FC2ブログ

さえちゃん

さえちゃん、ああ、さえちゃん、久しぶり。

テレビでさえちゃんを見る事が出来るなんて、事務所変えて良かったな~。
衝撃の・・・・・

『入浴シーン』

由美かおるさんの2代目になってください。
良い番組だった。
また、お願します。
オーシャンズ金子さんも。
スポンサーサイト



さえちゃん

さえちゃん(彩輝なおさん)が所属事務所を変えたらしい。

太田プロ

お笑いのタレントさんが多く所属してる事務所。
元タカラジェンヌは・・・・・いないみたい。

退団からもうすぐ10年のタイミングで、新たな活動がはじまるのかな?
今日ちょうど「タカラヅカ絢爛Ⅱ」東京千秋楽が放送されてたので拝見。

久しぶりのさえちゃんは、やっぱり特別カッコイイ。
男役のさえちゃんをもっとたくさん見たかった、お茶会も行きたかった。

時は戻らないから、今のご贔屓を心残りのないようにしなくちゃ。
さえちゃん、新たな道にエールを送ります。

明治座

必要に迫られて「フェイスブック」を始めました。
見よう見まねでやっているので、そちらに時間をとり、
ご無沙汰してました。

その間に、娘の婚礼衣装の打ち合わせをしたり、
さえちゃんの花魁を見に行ったり、
映画「風立ちぬ」を見たりして、
ちょっと仕事もしてました。


「明治座」に行ったのは16日。

前日に、さえちゃんの明治座はどんなかな?とちょっとのぞいたらもう大変。
翌日に最前列が空いているのを発見し、急遽参戦する事に。


花魁道中での登場にのけぞり、近すぎて顔がまともに見られず、
白魚のような足の指ばかり眺めてました。

花道に消えて行くさえちゃんに少しホッとするほど、動揺しました。

舞台を半分にしたセットでは、若旦那に恋焦がれるさえちゃんは目の前で、
再び呼吸困難になり、呆けた状態のまま話は進行し、
さえちゃんが舞台から消えると、やっと我に帰る始末。

だが油断は禁物。

まさかのベルバラ~~~!
そして「愛あればこそ」
そして、そして、あのまさかの・・・・

出た~、「今宵一夜」

初めて見るさえちゃんの「今宵一夜」

・・・あの、あのラブシーシーンですよ、奥さん!

完全に我を忘れたそのすきにも話は進み、
セリフを忘れたらしい人の代わりに、

「彩輝なおさん!代わりにお願します!!」なんて座長が芸名を叫ぶものだから、

・・・・・・・・・KO負け。

ショーも、羽根扇やら、るいちゃんとのデュエットダンス風?もあり、

「ありがとうございま~す」と叫び続けました。

座長、感謝申し上げます。

やっぱり明治座は良いわ~。
おばさまにはぴったり。

お礼を込めて、りんごジュース、Tシャツ、買いました。


来たよ~。

エリザベートガラコンサートのDVDが届きました!

一度に見るのはもったいなくて、ちょっとづつ見てます。

さえちゃんトートが・・・・・・・

感想はまた後ほど(o・・o)/~

美しい人

さえちゃん、昨日はお誕生日でしたね、おめでとうございます!


私はこっそり七草粥の他にミニハンバーグを食べてお祝いしました(まだ好物かしら?)

今年も、大活躍されることでしょう。

私は「これは見なきゃ!」という舞台に巡り会えれば、会いに行きます。

たくさんお会いしたいです。


昨年のエリザ・・・・・・今でも夢に出てきます。
あの作品以上の舞台に出会うことがあるでしょうか。

エリザベートガラコンサート

優しくなれる

強くなれる

ありがとう!のコンサートでした。


このコンサートが発表されてから当日まで、
さえちゃんへのファン熱を確認する時間でした。

正直なところ、「これだ!」という作品にめぐり会わず、
どんどんさえちゃんの舞台から離れてました。

それでもたまーには足を運んで、「ああ~」と残念な結果になることもありました。

ガラコンも東京での1度きりの観劇で充分かもしれないと・・・・。


しかし、2005年当時の私の半狂乱をまじかに見ていた娘が、
強引に大阪行きをすすめてくれました。
「交通費も、ホテル代も私が持つから行こうよ、もう2度と観れないよ」
貧乏性の私は、ふたつ返事で行く事にしました。


7年ぶりに観るトート閣下はあの時以上の感激を与えてくれました。
さえちゃん以外は全く目に入らず、
他の人のセリフに動かされる表情がたまらない。

全力を注ぎこんだ「最後のダンス」
さえちゃん吠えてましたね、唸ってましたね、最高でしたね。

メイクも冴えてましたね。
極上の美しさをさらに引き立たせる、キラキラ攻撃。
くちびるのキラキラは、ぶちゅーってしたくなりました。

動き方も、振り向き方も、
そして、そして、キスのしかたも、
本当に・・・・・ご馳走様でした。

あああああ~~~

やっぱりさえちゃんのトートは、大好きだ。
これ以上のさえちゃんは無いな~。

深ーい井戸から湧き出るような低音の歌声。
かすれて響く魅惑の声。

凛々しいお顔の昇天のラストシーン。
嗚咽がもれるほど、クラクラするほど泣いてしまいました。
葬儀での最後のお別れみたいな気分でした。

美しすぎるさえちゃんを観られた事。
まだ、夢のような気がしてます。

大阪でのあの夜の事、一生忘れない公演になると思います。

魂を全部持って行ったトート閣下。
返してもらう為に、来年もさえちゃんの舞台を観ようかな?
それとも、最高の舞台でさえちゃんを封印したほうがいいのか、
迷っています。


劇場でお会いできた方、本当にありがとうございました。
残念ながらお会いできなかった方、ごめんなさい。

またいつかどこかで・・・・・・

エリザベートガラコンサート・梅田

2012年12月1日は、記念日になりました。

公演を見終えてから2日たっても、文章に出来るほどの落ち着きが出てきません。
色々な事がありすぎて、いっぱいいっぱいで過ごしています。

少し思い出しても涙ぐむ始末なので、公演の感想はあと少し御時間を下さい。

たくさんのメール、ありがとうございます。

みー

エリザベート・ガラコンサート

東京でたった1度きりのさえちゃんトート復活。


この日を迎えるまでの7年、長かった~。
退団公演の千秋楽の緞帳が下りた瞬間、自分の命は半分失った気がした。
残り半分の魂で生きてた甲斐があったなー。

「本日は・・・・・・」

キャー!!開演アナウンスは、さえちゃんだー!
これだけで、本当にこれだけでも来た甲斐があったよ・・・(半泣き)

いよいよ始まる。

早く、早く、シシィ、木から落ちて(ゴメン)
さえトートが見たいから。

トート登場・・・・・・・


茫然・・・・・呼吸困難・・・・・クラクラ・・・・・。



「なんて美しい」会場から溜息が洩れる。


そして、歌声は現役時代を遥かに超える重低音で、十二分な歌唱力。

ツヤのあるパンチの利いた良いお声。


まだまだ感想は山のようにあるけれど、
わたるちゃんがカッコよすぎたとか、
嘉月さんがノリノリだったとか、
ガイチさんが素晴らしいとか、
みっぽーがこんなに歌がお上手だったんだとか・・・・・・・

たくさんたくさんあるけれど、とにかく、

彩輝なおさん、あなたのファンで本当に良かったです。
トートを演じてくれてありがとう。

「泣かない」と決めていたけど、最後の白の衣装での登場は我慢できませんでした。


黄泉の国に私も連れて行って下さい。
その時の心を言葉で表現できません。

再び、さえちゃんに完全に心を奪われました。



おまけ

その日は「宝塚100周年500日前」とのことで、
スペシャルアフタートークがありました。

わたるくん、さえちゃん、コムちゃん、となみちゃんの様々な話が聞けました。

さえちゃんは、自分の節目にこの作品に関わった事などを話し、
「愛と青春の宝塚」の話が出て、
トートの衣装のまま高音で「リュータンさん」と叫んでました。

もひとつおまけ

休憩時間終了まじかに通路をゆっくり歩く人が居て、
早く歩いてくれないかなと思ったら、
前の人はひろみ(彩那音)ちゃんでした。


大阪公演をご覧になる方へ

本当に素晴らしいですよ!さえちゃん美しいですよ!
さらにスレンダーになって、本当にこの世の者ではなくなりました。
期待以上、間違いなしです。

観劇出来て本当に良かった。
この7年で最高の舞台でした。

エリザベートガラコンサート

念願だったさえちゃんのトート役がもうすぐ見られます。
ばんざーい!!

このブログも、元々は彩輝さんが大好きな気持ちをどこかにぶつけたくて始めました。

さえちゃんトートを知ってから、恋をしたような甘~い日々を過ごし、
さえちゃんが居た名残を探すかのように宝塚に足を運び、
退団してからの舞台にも通い、
それはそれは楽しい観劇三昧でした。

まず、お顔が大好き!声が好き!

お話する時の言葉使いが好き!

清く正しい劇団出身者らしい、聴き心地のいい言葉を使われますね。
(時々??というのも可愛らしいし・・)

最近現役生徒のトーク番組などで、フレンドリーすぎる言葉使いが多く、
「さえちゃんを見習え~」と思う時があります。


もうすぐガラコンがあるので、「さえスイッチ」がオンになりました。

エリザベート東京千秋楽公演映像を見て、ウハウハしています。


さえちゃん以外の出演者も嬉しいです。

トート      彩輝なお
エリザベート    白羽ゆり
フランツ      初風緑
ルキーニ      湖月わたる
ルドルフ      朝海ひかる
ゾフィー       出雲綾
マックス      大峯麻友
少年ルドルフ    初嶺麿代
リヒテンシュタイン      絵莉千晶
ルドヴィカ     美鳳あや
ヴィンディッシュ     秋園美緒
スターレイ      南海まり
マダム・ヴォルフ      嘉月絵理
死刑囚の母     彩星りおん

元月組メンバーはやっぱり嬉しいな~!

嘉月さん、待ってました!


来週は仕事中もニヤニヤしちゃいそうです
大阪も行きますよ。
チケット手配をしてくださった心の友Yさん、本当にありがとうございます。

トークショー

昨日東京駅前の丸ビルに、さえちゃん、じゅりぴょん、ゆりちゃんのトークショーを見に行きました。

う~ん、さえちゃんの話を聞くのは何年ぶりかな・・・・・・。


トークショーの事を知ったのは、スカイステージのホームページで、
20日は絶対無理だけど、なんとか行きたいな~と、
眠りかけたさえちゃんラブ熱がふつふつとわき出し、
観覧席応募のボタンを押してしまった。

まあ、当たるはずないからな~とのんびりしてた。


ところが・・・・・・

週の初めにスカイステージからの郵便物が、、、キタ~~!

・・・・あ・た・っ・てる。

なんたる奇跡、なんたる幸運。


その日から、仕事をはどうするか、誰かに譲ろうか、もんもんとする。
でも、スカイステージ契約者であることを証明する身分証を見せて入場した経験があるので、
誰にでも譲れるもんじゃないし、
へたすれば「詐欺罪」??になる可能性も出てくるから、
簡単には譲れないしな~などと考えてた。

前日に思い切って仕事関係者に相談してみた。

「ああー、いいですよ、時間をずらして調整してくれれば」との事。

よし!行こう!


終わったら急いで帰ればなんとかなる。



といういきさつで、仕事を中断して駆けつけた。



天女のようにエスカレーターから降りてくるさえちゃん。

わああああー、ミニスカートだー。
中途半端に伸びたセミロングの髪を前髪だけ上げている。

前から3列目の席というとんでもない場所から見えるのは、
さえちゃんの脚。
椅子に座るとさらにスカートがずり上がり、ふともも(さえちゃんは細もも)が見える~(嬉しすぎ)
途中で脚を組替えたりする、ドキドキワクワクの瞬間(変態)

脚ばかり見てるのはさえちゃんに失礼なので、胸元にした。

ストンとしたワンピースなので、身体のラインが若干見にくい(ド変態)

そのうちに、綺麗な腕と、指先に注目する。

ブレスレット2連、マニュキュアはシルバーにキラキラした何かがいっぱい付いていた。
中々、顔が見れないけど、思い切って顔を見た。

ぎゃー・・・・・・。
目があった・・・即死。


こうゆう危険な事が起こるから、トークショーには行きたくないのです。

話の内容はほとんど覚えていない。
詳しくはスカイステージでの放送をご覧ください。

さえちゃんが試食していた、丸ビル地下1階、千疋屋のメロンとスイカのゼリーは綺麗だったなー。
おぼえてるのはそれくらい。


ひさびさのさえちゃんは、やっぱりとても綺麗で、
子犬のように可愛く笑って、
話の途中で真顔に戻ったりして、素敵だった。

また、いつかさえちゃんに会うだろうし、話を聞く機会もあるかもしれない。

でも、この瞬間のさえちゃんは2度と見れない。

無理をしても行って良かった。
プロフィール

みー

Author:みー
宝塚歌劇団、元月組男役。
卒業生の瑞羽奏都さんの大ファンです。





 

  

最近の記事+コメント
FC2カウンター

無料カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
リンク
ブログ内検索
RSSフィード