FC2ブログ

センポ再び

SEMPO
11 /17 2009
20091117205057


中島みゆきさんのアルバムが届いた。

ミュージカルセンポの楽曲がたっぷり入っており、
早速聞いてみた。

予想以上の歌声だ。

迫力がありすぎ!

力強く、せつなく、可愛らしく・・・・

さえちゃんが歌っていた「愛が私に命ずること」は美しいバラード調?になっていた。

どの曲も素晴らしいが、やはり圧巻だったのは「NOW」のラスト。

巻き舌で叫ぶような歌声。

凄い!凄すぎる、中島ワールド。

センポをご覧になった方、お勧めですよ。
スポンサーサイト

吉川晃司さん

SEMPO
05 /20 2009
今日徹子の部屋に吉川さんが出ていました。

おお~センポの話しが出るかな?と・・・・

出ました!映像までついて。
(1幕最後とビザを書いているシーン)


徹子さんも私と同様に、吉川さんの歌唱力や歌い方に驚いたと言ってました。
『ベストテン』に出演していた頃の印象しかなかったので・・・・

吉川さんいわく・・・・

「偉人を演じるわけでしょう、いつか天国で知畝さんに逢った時にしかられますから・・・・」

あの独特の歌い方も封印して、クラッシックの先生についてボイトレしたそうです。
ものすごく緊張した公演だったとのこと。

センポ良かったですね!


連日T4コンのDVDにとりつかれてますが、センポも見たくなりました。


いよいよゲーム・オブ・ラブが始まりますね!
5月22日は彩輝さんの退団記念日。
その日にさえちゃんのアフタートークもあり、
やっぱりその日は舞台でさえちゃんを見ていたい!

今年もあの日がやってきます。
忘れられない男役最後の日。
今年はシアター1010で迎えます。

寿

SEMPO
04 /30 2009
さえちゃんの相手役さん・・・・・今拓哉さん結婚!

いや~びっくりです。

7年半も同棲していたとは・・・・・・。

アクロの時も、センポの時も、ラブラブの彼女がいたんですね。

お二人の末永いお幸せをお祈りします。


本音はちょっと残念・・・・・・さえちゃんとお似合だったので・・・・・・。

あの方が

SEMPO
10 /11 2008
杉原幸子さんが亡くなりましたね。

昨日94歳の生涯を終えられました。

日本のシンドラー杉原千畝氏を支えた奥様は、

天国で話しているでしょうか。

「私達のことがミュージカルになったのよ、どう思う?」


杉原夫妻の軌跡がミュージカルになったその年に、奥様が亡くなる。

静かにご冥福を祈ります。


追伸  幸子さんを私は(さちこ)さんだと思ってました。
     実は(ゆきこ)さんだったのですね。新聞で知りました。
     新聞によっては(さちこ)さんと記していましたが、
     千畝記念館で(ゆきこ)と書かれていましたので、
     そうではないかと勝手に解釈しています。

わたしだけに

SEMPO
09 /03 2008
「SEMPOの音楽だけを聴きたい!」

昔ステレオからレコードを録音するのに、
スピーカーにラジカセをくっつけて、カセットに録音していました。

その古き良き時代を思い出して・・やってみました。


「いいじゃあ~りませんか!」

ご近所に大迷惑をかけながら、DVDを大音量で流し、
テレビの前に座りピンポイントで録音する。

小中学生の頃に戻ったような気分でした。

ただカセットにしか録音できませんが、
家事をするときや、
BMWの車の中で聞いています。(うそです、ただの国産車です)

手作りのSEMPOの音楽集。
映像がないと、また違った良さがあります。

宝塚でDVDと実況CDが当たり前になっているけど、
退団してからはそうはいかない!


でもこれは違反行為?
個人で楽しむのは良いんですよね?

さあ!お茶碗を洗いながらレッツ、ら~いとな~う!

SEMPO神戸千秋楽

SEMPO
05 /08 2008
今日終わりましたね。残念ながら神戸までは行けませんでしたが・・・・。

当初はもちろん彩輝さん目当て。

でも、オペラ座の怪人の映画が大好きな私は、
沢木順さん演じるカイム、
井料瑠美さん演じるエリーゼの登場が待ちどうしく、
夢の様でした。
現役時代の舞台を見れなかったのが残念です。

SEMPOの発表当初は、主役は劇団四季出身の方だろうな?
と思ってましたが・・・まさか吉川さんとは・・驚きました。
黒柳徹子さんのコメントにもありましたが、
ベストテン以来見たことの無い私は、???大丈夫なのかな?と。
彼のイメージがモニカのままだったので。

でも、公演を終えてみて彼がセンポで良かったと思います。

再演の希望がたくさん出ているようですが、
私は内容を変えて、続編などを見たいと思います。
あの列車のたどりついた場所から幕が上がる・・というふうに。
この舞台に出ていた役者のその後の人生を。
もちろん、エバ(彩輝さん)ノエル(今さん)も。

さえちゃんのおかげでまたまた良い舞台に出会えました。
これだから、舞台観賞はやめられません。

ステキな時間を過ごせました。
キャスト、スタッフ、観劇した方、お疲れ様でした。

SEMPOの曲

SEMPO
04 /24 2008
センポの台本を読み返し、雰囲気でみゆきナンバーを歌っております。
この歌を中島みゆきさんが歌って、CDを販売してくれないでしょうかね?

ヤマハ様!どうかご検討をお願いします。

とはいえ、無意識にでる鼻歌はなぜか・・・・

♪ 文句があるならかかってきな
   いつでも相手になってやる

♪ ハーゲンクロイツに栄光あれ
  第3国に光あれ

何故か苦手なシーンの歌ばかり口から出てきて、
音楽の不思議を感じます。

ところで、観劇中に気になったことを思い出しました。
舞台中心の巨大なセットを回転させるスタッフの姿。
お客に見えない様に、有り得ない低姿勢で必死にセットを回してた。

凄い早回しもあれば、ゆっくりもあって、
その彼等の目の前スレスレにキャストがはけたりして、
結構面白かったです。
名古屋、神戸も多分人力で回すのでしょうから、
腰痛にはご注意を!

名古屋でご観劇の方、ご報告を首を長くしてお待ちします。
行きたいナ~!

SEMPO東京千秋楽

SEMPO
04 /22 2008
終わりました、東京公演が・・・。

満開の桜をめでながらの初日が、瞬く間に深緑に変わった今日、
無事に千秋楽を迎えました。

顔なじみのさえメイトさんもたくさん集合し、
ロビーの花も色褪せて・・・・ああ~千秋楽だな~と。

新国立劇場の、いかにも威厳があるだろう!と言わんばかりの建物ともお別れ。

千秋楽と言えば、必ず何かある!
アクシデントも、アドリブも・・・。
舞台の神様が何かイタズラをする日。
でも、豊富な舞台経験者が多い今回のキャストはさすがで、
アクシデントは無かった・・・ようでした。

流石に、今回の観劇の中では今日が1番良かった印象です。
さえちゃんエバは着実に上手くなっており、
彼女を囲む多くのユダヤ人達がいとおしくてたまりませんでした。

湧き上がる感動を、涙を、必死でこらえていましたが、
最後のトランクをイス代わりにしてビザを書いている千畝が(吉川光司さん)
大粒の涙を流していて、素直にもらい泣き。

秘書官役?のグッシェまで泣いていて、
またもやもらい泣き。彼は挨拶の時も泣いてましたね。(田村雄一さん)

そのタイミングでエバが登場したから、さあ!大変です。
両親を無くし、素足で遥か彼方から歩いてきりしたので・・・・号泣!涙が止まりません。

でも、このあとは二人の間に息子が出来たんですね。
子供も一人ではなかったかもしれない。
センポが命がけで発給したビザのおかげと、
エバのあきらめない強い精神によってあの場所を離れられた。

エバは息子が成長するまでは生きられなかったけど、
家族を残せたのですね。


カーテンコールはおお盛り上がりで、
吉川さんのはにかむ表情がなんとも可愛らしく、
ミュージカルの先輩を随分たてているようでした。

吉川さん、初座長お疲れ様でした。

森名みはるさん、急な変更で大変でしたでしょうが、
可愛らしく、聞きやすい歌声と、
知的な奥様ぶりでした。

今拓哉さん、やっぱりさえちゃんと合いますね。
大きなさえちゃんをも包み込む大きく綺麗な手が頼もしかったです。
デュエットナンバー、聞惚れました。

沢木順さん(カイム)、あぜち守さん(ローゼンツ)この方々が登場すると、
必ずドキドキしました。怖いくらいの迫力でした。

そして彩輝さん。
なぜか悲しいくらいに女の子でした。
男役だった過去がまるで嘘のようで、
娘役を引き寄せて、キスをしたり、
デュエットダンスでリフトしたのは幻だったかのよう。

良い女優になりました!

私のSEMPOは終わりました。
名古屋も神戸もあるけれど、
埼玉県民としては、だいぶ遠くて諦めです。

これからご観劇の方、可能ならば複数回の観劇をお薦めします。
じんわりと、でも確実に響く作品でしたから。

良いミュージカルでした!

明日は千秋楽

SEMPO
04 /21 2008
今回の観劇は何故か申し込み時から腰が引けていて、
ファンクラブでの申し込みは、明日の千秋楽のみ。
3回目の観劇で私の中では1番舞台に近い席です。

初日と2回目は1階席のかなり後だった。
負け惜しみで言うのではありませんが、
舞台装置を見れば、後のほうが見やすかもしれません。
音の広がりも、後のほうが良いような気がします。

なんて、経験豊富なミュージカルファンみたいなことを言いましたが、
やっぱり彩輝さんを見たいので、
後では、目の回りが痛くなるほどオペラを見つめなくてはならず、
エバばかり追っていると、周りがどうなっているのかわからなくなり、
知らぬ間に、パパがいたり、ママを抱きしめていたり・・・・なんてことが起こります。

DVD販売がある予定なので、
周りのキャストの存在を声だけで感じ、
オペラを見続けたいと思います。

でも、明日はかなり前のほう。
さすがにオペラはいらないでしょうが、
オペラで見るさえちゃんがたまらなく好きなので、
どうしようかな?


遠くからオペラでさえちゃんを見る!


あれから3年過ぎようとしているのに、
まだあの日が忘れられない。

ラストデイ!

3時間以上もオペラを覗き続け、
その日を入れて2回目の生さえちゃん。
まだその日は、なんでここにいるのか?
どうして徹夜までしてオークションに向かっていたのか?
震えるような感情が何者なのか?
全く理解出来なかったあの日。

今でもオペラでさえちゃんを見てるのは、
その日に戻りたい願望かもしれない。
もしかしたら、今のさえちゃんを見ているようで、
いまだにトートを追いかけているだけかもしれない。

千秋楽前夜の興奮から思いもよらぬ考えにたどりつきましたが、
明日の夜は又違う思いなのかもしれません。

私には最後のエバに会いに(愛に)行きます。

SEMPOⅢ

SEMPO
04 /16 2008
2回目の観劇です。
本日は何故か寝ている人の隣に座る日のようで・・・。

電車の中では、左隣の女子高校生が私の肩にもたれてぐっすりと。
劇場でもやはり左隣の20代と見られる女性が最初から最後までずーっと寝てました。
何しにきたのでしょうか?
眠れる森の美女?かな。

ともかくそんな環境の中での2回目観劇ですが・・・・

ハッキリ言って、この作品はは2回(初日と千秋楽)だけで良かったかも?
3回は多かったと思ってました。
今日も実は止めようかな?と本気で考えてました。
しかし、元来の貧乏症の為購入したチケット代がもったいなくて、
劇場に行きました。
しか~し、初日は何故あんな感想だったのかと思うくらいじんわり染み込んできました。

なんと表現したら良いのか分かりませんが、
たとえるなら、スコットフィッツジェラルド?の夜はやさし?を読んだ時の感覚です。
たたみかけてくる感動ではなく、
もう一度読みたくなるような、そんな感じなのです。

もしかしたら、数十年後に1番印象に残っているのはこの作品なのかもしれません。
そんな印象でした。
派手さは無い。
話の展開も分かってる。
でも、ジワジワくる感動。
なんとも面白い作品です。
音楽が良いからかもしれません、よくわからないのですが・・・。

実は息子を相手にして、購入したサイン入り台本を読み合わせ、
息子をセンポ・杉原にして、それ以外を私が担当。
活字でのセンポを体験してからの観劇だったことも、感想の変化に繋がったかもしれません。

面白いのでお薦めです、是非やって見て下さい。

次回は千秋楽です。DVDの発売が間違いなさそうなので、
安心して見ていられます。


話は変わって、水戸黄門のリカちゃんご覧になりましたか?
私はウハウハしながら見てました。
結構彼女にあった役どころで、
ねずみを思い出しました。
頑張ってるな~月組トップは。
今度はさえちゃんに出演して欲しい!

今日はお世話になっているさえメイトさんに、あまみんのミーマイDVDをお借りしました。
私が見た事無い!を連発したせいで・・・ありがとうございました。
念願叶いました。

みー

宝塚歌劇団、元月組男役。
卒業生の瑞羽奏都さんの大ファンです。