FC2ブログ

感謝

何日君再来
10 /27 2009
   

「何日君再来」を見逃したみーに親切な方が現れました。

本当にありがとうございます。

感謝しております。
スポンサーサイト

見逃した

何日君再来
10 /26 2009
昨日「何日君再来」の放送があったみたいですね・・・・・・

全然知りませんでした・・・・・・

以前の放送を録画したDVDが見れないので、万が一放送があれば必ず・…と思っていたのに。

さえちゃんと塚田さんとメイサちゃん・・・・・・


   残念すぎます・・・・

見逃したのは自分のせいだけど、事務所からお知らせがあっても良かったのに。

地方の雑誌の表紙の情報より、こっちを教えてちょうだいよ。



寒く暗い部屋で
膝を抱えて
悲しみに浸っています


見たいな・・・・青空のぞみ・・・・・

今日のさえちゃん

何日君再来
05 /15 2007
雷鳴と風、しかも雨まで降り出した時間に家を出る。

今日の舞台は荒れるかな?

今日のさえちゃんは、いや青空のぞみちゃんは、どんな顔を見せて

くれるのかな?

初日からそろそろ中日を過ぎ、疲れが溜まってないだろうか?


前回は2階席だったので、全体を見た。

でも今日は、のぞみさんに手が届く席。

全身全霊を込めて、さえちゃんを見つめる。


今日が今までで、1番涙が出た。

もう、どうにも止まらない。

青空のぞみの人生が大きくなってる。

もう、一緒に生きてきた感覚。

ストーリーが身体に入り、自分も舞台に上がっている。

タカラジェンヌが良く言う、「舞台と客席が一体化する」とは、

こうゆうことなんだ。

他の出演者の方には悪いが、

今日は「青空のぞみ」主役の舞台を感じた。

ピンポイントで登場しては、一気に私を引きずり込み、

様々な感情を浴びせ掛けてくる。

疲れました。



そして、お待ちかね、出待ちタイムです。

きょうのさえちゃんは、前回の半分の時間で御登場。

終演後、約30分。

1時間は覚悟していたので、「えっもう?」と言う感じ。

今日はご登場の表情も可愛かった。

関係者しか入れない所に、出てこられるため、

さえちゃんは周りをキョロキョロしながら、

誰か待ってるのかな?の顔。

さえちゃんを確認したファンは、急いで中へ入る。

またしてもさえちゃんの全身をなめるように拝見。

あ~!今日はサングラスをしてる。うすーい茶色かな?

この前よりお化粧が薄い。

だからサングラスをしてるのかな?かなり素顔でした。

シースルーの黒のブラウスに、ひざ丈のスリムなジーンズ。

ヘアースタイルは・・・あれ?

こんな髪型初めて見たかも?

夜会巻きにしたあとに、それを戻したしたかんじ。

大きいカールを作り、スプレーで固めた後、風に吹かれたみたいな、

お姉さん系雑誌の表紙みたいでした。

今まで私が見た事のないさえちゃん。

靴は黒のペッタンコシューズ。(多分、皮でしょう)


手紙を受け取った後、例のエレベーター前で待機するさえちゃん。

そこで、私は見てしまった。

なかなか来ないエレべーターに、さえちゃんは上をしきりに見て、

その後、なんと、階数のランプを押してる。

通常、1番下のところを押しますよね。

でもさえちゃんは、多分行きたい階のランプボタンを押してるんです。

ゆっくり、ぎゅーと・・結構長い間。

いつもさえちゃんの傍にいる方が、少し笑いながら、

「こっちでしょ」と下を押した。

手で口を押さえて笑うさえちゃん。

やっと、エレベーターが来て、

箱に乗り込む寸前にこちらを向いて、にっこりと、バイバイしてくれた。


ごめんね!さえちゃん。バラしてしまって。

だって、だって普通しないでしょ、ボタン間違い。

もう、いくら私がいるからって、

ブログネタをわざと提供してしてくれたんだね。

ほんとうにありがとう!

絶対来ないボタンを真剣に押すさえちゃん。

もう、後から抱きしめたくなるじゃないですか。

どうしてそんなに可愛い事をするんでしょう。


今日で3回目。

次回はいよいよ千秋楽です。

どんなさえちゃんか、楽しみで楽しみで、転がりたい気分です。



2回目 何日君再来

何日君再来
05 /13 2007
母の日の今日、2回目の青空さんに逢って来ました。

舞台は辻ちゃんの代役として、よっすぃ~(あってる?)の初日でした。

頑張ってましたよ、彼女。

アドリブも出ました。

「前の娘が、突然結婚するって辞めたから・・・」とか、言ってました。

今日は特に男性のお客さんが多かったです。

それに、ジェンヌらしき人、2名発見、誰かは分らず・・・

ロビーで、en-Rayさんのサイン会が行なわれていました。

CDを買った人に丁寧にサインをして、握手もしてました。

可愛いお顔でした。


それより、ついに出待ちに成功しました。

車で帰る人と、電車組とは出てくる場所が違うようで、

私が待っていた場所は、電車組だったようで、

何名かの出演者が出てきて、

途中、筧さんが横切り、

なんか不安になりうろうろしていると、

お隣の方が声をかけてくれました。

「あの、誰を待っているんですか?」

(彩輝なおさんです)

「彩輝さんは、車ですか?」

(多分そうだと思うんですが・・わかりません)

「車の出演者は違う所から出ると思うんですが」

えー!なんですと?

開演前にあれだけ確認したのに・・

違う所ってどこなんだー。

午後の溢れる陽射しを受けて、

劇場の楽屋口と書いてある場所を離れ、再びうろつき始めると、

以前ファンミなどで知ったお顔が見えた。

ここだ、ここから彩輝さんが出てくるんだ。

幸いにもそこは日陰になっており、

蒸しダルマのようになった私も一安心。

終演後約1時間。

ついにその時が・・来ました。

彩輝さんは、光ってました。

まぶしくて、まぶしくて、拝みたいくらいでした。

黄色のタンクトップみたいな感じのシャツに(肩から胸にかけて

刺繍みたいなものが入ってました)

黒のパンツスタイル。

細い首筋と、華奢な肩と腕がよく見え、

髪型は上半分をふわっとまとめて、

下は自然に流すかんじ。(分りますか?上手く表現出来なくてすみません)

10数人から笑顔で手紙を受け取られ、

手を振って去って行かれました。

まだまださえちゃんを見て居たい私は、

さえちゃんの去って行く方に少し移動すると、

エレベーターを待つさえちゃんが、もう1度振り向き、

笑顔で手をふりふりしてくれました。

きゅーん!としました。

もう、なんて可愛いんでしょう!

なんて綺麗なんでしょう!

今日も精一杯「青空のぞみ」を演じた終演後のさえちゃん。

演ずるさえちゃんも大好きだけど、

ふんわりふわっとした、素のさえちゃんが1番好き!

舞台では見れない天使の笑顔。

これで、1年は持ちます。

何とかやっていけます。

でも、嬉しい事に、明後日も逢えます。

幸せです。

最高の母の日でした。

辻ちゃん

何日君再来
05 /08 2007
はい、おめでたですよ!

そう、妊娠はおめでたいのです。

悪い病気で降板でなくて良かった。

未来の希望が1つ生まれたのです。

さえちゃんと同じ舞台を踏む予定の、トンバオ(仲間)

共演者の方も、代役のヨッシーも、真相を知っていたのかもしれないし、

全然知らずにいたのかもしれないけど、

多分笑顔でいられるはず。

モームス時代に培ったど根性で、妊婦生活を乗り切って下さい。

嬉しいニュースを聞いて、るんるん気分で行く日生劇場。

今度、青空氏に逢えるのは、15日。

青空氏?大空氏?似ている?

ゆうひ君元気かな?

ダルレイク、行けないけど頑張ってね。


「何日君再来」、今どのへんかな?

青空氏が歌っている頃でしょうか?

のぞみちゃんのピンクの口紅が羨ましい。

今度生まれ変わったら、あの口紅になって、

さえちゃんの唇に塗ってもらうんだ。

ラストのショールでもいいな。

あー彩輝さん、今行きたいです。

でも、仕事がまだあるので・・・

おーい!ドラえもん、ポケットを貸してくださ~い。

日生劇場のロビー

何日君再来
05 /07 2007
昨日の公演以外のお話

開演前の喫煙所にて

清く正しく美しくのさえちゃんのファンとしては、お恥ずかしいのですが、

喫煙者でして、開場早々に喫煙所に向かいました。

さわやかな青年が1人と私だけ。

さっそく青年が話しかけてきた。

(わおー!うれしい!)

「あの、よく舞台を観に来るんですか?」

「えっ、あっ、はい」

(思いきり動揺する)

「僕はまだ初心者なんですが、舞台っていいですね」

(恥ずかしくて顔が見れない、見たいのに・・あさっての方を見ながら話す)

「そうですね、どなたかお目当ての方はいらっしゃるんですか?」

「はい、石川梨華ちゃん目当てです、前にリボンの騎士を見てから、

舞台は良いナーと思うようになったんです」

「私は今日が初見なんですが、もうご覧になったんですか?」

「はい、初日も来ました、石川梨華ちゃんは勿論ですが、

黒木メイサちゃんも、彩輝なおさんもいいですよ」

おお!爽やかな青年よ!

君の眼は、感想は正しいぞ。


そして休憩中のロビーにて

どこからか、「あやき?さいき?」と言う声に導かれ、

初老のご夫婦の会話を盗み聞く。

「この人、この着物着てる人よね、あの背の高い人」

「似てるからそうだろう」

「ねーやっぱり宝塚の人だったよ、なんか違うよね」

「ああ、やっぱりそうか」

「他の人より背が高くて綺麗だもの、声も聞きやすいし」

「この人名前なんて読むのかしら?」

「あやき?さいき?なんだろう」

(あ・や・き・さんですよ、心の中で叫ぶ)

「まあ!どっちでもいいわ」


ご婦人、初老などと言ってごめんなさい。

ご夫婦であろうお2人は、プログラムを見ながら、話していた。

宝塚の人はやっぱり違うと言う2人。

どこからいらしたのか?

仲良く電車に揺られて、少し寒い雨の降る中を・・


彩輝さんを見る為だけに通う私。

ある人は梨華ちゃんを見に、メイサちゃんを見に、筧さんを・・

様々な人が、集まる劇場。


千秋楽までに、たくさんの方と出会いたい。

何日君再来 初見

何日君再来
05 /06 2007
本日行って参りました。

この作品の感想

人それぞれ今抱えている悩みが、

とても小さなものに思えてしまうような、そんなお芝居でした。

すみません、この感想は、プログラムの引用です。

この作品が私に衝撃を与えるのは、自分の器の狭さゆえ、

普段考えもしないアジアの事。

気軽に使う言葉の「外国人」の意味。

さえちゃん目当てで行ったお芝居にまたしてもやられました。

もちろん、さえちゃんを凝視しました。

つま先から頭のてっぺんまで見まくりました。

でもその他の出演者の方も、まさに必死で、

どなたが、どうのこうのと言えないんです。


「まだ見に行ってないけど、どんななんだろう?」と

このブログを見ていらっしゃる方には申し訳ありませんが、

これだけは言えます。

この作品、いやらしい言い方ですが、チケット代は安いと思います。

お金にしか例えられない私は、あと数回観劇しなければいけないでしょう。

回数を重ねてみたら、またどんな感想になるのか、

自分でも楽しみです。

大阪でも公演があるこの作品。

関西でお待ちの方、ほんとに素晴らしいですヨ。


さえちゃん、また違った彩輝さんを見せてくれました。

ありがとう!

興奮冷め遣らず、彩輝さんの素肌がまぶたに甦ります。

今、劇場では・・・

何日君再来
05 /04 2007
今、初日公演真っ最中ですね。



想像すら出来ない今回の舞台。

白蛇伝から約半年、

1月のお誕生日にさえちゃんに逢えたけど、

そのあとファンミもあったけど、

やっぱり彩輝さんが1番輝くのは、舞台。

心より初日のお祝いを申し上げます。

明後日、お会いしましょう。

みー

宝塚歌劇団、元月組男役。
卒業生の瑞羽奏都さんの大ファンです。