに恐々並んだんだから、
電話や、パソコンで申し込めるのは楽になった方ですね。


でもやっぱり、観たいな―。

オクラホマ、あかねブリアン・・・。

いつだってさえちゃんを見ていたいのです。

さえちゃん
09 /04 2006
9月になったので、さえちゃんコーナーの模様替えをしようと、
私の家のリビング(ただの茶の間)の一部を、
ガタガタと変えてみた。

今までは、左から ガラスのフォトフレームに入ったファンミ限定生写真、
その隣が、ファンミの時にもらったメッセージ付きのグリーンのチャイナ服さえちゃん、その後ろにAKUROのさえちゃん、ゆうひ君のポストカード、
かなと君からの暁のお礼状2枚。

そして、EXILMのさえちゃん、はだかがきれいなさえちゃんのカラーコピー4ポーズ、ユウヒ君のサインにユウヒ君のカレンダー。

これらをしまい、何をかざろうか?

あーだめだー、選べない、どれもいい、どれも、見ていたい。

さえちゃんコレクションのファイルから選ぼうとして、
また、ミイラになりそう。
ファイルを眺めては溜息をつき、全く決められない。

本日で5~6回目だろうか?

叉模様替えが先に伸びそうです。

さえちゃん、あなたは罪な人です。

みー

宝塚歌劇団、元月組男役。
卒業生の瑞羽奏都さんの大ファンです。