FC2ブログ

おかしな夢

夢の話
08 /31 2006
いつもの涼しいヨーロッパにも行かず、
プリンスホテルのプールにも行かず、
軽井沢の別荘すら行かなかった夏が終わる。

なんかいつもの夏と違う過ごし方をした。秋になったら、
アクロの舞台グッズでも買う為にラスベガスに、カジノをしに行こう。

でもラスベガス暑いからナー、どうしよう・・・

こんな夢を見た。

セレブな女性には、天文学的距離があるみーがどうしたのか?

実は、さえちゃんに逢えるカウントダウンが始まると、
摩訶不思議な夢をみることがあるのです。

大吉の時は、

   さえちゃんがみーの職場に突然現われ、泣きながら
   
   抱きついてきた。
  
  
「みーちゃん!もういやだー。さえこのマネージャーがとんでもな
   い仕事やらせようとするんだ、やりたくないよー、帰りたくない」
  
   「さえちゃん、やりたくなければいいんだよ、断わっちゃいなよ」

   「ほんと!」

   「もちろん!」

   そして笑顔で帰って行くさえちゃんを見送った。


ラブレターズの時は、

     
   突然の、アヤキ事務所からの電話

  「先日はお手紙ありがとうございました

   彩輝が大変感心しまして、ぜひご一緒にそのコースを旅行したいと

   のことですが、いかがでしょうか?こちらの都合の良い日は・・・」


この夢を見た日は、朝っぱらから泣き泣き朝ご飯をたべました。


みーはそうとうマイッテイマス。
さえちゃん、早くお会いしたいです。

まだ本当は、ファンミの前、明治記念館の前にも、すごい夢をみてるのですが
またこんどお話致します。

重症のみーでした。

    

     
      
スポンサーサイト

ついにカウントダウンが

さえちゃん
08 /30 2006
今日は何の日?8月30日

なんと武道館1ヶ月前です。

9月30日、黄金の刻 開演です。

季節も移ろい、秋の色が見え始めてる北の丸で、
かつては、歌姫 百恵ちゃんがさよならコンサートをし、
8月15日は、鎮魂の祈りをささげ、
24時間のチャリティー基地になった、
あの武道館での開演。

でんこちゃんよくやった、いつのまにか結婚して、
主婦になった事、遅まきながらおめでとうございます。
(東京電力のキャラクター)

どんなに小さくとも、さえちゃんを追い求め、しっかりと焼きつけます。
それにしてもお席はどのへんか、気になる所です。
アリーナは多分平らだと思われるので、首を鍛えねばなりません。
ステージは高くなりそうですし、音量もすごい事になるんじゃないかと・・・

約1年半ぶりの男っぷり、とくと拝見致しましょう。
お席の周りは、さえちゃんファンのわけだし、
みんなで分かち合える幸せで、うきうきしてきました。


でも実は大変な事がもう一つ30日にありまして、
その日の午前11時から結婚式に呼ばれているのです。
ギリギリになんとか到着できそうではありますが、
かなり心配です。
おお、神よ 迷える大きい羊をすくいたまえ。

武道館までのカウントダウンが始まりました。
皆さんご一緒に数えましょう。

エリザベートⅡ

さえちゃん
08 /30 2006
今日、宝塚を観た事のない女子2名と、
エリザ鑑賞会をした。

初めてだったので、わかるように字幕を入れた。
あえて、途中で何も言わず最期まで観てもらった。

なんかドキドキした。
面白がっているか?、引き込まれているか?
飽きていないか?メイクに驚かないか?

無事終わった。
感想を聞いてみた。

「宝塚って凄いね、思っていたのとはだいぶ違う」

本当は、この人は男役なんだとか、この人は本当にいたんだとか、
色々言わずとも、いろんな感情があるみたいでおもしろかった。
でもやはり、フィナーレには一番興味があったみたいで、
特に良く見ていた。
劇中とは違うメイクに驚いたり、華やかさに興奮してた。

でも最期に、コレみたいなーと言われるのが辛かった。
みーだって観たい!
生で観たい!

でも無理なんだ。もう8人辞めているし、
組も変わっているし、
2度と、観ることはできないんだ。

つらい事、淋しいこと、当時の盛り上がりや、
千秋楽の事など、一人で見ている時とは違う想いだ。

夜空の大輪の花火と同じく、大きく美しく、
そしてはかなげに散って行く。大きな光る筋を残して・・・

誰かと一緒だと感情が変わる、
一人の方がゆっくり観れるけど、
好きな場面だけとばしたり出来るけど、
少し緊張するけど、
一人ではとうてい味わえない事も多い。

今日観てくれた人、ありがとう!
さえちゃんを観てくれてありがとう!

遅くなったけどおまけもみてね。
稽古場の模様で、また驚いてくれた。
せこい道具を使っている所で・・・

エリザベート万歳!
今まで上演してくれた皆に、小池先生に、
心から、ありがとう!




エリザベート

宝塚
08 /29 2006
エリザベート

このDVD何回見ただろう?
ほぼ、毎日、時には2~3回
そしてラストデイも見て、
雪、星、宙、3組のダイジェスト版、
友人に借りた、雪、花。

東宝も4回、そしてガラコンも。

すごい!

並べて見て自分でも驚く。

なんで好きなんだろう?どこがいいのかな?
自問自答してみるが、上手く言えない。

きっと本当に好きなものや、好きな人は、
言葉に出来ない感情のようで、
さまざまに、影響を与える。

影響を受けまくった自分はどうなのか?

その答えがいつかでるだろうか?

少し、哲学者の気分で本日もエリザ鑑賞と参りましょう。

♪フォーエバータカラヅカフォーエバー永遠の祈り

宝塚
08 /28 2006
毎晩ハードディスクに録画したTCAを見てる。
みーの知らない過去のさえちゃんが出演している。

この頃のさえちゃんに教えたい。

「後数年でトップになれるよ、素晴らしい作品でお披露目できるよ。」

そんなことも全く知らず、ひたすら笑顔で頑張るさえちゃん。
もう、いじらしくて、けなげで、じーんとしてくる。

ほんの数年前なのに、かなりの人が退団してる。
まあ、1年で40人くらい入るのだから、そのくらい辞めるわけで、
でもトップステージを見て感じたけど、
さららんほんとにきれいで、
急な退団で驚いたけど、これで良かったなと思う。

芸能界でやっていける人はきれいじゃなくちゃ。
宝塚より、外の世界の方がイイと思う人は、

凰稀かなめちゃん、きりやん、綺華れいちゃん、真飛くん、
うめちゃん、ひろみちゃん、かなー

宝塚で頂点を極めるのは、実力よりその時の状況、
周りの生徒の位置や、作品に影響される気がする。
ファンのかたは、どう思うでしょうか?

たくさんのミュージカルが上演されている中、
宝塚は独特だし、魅力もある。
これからも他の劇団より宝塚がみたい!と、
思い続けられるよう劇団にお願いしたい。

カッコイイジェンヌすべてに輝きを・・・

この世に悩みのない人間なんていないでしょう

さえちゃん
08 /27 2006
やっと本屋さんで、さえちゃんに逢えた。

着物って、大人っぽくなるね。
3?歳にはじめてみえた。
あらためて、ああこの年齢なんだなー、女盛りだなー。
しとやかな、やまとなでしこ。

でもさえちゃんごめん、立ち読みでした。
なんせ、お値段が・・・
みーの場合さえちゃんのページを切り取りファイルした後は、
ほとんど読まないので、ぶあつい本は置き場所に困るし、
どうしてもページ数を値段にして考えるので、
この雑誌はさえちゃん1ページにつき900円なりか。
今までで一番高いナー。

これまでも割りと高めの雑誌はあったけど、
買おうかどうしようか悩んでいると、
必ずさえちゃんの声がした。

「えー置いて行くのー 一緒に連れて行ってヨー」

「この撮影がんばったんだよー、ねっお願い!」

この声に買わずにはいられない。

今までは全部買った。

でも、今日はなぜか違う声がした。

「いいよ、買わなくても、次のファンミでお話するからね。

もう少し安ければよかったのにね、でもよく見ていってネー」。

なぜだろうか?


トップステージはもちろん買った、よく見たらさららんまで出てるし、
いつもの声もしたし。

でも少し、もやもやしてる。
初めて買わないこと決めた自分に対して。
さえちゃんに申し訳ない気分で・・・。

本屋さんでもう一冊買った本がある。
宮部みゆきさんの3年ぶり現代小説。

みーは宮部氏の文章が大好きで、人間描写にとりつかれ、
全作品ほぼ、読破してる。 と思う。
その新刊は1800円。

わー着物本と同じだー。

今回は宮部氏に軍配が上がりました。

みーの他にも本を買うかどうしょうか、
悩んだ方いるでしょうね。
あなたは、どうされましたか?

瑞羽 奏都くん

月組
08 /26 2006
月組の若手ホープかなとくん。

エリザから月組に配属されたかわいい子猫ちゃんのような、
男役さん。
黒天使の最下級生、ヤングブラッツにも出たし、
次の日生公演にも出演予定。

やっと見つけた、みーのアイドル。

くしくも、かなとくんの愛称もみー。

たくさんの夢があるんだろうなー。

たくさん悩んで、おおいに苦しんで、

組変えなんかも経験して、

いつか、大きな羽根の重みと責任を感じて欲しい。

みーはみーを応援するよ。

バウで生のヤングブラッツをご覧になった方、
いかがでしたか?

ムラまでは遠く、スカステしかみてないので・・・。
教えて頂けたらうれしいです。

さえちゃんは女神で天使。
みーくんはアイドル。

愛すべき人が増えてハッピー。

さよならゆらさん

月組
08 /23 2006
 気は長く

 勤めはかたく

 色うすく

 食ほそうして

 心ひろかれ

       天海大僧正


 気は短く

 勤めはてきとー

 色出しまくり

 
 バカ食い

 心せまし

       みー

先日、輪王寺にてありがたい教えをたまわりました。
でも実際はこんなくらしで、
みーは偉いお坊さんには、ほど遠いことを再確認できました。
それだけでも良かった、さすが世界遺産。

さえちゃんファンとしてはずかしくないように、
数々の修行をし、
清く正しく美しく生活しようと、決心したのに、
まだまだ未熟者です。

月組のゆらさん、おつかれさまでした。
ゆうこりんが泣いているのを見て、
本当に辞めるんだと実感しました。
美しい涙でした。

さえちゃんにもやさしくしてくれましたね、
ゆうこりんと一緒のナウ・オンステージ忘れませんよ。
ラストデイも思い出します、白アフロ軍団。

久しぶりにラストデイがみたくなったので、
本日は、これまで。

厨子王君

さえちゃん
08 /22 2006
跳びたい、走りたい、叫びたい、

逢える、傍にいける、見つめてもらえる。

うれしい、幸せ、どうしよう!

煩悩だらけのみーは、お坊さんにありがたいお話を頂いたばかりなのに、
そんなことはほとんど忘れ、
それどころか、煩悩フル回転してます。

舞台を堪能したら、出待ちだな。
その時何をプレゼントしようかな?
お手紙も書かなきゃね。
変わった洋服なら声かけてくれるかな?
さえちゃん見つめてくれるかな?
大吉の時みたいにさえちゃんの瞳の中に、
みーの饅頭ずらがうつるなんてことが、またありますように。

願い、夢、希望、いろんなことをごちゃまぜにして、
9月30日までの時間を過ごす。
待つ事の喜び。


こんなに盛り上がるのも、最近毎日スカステでさえちゃんを見れるからです。
TCAを毎日見て、どこにいるか探す、
なんともいえぬ快感、見つけた時のときめき、
このときは、研5だーなんてね。

大好きなさえちゃん、今日は夢の中に出てきて欲しい。
おいしい、びわ茶でもご一緒にいかがですか?

武道館に行ける

さえちゃん
08 /21 2006
さえちゃんが武道館に登場

男役で登場

立ち回りもある

フライングをする?

日本物の舞台

こんな嬉しいことが、9月30日にあるなんて

でも1回だけ

みーは行けるのか?

行けるよ、大丈夫、逢えるよ、必ず。

さえちゃんが言ってくれた。気がした。

早稲田、駒大の決着がついたまさにその時、

みーの決着もついた。


時はきた、立ち上がれ、権利つかもう、
武道館、久しぶり、
百恵ちゃんのさよならコンサート以来。
(この人はいくつなんだ?なんて思わないでね。)

当日お会いできるさえちゃんファンの皆様、
大いに盛り上がりましょうね。

惜しくもはずれてしまった方、なんかごめんなさい。
出来るだけ詳しくお伝え出来るように、
今日から目と耳を鍛えます。

でも遠いナー。
顔のみわけがつくのかな?
オペラグラスは役に立つかなー。

金色のたまねぎが、やけに近ずいた気がした。

さえちゃんと離れて、そして月組の今後は・・・

さえちゃん
08 /20 2006
あまりに暑いので、涼しい所に避難しておりました。

たった3日でしたが、さえちゃんと宝塚から離れたことは、
こんなにハマってからは初めてでしたので、
どんなことになるのか、自分がわかりませんでした。

車で移動中は、ほぼエリザ、絢爛Ⅱ、2005年主題歌、
を聞きながら、
ホテルの窓から景色を見ても、
高原の湖を眺めても、
趣のあるレストランで食事しても、
日本庭園、世界遺産、日本一の滝を見ても、

今までとは何かが違う。

凄く純粋に物事が見える気がした。
景色はより美しく、
人が優しく、

まるで、今まで何も見えていなかったかのような、
新鮮さ、感動。

やっぱり、さえちゃんと宝塚効果かな?

淋しくならないように、アヤキの緑バックと、
さえみどりのお茶を持参したけど・・・

楽しい旅行でした。


それから、通りすがりのさえちゃんファンの方、
ご親切にありがとうございました。
みーに恥をかかせないようにこっそり教えて頂いた事、
心に染み入りました。
心優しいさえちゃんファンの方、
まだまだ未熟なみーをどうぞ鍛えてやってくださいませ。

おくればせながら、ひろみちゃん、2回目のエリザ頑張って!
ビジュアル的に天と地ほど違う閣下ですが、
ひろみちゃんの美しさに巻きこんでしまって下さい。

月組の皆さん、耐えて下さい。
なんか、同情されてしまいそうな、予定が発表されましたが、
みーは、家族として応援しますよ。
次は、次は、 ねっ!
希望を持ちましょう。

スカイステージとダーリン

さえちゃん
08 /17 2006
こだわりアラカルトは大好きな番組、
みーの知らなかったことを、たくさん教えてくれる。

今回は特に、見所満載だ。

魅惑、エキゾチカ、絢爛の、星、月、レビュドリ、

さえちゃん、りかちゃん、まりこさん、のるさん、
こんなオールスターが一列で銀橋にいる。
今、こんなショーが公演されていたら、
3日徹夜してもチケットを買う。

そして、エキゾチカの中詰で
端には、女装のさえちゃんを発見。
ズンこさんの歌声で、あまみんとデュエットダンスをするシーンは、
眩惑の肖像で見たけど、
あの紫のドレスで銀橋にいるところは、初見です。

スカステはスカパーの中でも一番料金が高いけど、
こんなのを見るとやめられない。
まっやめる気はさらさらないけど、もはやスカステのないTVなんて、
考えられないほど見てるから、もとは充分とれてるし。

このスカステばかり見るみーのダーリンに、
聞いてみた。

みー「最近一番感動した事は何?」

ダーリン「たかこさんの退団の生中継」

そうなのか、ダーリン、君の人生は素晴らしい!

完全に洗脳できた。

これからも、ダーリンよりさえちゃんを愛するみーを
どうかよろしく!

今も後ろで、会報を読んでいるダーリン、指紋をつけないように、
丁寧によみたまえ!

さあ、まだまだ長い人生、共に白髪の生えるまで、
さえちゃんと宝塚を共に愛していきましょうー。




Ayakiからの会報

さえちゃん
08 /15 2006
それはいつも突然やってくる。

この衝撃は3回目、

何の前触れもなく、心の準備すら許さず、

(Ayaki)の会報が突然届く。

さえちゃんの事務所の人は、「さあ、出来たから送ろー」ぐらいのノリかも
しれないが、送られるファンの心拍数や、ショックの度合いを考えたことは
多分あるまい!。

みーにとっては、小泉総理の靖国神社参拝より、コッコのゴミゼロコンサートのライブ中継より、衝撃と感動を受けた。

ソファーに肩肘をついて微笑む、グラデーションのチャイナドレス風の
さえちゃんの表紙、これはヒルズでも見たけど、
大きくなってる、倍のパワーがある。

中身は、キャーと叫びたいほど、あんなことや、こんなこと・・・。

こんな我家の、ちんけなポストに、
幸せのピンクの封筒が入っている事の不思議、
日本の郵便システムを考えてくれた人、
間違えずに家に届けてくれたたくさんの人、
皆さん、ありがとう!

今幸せです、ものすごい笑顔です。
パソコンの隣にさえちゃんにいてもらっています。

家事も手に付かず、「普段から」
仕事中にも、写真や記事を思いだし、
とんでもないことになっています。

こんな人はみーだけなんでしょうか?
さえちゃんの会報は、どのくらいの衝撃なんでしょうか?
お聞きしたいなー。

暑い夏に、さらに体温と血圧をあげてくれたさえちゃんの会報、
死ぬまで、いえあの世まで持っていきます。



女の子のちょんまげ集団

宝塚
08 /13 2006
神田ばやしが聞こえる。

轟理事の伊佐治、着流しの色気、
江戸前の男っぷりのよさ、

壇やっこの芸者っぷり、
あでやかな仕草、

日本物は苦手だな、どうなんだろう?

愛しのさえちゃんが、

「日本物いいよ。飛鳥夕映え頑張ったんだよ、
 大変だったよ、だから観てね!」

そんなメッセージを心の中で聞いて、たくさんみました。
そしたら、他の作品も興味が沸いた。

星組は、好きなジェンヌが大勢いた。
まりこさん、
のるさん、
特にこの二人が好きで、ブラジルの主婦になったまりこさんは、
今でも、男の中の男、
リーゼントの日本一似合う人だ。

誠の群像がみたいです、スカステに何回リクエストしたか分からないくらい、
観たい作品。
一度も観たことがないので、
どなたかご覧になった方、教えて下さい。
素敵でしょうね。

長崎しぐれ坂をみてたら、やはり日本物の生がみたいなー。
かしちゃんのお披露目、楽しみにするとしましょうか。

ファントムと明日の神話

さえちゃん
08 /12 2006
昨日の余韻が残り過ぎる、
怪人の歌声が何処からともなく聞こえ、
クリスティ―ヌになった気分。

我娘は、パリのオペラ座に行っているので、今更ながら感想を聞いたら、
「んー、よかったよ ほんとにファントムがいるかもね。」

そうなのかー。

そういえば、激写の篠山先生はオペラ座の地下の湖で、
ヌードの女優撮影の時も何か居そうだと言ってたし、
さえちゃんの美しさを最大限に引き出した巨匠が言うんだから、
間違いなく居る。

いつの日かお会いしたいファントム。
そして、人生の最期に、トート閣下に導かれて天空へ・・・


あっそういえば、汐留でもう一人の巨匠
岡本タロー先生の、明日の神話を鑑賞した。
大阪の万博公園の太陽の塔も、かつて見上げたことがある。
その同じ時期に手がけた作品らしい、
まさに爆発かと思いきや、
やさしさが感じられた。

なんかね、絵を見ての感想なんてみんな違うから、
まっ舞台もそうだけど、
みーは楽しい感じがした、パレードのような・・・
絵は、核爆発だと説明を受けたけど、
皆さんの感想を、お聞きしたいです、
ご覧になった方いかがでしたか?

夏の太陽のビルの谷間、

タロー先生はどう思うだろうか?

メキシコのホテルじゃない所に展示されて・・・

奥様と並んで眺めた感想を聞いてみたいなー。

こんな凄い作品、タダで見せてくれた日テレさん、
えらい!
これからも、ズームインスーパー毎日見ますよ。
太っ腹なTV局に、
ズームイン!

オペラ座の怪人

劇団四季
08 /11 2006
音楽の天使、

The
PHANTOM
ofthe
OPERA

お土産に買って来たストラップ、
こんな並びでタイトルが描かれている。

みーが高校生の時、隣の高校が遠足でキャッツを見たよ!と
教えてくれた。
劇団四季は、その時知った。

それから、数年後NHKの紅白で市村ファントムを見た。
メインの音楽と白い仮面、強烈な印象だった。

ライオンキングを上演してますよ!観にきてねの広告、新聞で見たら
一番良い席が1万円以上、だめだこりゃ!(ドリフ世代)
当時幼子を抱えたみーには、とても出せない金額。

あれから10数年、
さえちゃんに出会い、宝塚にはまり、ファントムを知り、
そして、映画のオペラ座の怪人を観て、
ようやく、ようやく、本日劇団四季に触れた。

もちろん、本場ブロードウェイのミュージカルも観てない、
でも、ディズニーシーのアンコールで思った事。
日本のミュージカルの、衣装、証明、音楽、演出、
これはかなり太刀打ちできる。

でも、決定的に違うのは、歌唱力。
明らかに違う。
そう思ってきた、でも間違いだった。
確かに、宣伝どうり、

「劇団四季のオペラ座の怪人は凄いらしい!」

確かに凄かった。
ファントムの仮面が邪魔なくらい、ハンサムな怪人、
凄いシャンデリア、
ほんとに舞台か?映画か?摩訶不思議なセット。
ファントムの仮面をつけさせたい、クリスティーヌ、
客層の幅の広さ、
驚きの連続。驚異のスペクタクル!
あー疲れた。

ラストは泣いたナー。
よかった よかった 観にいって本当に良かった。
でも、多分これっきりだと思う。
一度きりにしておきたい作品もある。
初めて観た感動を留めておきたいから。

音楽の天使 ありがとう!
スタンデングオベーションに値する出来だった。

さあ、次はファントムだー!

さえちゃんへの告白

さえちゃん
08 /11 2006
1年3ヵ月ぶりのさえちゃん。
みーはその間にもたくさん逢っていたけど、
卒業してから初めてさえちゃんを見る人もいるだろうなー。

スカステで放送があった今夜、
数日前から、待って待ってやっとその日がきた。

この日の事、さえちゃんはどのくらい覚えているんだろう?

この放送を見てその日の事思い出したりするんだろうか?

大好きな顔、

あの声、みーを酔わせる貴腐ワインの味わい。

笑ったり、困ったり、考える表情の変化。

肌の白さ、スタイルの美しさ、もうどうしたらいいの?


さえちゃんの虜になって1年と少し、ますます深みにハマってしまう。
どんどん好きにさせて、夢中にさせて、人生が変わる。
仕事中もさえちゃんの事を想い、家にいればDVDを見、
劇場に行けば、さえちゃんの足跡を求め、

さえちゃんが着ている物、持っている物、
行きそうな場所、行った所、
あなたが見た映画、
出きる限りの手を尽くして、
みーも触れていたい。

少しでも共有、共感、したい。

まさにこれは、愛そのものだと思うわけです。
さえちゃんがもし突然いなくなったら、
どうなるんだろう?

こんな不安まで、感じるなんて、間違いなく愛です。

この素晴らしい感情を与えてくれた、
さえちゃん。

ほんとうに、ありがとう。

ぼくの叫びを聞いてくれ

宝塚
08 /09 2006
大劇場のファントムが幕を下ろした。
いよいよ東京に来る。

待っていました、宙組は劇場では見ていない。
DVDはすべて覚えるくらい見た。
エリザの次に好きな作品。(今の所)

すみれエリックお待ちしてますよ、どんな気持ちになるのか、
生のファントムが楽しみです。

でもその前に、一足お先に四季のオペラ座へ行きます。
どんなかなー?
四季も初めてで、そのついでに汐留で
明日の神話(岡本タロー氏作)を鑑賞します。

素晴らしいであろう舞台と、名画を堪能出来る日、
でもその日の天気予報は台風が接近しそうとのこと。

でもそんなことは少しも問題ではない、
だってみーは台風の日に、ディズニーシーに行って入場したとたん、
着ていたカッパが強風でびりびりに破けたまま、閉園までいたり、
道路が通行止めになり、一晩バスの中で過ごしたり、
床下浸水も。

もっと大変な目に会っている方には、申し訳無いですが、
笑えるようなことが起こり、台風はワクワクしたりもします。

すみれさん、色々期待もしちゃいそうですが、
あなた色のエリックを、
オペラ座と化す劇場に参ります。

東京が終わる頃、夏も終わり、
そのあとは、さよなら、さよなら、かー。

秋は、淋しくなるなー。

でも、AKUROが、はじまるよー。
うれしいナー。

色々忙しいけど、
踊る為には、まず体力、
騒ぐ為には、まず体力。

マッチョになるぞー。

雑誌で、考えこむ みー

さえちゃん
08 /08 2006
初めて恋愛について語るさえちゃん、
すごく遠くなったような、
目の前にいるような、不思議な感覚。

星の王子様が、実は隣の家のお姉さんだったような、
奇妙な感じ。

(ぐっとくれば、がっといきますけど。)
素直な言葉は、変わらず。
人気者のさえちゃん、誰からも愛され、可愛がられ、
でも、孤独なのかなー。

美しさでクラクラするけど、可愛くて、きゅんとするけど、
みんなさえちゃんを見て幸せだけど、

さえちゃんは、しあわせ?

実年齢にそぐわない純粋さで、
驚かされる事も多いけど・・・

俗世間に汚れきったみーには、天使にしか見えなかったけど、
天使も、時々羽根が弱ったり、抜けたり、色んなことがある。

さえちゃんの記事は、ほんの2ページ。
でもしばらく、読み返しながら、
色々考えそうです。


写真は、相変わらずかわいいなー。

暑い夏に思う事

さえちゃん
08 /07 2006
昨夜NHKBSで映画音楽の特集があり、
久々にスカステ以外の番組を見たら、あの、あの岡幸二郎さんが、
(漢字ちがうかも?)オペラ座の怪人を歌ってました。
いい声、背が高い、ああプロデューサーズの人だ。
ちょうど一年前の今頃、青山劇場に通ったなー。
去年も暑い夏で、
みーも熱くて、
さえちゃんも熱かった。

熱くなると、ウーラちゃんに逢いたくなる。
よければ見せちゃうウーラちゃん、
我家に来て、休憩時間にすりすりスリットの入ったドレスで、
かべぬりして欲しい。

みーが観に行った時は、ひろみちゃんご観劇日で、
しかも、すぐそば。
リアクションがまるわかりの席でした。
客席で、(えっ!)と言いながら、身を引いていましたねー。
かわいいフレアーのスカートを着て、
変わった麦わらの帽子をかぶってました。
劇場の売店で、サンドイッチとお茶を買い、
食べながらプログラムをみてました。
みーは、大胆にも傍に座り、
話しかけようか迷いましたが、やめました。

せっかく楽しんでるのに、みーがひろみちゃんなら、
やっぱりいやだなーって思う、と思いその場を去りました。

暑い夏、あなたは、何を思い出しますか?

さえちゃんを知ってから、2度目の夏、
季節ごとに様々な公演が思い出になるんでしょうね。

宝塚を離れてからの公演は、形に残りませんが、
その分、心に大きく響く気がします。

2006年秋、心を、クリアーにして、
新しいページを刻みたい。
さえちゃんをたくさん、たくさん・・・。

2回目のローマ

月組
08 /05 2006
昨夜遅くトークショーを見、今日も朝から日比谷に出没。
あつい!熱過ぎる!
ギラギラの太陽、ギラギラのファン。

御贔屓さんを見つめる刺すような眼差し、
うっとりとうるんだ瞳、
何分もまばたきしない。

すみません、みーのことです。
今年最後の月組公演を焼きつけました。

来年の公演は見れるのか?

おおげさだけど、明日はわからない、1時間後だって・・・
親しい人との永遠の別れも、残念ながらある。

だから今が愛しい、
誰かが落とした羽を拾っていたロケットガール
天使の微笑みのローマ市民
7色のオーラが見えた轟氏

みんなキラキラ輝いて、
92個のビジューを、
うふっ  もらっちゃった!
ゆらさん、もとい、ゆうこりん、
あと少しです。

ファイト!

トークショー

月組
08 /05 2006
九段会館に行きました。
VO5スカイステージトークショーなるモノを見に・・・

先日招待状が届きまして、ホントに当るんだと、
なんか騙されているみたいで、驚きました。

きりやん、ほっくん、はるひさん、
美女3人のトークと歌、抽選会、よかったなー。
さすがなのは、ほっくん。スゴイ笑顔でボケどうしでした。
はるひさんは、ほんとに美しく、かつおおらかで、
大声で吹き出したり、
かなり素なかんじを見せていましたね。

まあ、スカステで放送があるので、楽しみにしとこー。

それより一番驚いたのは、入り口の扉、
地獄の門みたいで、なんだここは?
一体中はどうなっているのかと、
思わずにはいられない。

九段会館、実におもしろいところでした。
帰りにスプレーを2本もらったよー。
VO5さんありがとう!

タカラヅカニュース

宝塚
08 /02 2006
こんばんは!
タカラヅカニュースの時間です。

スカイフェアリーズの司会で始まるとんでもないニュース番組。
最初見た時、驚きの連続。

少し慣れた頃、ふーんこんなのやるんだー。この人さえちゃんと、
同期生かー。

そして今、毎朝7時の放送を予約し、出勤前に化粧をしながら見て、
夜10時パソコンをいじりながら叉見てる。

最近民放のニュースを見るのが辛い。
他のニュース番組もこうだったらいいのにと思う。

たとえば、NHKで本日の小泉総理の予定です、とか
知っ得にっぽんとか、国会のお進めランチのコーナーなんて、
やってみてはいかがでしょう。

そんなニュースが流れる時が、来るといいナー。

2006の舞台集を見て、なんとみーは全部見たことにきずいた。
約30年離れてたのに、なぜか?

すべて、エリザベートから。
退団のさみしさから逃れる為に、残り香をもとめて通っていただけだと・・・
でも段々と変わった。

今は完全に、生き甲斐になった。
そんな人たくさんいるだろうなー。

どうか、100年と言わず長く長く続けてください。
みーは精一杯応援しますよ。



やっぱりもう一度観なきゃ!

月組
08 /01 2006
月の誘惑に負けました。
♪月の雫をあびたみー
 星の涙よりきらめいて~。

大好きな月組の皆さんにもう一度会いに行けそうです。
そして、今度は東京で初めての入り待ちをします。

以前、エリザベートの衣装が見たくて、
ムラに侵入しました。
あこがれの聖地、夢にまで見た花の道。
キャトルレーブの広い事といったら・・・
東京の何倍あるの?

その時実は、月の皆さんの入りをほんの少し
拝見いたしました。
でも、他の組子さんも大勢いて、
あっ春野さん  えーこむさんだー、
もしかして、らんとむ?んーあさこちゃんかなー
今の、ゆうひくん?わー わー

すごい素敵な人 だれ?だれ?
どうするのよ。
そうだ、カメラを出さなきゃ。

夜行バスでほとんど寝ず、
うっかり阪急電車の中で泣き、
宝塚駅に着いたところで叉泣き、
花の道をツーステップで進み、
キャトルレーブの外階段で、つまずき、
劇場のまわりをぐるぐる、
その後の入り待ち。

やっとの思いでカメラを出したら、
周りに人がいなかった。
ほとんど楽屋に入り終えた様子。

あまりの衝撃でしばらくぼーぜん。

そんな、おそまつな入り待ちデビューだったので、
今度は、冷静にお待ちしたいです。
多分無理でしょうが・・・

今夜はベートーベンの「月光」でも聞いて、
イメージトレーニングします。

8月5日、熱い1日になりそうです。



みー

宝塚歌劇団、元月組男役。
卒業生の瑞羽奏都さんの大ファンです。