FC2ブログ

仙台四朗物語千秋楽

仙台四朗物語
09 /28 2009
全く持ってコロッケにしてやられた今回の公演。

チケットを申し込む時には・・・どうしようかな?
さえちゃんは見たいけど、後半はものまねショーだし・・・
ショーには、さえちゃんは出ないし・・・・とかなり悩んだ観劇回数。

悩みすぎて結局ファンクラブでの申し込みは締め切りを過ぎ、
明治座にて直接購入。


でもね、こうやって悩む公演が以外と(失礼)良かったりして、
「もうちょっと回数増やしてもよかったかな~」なんてことがある。


千秋楽の内容は、出演者本人ブログにより紹介されているので、
そちらにおまかせして・・・・・

3回ほど観劇した中で1番気になった事をあげると・・・・・

仙台四朗(コロッケ)のセリフや、態度に笑いが起きた事。


もちろんコメディー要素を取り入れた演出になるのは主演者からして仕方がないが、
身内や親しい人が障害を持っていたら、少しつらいかもしれない。

客席がうければうけるほど悲しくなったりもした。

私も親しい人に障害を持った人がいる。
その本人や家族が見たら・・・どうだろうと思った。


2回目の観劇は障害者の団体がいた。
やはり反応は全然違うものになっていた。




千秋楽のお芝居で、最後のセリフが心を打った。

「産まれてきてよかった」


よかったな~このセリフは・・・

四朗を演じきったコロッケの心境も重ねた感じだった。

お疲れ様でした。


ショーは昨日の通りです。

さえちゃんのさそり座の女・・・途中で・・あ~ん!!までいれて・・・
綺麗なきれいな美川さえちゃんだった。

ものまねするさえちゃんなんてもう2度と見れないかもしれない。
(ファンミで是非やって欲しいけど・・・・)

終演後は始めて全員揃って舞台挨拶。
お芝居だけの出演者は私服姿。

さえちゃん、ありがとうございます!
ミニスカート姿!
脚線美堪能しました。


そして千秋楽出待ち報告

早めに出てきます・・・事務所の人は言ったけど・・・

大空さん、金子さん、曾我廼家さん、藤本さんが楽屋出をしても中々さえちゃん現れず・・・

中々出てこないので、掛け声の練習をした。

「おきみ姉さん大好きだっちゃ!美川憲一最高!いや~ん」

ようやくおきみ姉さん登場!

ファンから手紙を受け取ったさえちゃん、
そして皆からの掛け声。

はにかむさえちゃん。


可愛いな~綺麗だな~。

手紙を渡す時にすぐそばでさえちゃんを見れる瞬間がたまらない。
これがしたくて、観劇に来ている。
この瞬間がなければ劇場に来ても意味がないくらい。

ひと仕事終わった時のさえちゃんは一段と美しい。
少し疲れて、面やつれしている。
赤ちゃんのようもでもあり、魔女のようでもある。

千秋楽の出待ちで、再確認する。
やっぱり私はこの人が大好きだ!

さえちゃん、ありがとう!




スポンサーサイト

さそり座の女

仙台四朗物語
09 /28 2009
仙台四郎の千秋楽を観劇しました。

.....なんて落ち着いて報告できる状態ではありません。

千秋楽だけのショ-への出演は......なんと....モノマネでした。


曲はさそり座の女。

御本人の衣装を身につけ、モノマネ用のカツラを被り、前奏に合わせ、せりあがりから登場したさえちゃん。


赤にスパンをちりばめた美川さんの衣装に違和感を感じないのは、やはり宝塚の特権か??

モノマネをするさえちゃん

本当にいいもの見た。

あのさえちゃんがモノマネしたんですよ。

しかもさそり座の女ですから.....


あ~~~~~~

凄い~~~~~~



その他の感想は後ほど。

ああ~~~さえちゃん~~~~~。

仙台四朗物語パート2

仙台四朗物語
09 /12 2009
本日2回目観劇です、母と一緒でした。

花道横の前列から7~8列目くらいまで誰も座っておらず、
どんな団体さんが来るんだろう?と見ていたら、
障害を持った人達でした。

その団体さん達がとても素直に舞台に反応していて、
きゃっきゃしたり、大笑いしたり、1幕の最後のシーンは、

「ばやん!」と四朗と一緒にエンエンと泣いてました。

その素直な反応が舞台に届いたからなのか?
それとも、心底感情移入したのか、コロッケさん、大空さんも
大粒の涙を流してました。
もちろん私も一緒に・・・・・

2回目の観劇が嘘のように、作品に入り込めました。
全く初めてみたような感覚でした。

すぐそばで見ていた団体さんのおかげかしら・・・・・

2幕のショーは初日とかなり内容が変わってました。
ぎゅっと濃縮したとても見やすい感じに・・・・・

観客の笑い声もとても大きく、
それに答えてパワーも全開!

今日は時間が短くかんじたくらい。


初日はものまねショーのリピーターはつらいかな?と思いましたが、
ちゃんと変化していました。(進化かな?)

流石!


でも、ショーになって少し空席が出てました。
私のお隣も、すぐ後ろの席も・・・・
用事があるのか?リピーターなのか知りませんが・・・・

そういう私も1人観劇だったら1幕で帰っていたかもしれません。
母が見るのは今日だけなので、先に帰るわけにいかないからと。

でも、やはり見て良かった。
本当に・・・・素晴らしかった。
「千の風になって」は一曲全部歌ってくれました。
初日にはなかった曲です。たぶん・・・・
かなみちゃんと一緒に歌ったらどんなに素敵だろうかと想像してました。


そしておきみ姉さん!
最高です!
美しいです!
どんどん艶っぽくなってます。
お芝居最後の、四朗と兄夫婦を見送る姉さんの表情はたまりません。

でも、この作品は映像に残らないそうです。


お芝居のほうもセリフが何箇所か変わってました。
アドリブかもしれませんが。

先日さえちゃんが、
コロッケさんから差し入れされた天むすをどうしても食べたくて、帰りに購入。
(地雷也の天むすです)

    ↓

20090912214618


美味でございました。

あとは千秋楽だ!

仙台四朗物語パート2

仙台四朗物語
09 /06 2009
初日の感想をざっと書きましたが、今日は本命のさえちゃんについて・・・・

プログラムをご覧いただきたい!
必ずご購入ください!

それはなぜか??

わが心の女神さまがお誕生日を載せている。
1月7日だけではありませんよ!
何年に生まれたか?ですよ。

記憶が正しければこれまでに生まれ年を載せていた事はなかったような・・・

これ、なんか嬉しいね!

「さあ、私は○歳ですよ!隠し事なんかしませんよ!」

大先輩の大空真弓さん始め、皆さんも生年月日をプログラムに公表しているから、
今回はそうゆう約束?でしょうか・・・・

愛しのさえちゃんが年齢を公表するなら、みーも思い切って・・・・ってどうでもいいですね。


脱線しましたが、岩田屋の女郎、おきみ姉さんについては、

なんて着物姿が似合うのでしょう!
あんな女郎がいたら、何もかも売り飛ばして遊郭に通い続け、
とんでもない道楽旦那になったでしょう。

さえちゃんの方言がまたいいんですよ。
さぞかしお稽古したことでしょうね。

いつまでもさえちゃんの言葉を聞いていたい。
優しく、強く、温かく、心に響く素敵なセリフ。

さえちゃんにあてがきのようなピッタリの役どころです。

初日にはカメラが入ってましたが、多分記録用だと思われます。
ねずみ小僧の時のように、NHKで放送するには良い題材なので、
かなり期待しています。

さえちゃんはどうすればファンが喜ぶか充分理解しているので、
ちゃんと満足する演技をしてくれる。

いいぞ~おきみ姉さん!
色っぽいよ~!

ごちそうさまでした!

仙台四朗物語初日

仙台四朗物語
09 /05 2009
凄く楽しみにしてた。
あの明治座だし・・・・
さえちゃんの女郎さんを見れるし・・・

(なんだなんだ??この感想の始まり方は・・みーは面白くなかったと言いたいのか・・・・・)

毎回、同じ公演を数回見る時は、初回はこんな感じで、
回を重ねるごとに良くなって千秋楽は・・・大騒ぎ!なんですが・・・・・

なんせ、こんなスタイルの舞台ははじめてなので、
慣れていないだけかもしれないが。

まだ始まったばかりなので・・・・
まだ約40公演あるので・・・・

なんですが・・・・

まずはお芝居の感想

良い感じです!(抽象的表現)
1場面、1場面は良く出来ています。
有名どころの俳優さんが生かせるように、見せ場のシーンが用意されてます。

舞台経験が豊富な俳優、ベテランの女優。
それに助けられている元アイドルの芝居。

様々なジャンルの人が1つの舞台に並ぶのは一見バラェティーに富んでいて楽しくもありますが、
濃いものと薄いものが混ざり合って、話の芯がぶれる感じがする。

話の題材は素晴らしいだけに、とても残念。

冒頭の演出は素晴らしかった。
最後の汽車の演出もとても良かった。

でも・・・・盛り上がるシーンが・・・いまいち。。なんですね。


ショーの中でのMCで、コロッケさんが言ってた。

仙台四朗は福の神と言われていたけど、
周りの人々が本当は福の神だったんじゃないかと・・・


この事を追究した脚本、演出だったらもっと違う作品だったろうと思う。

そして何より、お芝居に出演した人への拍手をする機会がない。
芝居が終わったらそのまま幕が下り、
休憩をはさんで、ショーが始まってしまう。

そしてお芝居の事を全て忘れるショーが始まる。

いや、ショーは良かったですよ。
アレグリア?(良く知らない)ばりのお姉さんの華麗なアクロバット??があったり、
新宿コマのさぶちゃんを思い起こしたり・・・
それはそれは物真似のトップスターの実力は大したものでした。

でもこれ・・・長すぎない?

いっぺんに欲張りすぎの感あり。


もう少し見たい!というのがちょうどいいの。


   

初日感想のまとめ

これは一回だけ見るのがベスト!
リピーターは・・・・大変かも・・・

昨日も、団体のバスが大集結。
10~20の団体がいたかな・・・・
たぶん、この団体さん達のように、一度だけ見るお客を意識した内容なのかもしれない。
1回だけだったら、お腹いっぱい、喉まで楽しんで帰れるから。。。。
山のようにお土産も買ってくれるしね。


それにしても、東北の方言は良いね!
すごーく優しく響く言葉。
人柄まで優しく感じる。

宮城周辺に故郷を持つ人は、泣けてくるかも・・・


こんな感想を書いたけど、観劇を趣味にしていると素直になれない気がして、
仕事場と、家だけの往復だった頃に見たら、多分違う感想だったと思う。

「慣れる」というのはちょっと悲しい気もする。



夢の浮橋、アパショナード、愛と青春の宝塚、ザ、ゲームオブラブ、ガブリエルシャネル、エリザベート、
そして、仙台四朗物語。

今年も様々な観劇をしてきた今のみーの素直な感想だから、
ご容赦ください。


でも、自分で見てね!
人の感想などあてになりませんから・・・・

「なんだよ~そんな感想じゃないよ~!」というご意見大歓迎です。


・・・・みんな違って、みんないい・・・・・・みつを

みー

宝塚歌劇団、元月組男役。
卒業生の瑞羽奏都さんの大ファンです。